TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『蘭陵王』 #2・#3・#4 

『蘭陵王』 #2・#3・#4 

蘭陵王 DVD-BOX1

 製作年:2013年
 製作国:中国/台湾




高長恭 → 馮紹峰(ウィリアム・フォン)
楊雪舞 → 林依晨(アリエル・リン)

安徳王 → 胡宇威(ジョージ・フー)
高緯  → 翟天臨(ジャイ・ティエンリン)
楊士深 → 李東翰(リー・ドンハン)
斛律須達 → 王天野(ワン・ティェンイェ)
鄭兒  → 毛林林(ニキータ・マオ)
高湛  → 何中華(ホー・チョンホア)
小翠  → 朱海君(チュー・ハイチュン)

宇文邕 → 陳曉東(ダニエル・チャン)
阿史那 → 王笛(ワン・ディー)
宇文護 → 鄭曉寧(ジョン・シャオニン)
尉遲迥 → 趙毅(チャオ・イー)
宇文神挙 → 王峥(ワン・チェン)
楊堅  → 韓棟(ハン・ドン)

韓曉冬 → 魏千翔(ウェイ・チェンシャン)
楊林氏 → 呂中(ルー・チョン)

※備忘録なのでネタバレ気にしない内容になってます


蘭陵王#2
温泉で出会った楊雪舞と高長恭。高長恭の馬が怪我を負っており、その治療をするため雪舞は村の掟を破って見つからないように村へ連れて帰る。だが楊林氏に見つかってしまい村の掟について厳しく言われるが、村と孫娘のことを忘れること、馬が治ったら直ちに村を出ていくということで治療を受けることに。村の女性たちから馬鹿にされ、祖母からは辛くあたられてる雪舞を見て、村から出る途中で見かけた成人の儀で高長恭は思わず雪舞の前に姿を現してしまう。だが掟を破ったことで楊林氏から村を追い出されてしまう。その場を去った雪舞に対し、楊林氏は高長恭をなぜ遠ざけるのかを語り出す。占いの結果では、彼に心惹かれても彼の妻にはなれない、雪舞に災いをもたらす、そして1年後に彼は死んでしまう運命だと。一方、高長恭が戻ってないことを心配し、須達は命令に背き陣を離れてしまう。

--------------------------------------------------
高長恭のことを勝手に女性と勘違いしておいて「よく見たら強靭な体つきね!」だなんてなんて失礼な(笑)。最初、楊林氏が腰痛の話をして処置の仕方を言い始めたので、こっそり雪舞に馬の治療の仕方を教えてあげてるのかと思っちゃった。でもすぐ雪舞が謝ったから、単に楊林氏は家に馬がいることを知ってるわよってことを遠回しに言ってただけなのね。しかし村の3人組の女性はヒドイなー。楊林氏もその場にいるのになぜ何も言わないんだろう。ってか雪舞よりモテてるのがびっくり!!

楊林氏は馬の気持ちまでもがわかる。巫女は一体どこまでの能力を持っているんだろう。祖母は高長恭が人格者だということは十分にわかっていそう。成人の儀の後で雪舞に語った内容は本音かな?高長恭に対し惹かれ始めてるのを、諦めさすために多少偽りを交えて話したってことはないのかな。←疑いすぎ?楊林氏が見た2人の本当の未来には一体どんな困難が待ち受けているんだろう。

蘭陵王は雪舞のことを巫族の天女ってことを知ってしまったが、雪舞は高長恭が斉の武将だとは知っていてもまだ蘭陵王だとは知らない。どんな形で知ることになるのか今からドキドキ☆


蘭陵王#3
須達は重傷を負ったまま周軍に捕らわれてしまう。周は斉との戦いでいつも高長恭の計略に乗せられており、腹心である須達を捕まえて高長恭をおびき出し復讐しようとしていた。須達の父親である大将軍、斛律光(こくりつこう)は息子が敵に捕らわれたことを知り、肉親への情愛と主君への忠誠に挟まれて苦しむ。そこに高長恭たちがやってき、周の情報から須達が2日後に処刑されることを伝え、明日、捕らわれている丹州城に潜入し須達を救い出すと言う。だが斛律光は立場や状況的に大反対する。それでも大切な義兄弟のために高長恭は助けに行く決意は変わらなかった。一方、高長恭が忘れていった仮面を届けるために雪舞は村を出る。そのことを知った楊林氏は雪舞の運命は変えられないと悲しむ。南汾州城に着いた雪舞は歩いていると男に絡まれるが、韓暁冬(かんきょうとう)という男性に助けてもらい、お腹を空かせている雪舞にご馳走までしてくれた。だがこれは罠で娼館に売られてしまう。雪舞は偶然にも娘を買いに来た高長恭たちに買われてしまうが、あまりにも泥酔していたため逃げ出す。しかし逃げ出す途中に、店主と盗賊が高長恭を殺す計画を聞いてしまったため戻り助け出すはめに。だがこれは須達を助けるために仕組まれたことだった。

--------------------------------------------------
敵に捕まってまで強気で我を忘れない須達はすごいと同時に忠誠心が半端ない。父親である大将軍も、国のお役に立てるのなら息子の死は価値ある死、助けに行かず我が国の行く末の方を重んじる姿勢は泣けてくる。大将軍がその時言った言葉で気になることが……。高長恭が助けに行くと言ったことに対し、「殿下が失策を犯せば皇太子派の思うつぼ」と。まだ登場してないけど斉の中でも派閥争いのようなものがありそう。

逆に尉遲迥の非情ぶりも際立ってる。さらに周の麗正殿(れいせいでん)にて阿史那(あしな)皇后が登場!悪者雰囲気がプンプンでてる(笑)。戦ではいつも斉に敗北していることから今回の計画の成功を待ち望んでいる様子。このドラマで一体どのような役割があるのかまだわからないけど、とりあえず大きな野望を持ってそう。陛下は突厥にいる阿史那皇后の父上を訪問中らしい。←のちのち陛下も絡んできそうなのでとりあえず書き留めておこう。高長恭と雪舞が主役だからしょうがないけど、斉=善、周=悪という風に感じてしまうが、実際は斉にも悪な部分はたくさんあるんだろう。

一方、雪舞側にも新しい人物が登場!助けたと見せかけて雪舞を娼館に売ってしまった韓暁冬。でも薬をもらって雪舞のことをなんとなく気にかけてくれそうな雰囲気があったので、こちらも今後要チェック人物。しかし仮面を返したらすぐ帰るはずだったのに、なぜこんなことになっちゃんたんだろうね?蘭陵王と会えるという取引は明らかに雪舞の方が損をしている(笑)。

今回は、普段の高長恭とは全く正反対の酔っぱらい姿が可笑しくて、意外と芸達者な一面を持つキャラなんだなと。のちのち、また違った一面を見せてくれるのかな。是非とも見たい♪それと日本の時代劇のように「これが目に入らぬか!」的な武官の証しを出すシーンもひそかにまた見たい(笑)。


蘭陵王#4
婚礼の列を装い周に潜入し須達を助ける計画で、周軍の目をごまかすために高長恭と新婚夫婦を装うことを引き受けた雪舞。周へ行く道中、太師の段韶(だんしょう)が武器を持参し合流、周の丹州城への入り口で尉遲迥に引き止められ、高長恭の父君が大病を患い縁起直しに婚礼を挙げに行くと伝えるが、疑っており様々な質問をぶつけてくる。輿から武器が落ちるも雪舞が機転を利かしその場はなんとか切り抜けた。そして須達にすすめられた女媧廟(じょかびょう)で生涯の愛を誓うが、ここは参拝した夫婦は終生添い遂げると言われており、もし女媧をだませば災いが降りかかる、または身内の命を奪われることもあると言われている。そこで子宝を願うためざくろを送られるが、雪舞の一言で斉から来たことがバレてしまう。そしてこの先は危険なので雪舞はこの場から離れるように言い、高長恭は路銀として玉佩(ぎょくはい)を渡す。丹州城まで来た雪舞は玉佩に"高長恭"と書かれているのに気づき、高殿が"蘭陵王"だと知る。そしてそばにいた男性から斉からの間者(須達)の処刑にあたり、助けに来た蘭陵王を捕まえるため、丹州城の門が一度閉めると丸3日は開かないと聞き、このことを高長恭たちに伝えるため戻ることに。須達は処刑される前に高長恭たちに助け出されるが敵は追ってくる。その時、雪舞の実験が成功する。

--------------------------------------------------
安徳王から「このまま娶ったら?」と言われて「彼女は非凡な女性。真の身分が知れたら大騒ぎになる」と高長恭は答えてる。どうして安徳王は「なになに?真の身分って?なになに?」って聞かないのー?"天女を得た者が天下を得る"と言われてるのにがめつく自分のモノにしようとしないところが高長恭!でもいずれ高長恭のモノになるんだろうけど(^m^)

雪舞の実験について高長恭は大師がしたことだと思っているようで、どういう仕掛けか聞かれた時に大師は「その話はあとで。ここを抜け出すのが先決です」と。雪舞のことを言わなかったのは、まずは高長恭を安全な場所へ向かわせることを優先したのね。もし雪舞のことを言ったらここにいることを知り、高長恭の性格上、捜しに行きかねないと思ったからなんだろうなぁ。←と思ってましたが第五話を見たらこの解釈は間違ってました^^;

しかし闇で娼館を営んでいた女主人、罰を言い渡されたのに2人の結婚準備にめちゃ張り切ってるような気がちらほら。もしかして罰が思ってたより軽くて喜んでる?それとも武官たち直の命令で背くと殺されるからあんなに張り切ってるとか?

私は中国語を聞き取れないので字幕が頼りなんですが、陛下が失踪した時の字幕が、

・宇文神挙から皇后には「陛下が国境で消息を絶ち失踪しており、万が一、斉に捕まれば大変なことに」。
・宇文神挙から尉遲迥には「陛下が行方不明になり、斉の領内で失踪した可能性が」。
・それを盗み聞きしていた者から須達には「周の皇帝が国境で失踪し、今は斉にいるようだ」。

となっており、伝達していくたびに斉にいる可能性が大きなってる^^;あくまでも字幕なので実際はみな同じ言い方をしており、翻訳の方が言い回しを変えていったのかもしれませんが、伝言って難しいなとどうでもいいことを思っちゃいました。

-2 Comments

孔雀の森 says..."目が離せませんね~"
こちらにもこんにちは♪
毎日楽しみにしている作品です。
登場人物、役者、あらすじを細かく書いてくださるのでありがたい!!
ウィリアム・フォンだけでなく、気になる人たちがいっぱい!
ダニエル・チャンは久しぶりに見ました。
ラブ・ストーリーは、男女が互いに想いながらも、
気持ちを伝えていない時の方が、ワクワク感があっていいわ~
相思相愛だとわかってからは、三角関係やら何やらかんやら、
ごちゃごちゃの人間関係に嫌気がさすこともあって…
長丁場ですね。頑張って観ようと思います♪
2014.07.08 10:05 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says..."男優さんはイケメンばかり♪"
こんばんは、孔雀の森さん♪
私も楽しみにしており、毎日リアルタイムで見ております☆
(「花子とアン」も毎日見てるので朝は家事+テレビ視聴で急がしい(笑))

中国ドラマを視聴するのはこれで2回目です^^
1回目は「北京バイオリン」なので、 中国の歴史モノは初めて。
蘭陵王が実在した人物となると歴史の背景をちゃんと押さえておかないと
のちのち頭がこんがりそうなので、テレビ見ながら必死であらすじ書き留めましたわ~(笑)。

実は私、配役はアリエル・リン以外よく知らないんですよね^^;
名前だけは聞いたことある、とか、どこかで見た顔だな、とか
曖昧な記憶はあるんですど^^;はは

故宮展行かれたんですね!すんごい並ばれたのでは?
実際見ると、あまりにも小さすぎて驚かれませんでしたか?
私は思ったより小さくてびっくりした記憶があります。

ところで『織姫の祈り』をアップされてましたね^^
再来週からLaLaTVで始まるのでとりあえず録画しようかなと
思ってマス(丑三つ時の放送なのでリアルタイム視聴は厳し~(><))

引っ越して今の家ではBS、CS、CATVが見れるようになったので、
今後はアジアドラマや見損ねた映画をバンバン見るぞー!
2014.07.08 22:10 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/979-2a667a9f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。