TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「任侠ヘルパー」

『任侠ヘルパー』

任侠ヘルパー

製作年:2012年
製作国:日本
監督:西谷弘
出演者:草彅剛、安田成美、夏帆、風間俊介、リリィ、品川徹、草村礼子、黒木メイサ(友情出演)、堺正章(特別出演)、杉本哲太、宇崎竜童、香川照之

<簡単なあらすじ>
指定暴力団「集会」を脱退し堅気となった翼彦一(草彅剛)は、コンビニ店員として暮らしていた。ある日、コンビニ強盗に入った老人(堺正章)に金を渡し逃がしたことから刑務所に送られてしまう。獄中でその老人・蔦井と再会し、コンビニ強盗の時の礼にと、困ったことがあれば自分がかつていた「極鵬会」を訪ねればいいと言われる。出所した彦一は、子分にして欲しいと外で待っていたコンビニで一緒に働いていた成次(風間俊介)を伴い、蔦井のつてを頼りに大海市の極鵬会を訪れる。そこは市議会議員の八代(香川照之)が「観光福祉都市宣言プロジェクト」を提唱し、介護施設の誘致に積極的に乗り出そうとしている街だった。彦一は極鵬会組長・朝比奈(宇崎竜童)からシノギをもらうが、それは老人相手の闇金と、その闇金で破産した老人たちを「うみねこの家」という最悪の環境化にある老人介護施設に入れ、生活保護や年金をせしめることだった。淡々とシノギをこなしていた彦一だったが、老人を食い物にすることに次第に苛立ちが募るように。さらに蔦井の娘・葉子(安田成美)の母親が設備完璧の施設に入ったら病状が悪化したことをきっかけに、彦一は「うみねこの家」を建て直すことを決意する。だが貧困ビジネスを目の敵にする八代に妨害されたり、余計なことをするなと極鵬会が立ちはだかる。そして、それぞれの思惑を抱えながら「観光福祉都市宣言プロジェクト」の入札の日を迎えることに。彦一は自分の任侠道を貫き、老人たちの生活を守ることができるのか?

<感想>
予告編を見て面白そうだなと思い公開直後すぐ観に行ってきました!ドラマは全く見ていなかったのでちと不安はあったのですが、十分楽しめました^^流れ的にはテレビドラマ、スペシャルに続くその後の翼彦一って感じなのかな?

任侠道――弱きを助け強きを挫く。命を捨ててでも義理人情を貫く。俺はそんな、ホンモンの極道になりたかった――。世話になった組を離れて、一度はカタギになろうと決心はしてみたが……どこに行っても背中の彫りモンが邪魔をしやがる。生まれついてのチンピラが……世間様に交じって生きていこうなんて考えたことが、そもそもの間違いだったらしい。上等だよ……だったら意地でも日陰を歩いてってやるよ。……ホンモンに、なってやるよ。

↑パンフに書かれていた文句ですが、なるほど、これが根底にあるんですね!あと、派手なアクションや決めゼリフで主人公の強さを誇示するのではなく、地味で何気ない所作やセリフで人の真の強さを表現する真摯な演出が人物造形に奥行きを与え、独特のヒーロー像を築き上げてると書かれてました。確かに銃撃戦とかナイフ等の武器を使ったハデなアクションはなく、どことなく陰がある、なんて言えばいいんだろう、寡黙…いや違うな、どう表現したらいいのか難しい…。どこか不器用なところがありつつ、身体を張って生きてる。口は悪いが垣間見る何気ない優しさを持つ男気ある男性って感じでしょーか。

草彅くんは全然ファンでなかったのですが、今作品を観て好きになりました^^バラエティや優しい男性役のイメージが強かったのですが、びっくりするほど"翼彦一"が似合ってた!かっこいいってもんじゃない。それ以上。冒頭から草彅くんに魅了されてしまいました!表情や目の演技がすごい。こんなに極道役が合ってるとは思いもしなかった。黒いスーツとサングラス姿でプロジェクト入札会場に乗り込むシーンなんてかっこよすぎて椅子からずり落ちそうになるぐらい。←なんじゃそれ(笑) とにかくシビれた。安田成美さん、夏帆さん、風間俊介さん、香川照之さん、極鵬会の面々も良かった。ただ堺正章さんだけはバラエティ番組の印象が強すぎてマチャアキにしか見えなかった^^;

任侠ヘルパー2

高齢化社会がテーマになっており、認知症、自宅での介護の大変さ、ヘルパー依頼、老人虐待、そして施設不足、施設内での扱いなど、今後ますます増加し、深刻化するであろう問題を盛り込んでます。それを利用した貧困ビジネス。さらに寂れた町の立て直し。うみねこの家の例は多少誇張してるかもしれませんが、安田成美さん演じる葉子の家庭、施設内でのことは他人事じゃない。誰もが歳を取りこのような状況になりうる。葉子の立場、いずれ葉子の母親の立場として。こんな難しい問題と極道とを結び付けるなんてよく考えたもんです。どうしてドラマしてる時に見ようと思わなかったんだろう。ってか今映画を知ってからドラマがあったことを知ったんだけど^^;

難しい問題はよくわかりませんが、最初から最後までスクリーンに見入ってしまいました。任侠ものではあるけれども、ばたばた人が殺される殺戮なシーンがあるわけではなく、こんな状況下だと絶対絶対助からないだろうってシーンで都合よく2人が駆けつけるなど、どこか観客に対して優しくまとめたような感じ。おばあさん1人が歩いているだけのエンドロールがまた印象的。今後の日本を象徴するかのような映像で、ここに日本の未来が集約されてるような気がする。

これって続編というか、同シリーズが続きそうな予感。刑務所に入ってまたどこかで働いてるって感じで。ホンモンになるまで続きそう。そうなったら絶対観ます!ドラマ版もDVD借りてこようかな~。どんな過程があって今の彦一になったのかが知りたくなりました。なにはともあれ、ストーリー展開云々より、草彅くんの翼彦一に釘付けになった作品でした。面白かったです^^

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/963-1232c788
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。