TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「悪の教典」 

『悪の教典』

悪の教典

製作年:2012年
製作国:日本
監督:三池崇史
原作:貴志祐介
出演者:伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、林遣都、浅香航大、水野絵梨奈、KENTA、山田孝之、平岳大、吹越満

<簡単なあらすじ>
蓮実聖司(伊藤英明)は、生徒から"ハスミン"という愛称で呼ばれ、絶大な人気を誇る高校教師。学校やPTAの評価も高く、いわば「教師の鑑」とも呼べる存在だったが、それはすべて仮面に過ぎなかった。彼は他人への共感能力をまったく持ち合わせていない、生まれながらのサイコパス(反社会性人格障害)だったのだ。蓮実は自らの目的のためには、それが最善の策であれば、たとえ殺人でも厭わない。学校が抱える様々なトラブルや、自分の目的の妨げになる障害を取り除くために、いとも簡単に人を殺していく。やがていつしか周囲の人間を自由に操り、学校中を支配しつつあった。だが、すべてが順調に進んでいた矢先、小さなほころびから自らの失敗が露呈してしまう。それを隠蔽するために考えた蓮実の解決策。それは、クラスの生徒全員を惨殺することだった…。
(公式HPより引用)

<感想>
昨年夏に原作上巻、今年入って下巻を読み、映画化されるということで楽しみにしてました!本の感想はこちら()。原作だけでもかなりバイオレンスな内容で、主人公ハスミンを伊藤英明さんがどう演じるんだろうかとこちらも楽しみに。あの原作を映像にするとこんなことになるのかと、最後までスクリーンに見入ってしまいました。

いやいや、伊藤英明さんのハスミンは想像以上にイケてた。頻繁に見せてくれるあの肉体美もかなりイケてた。そして"クラス全員皆殺し"というキャッチフレーズ通りの殺戮シーン!某アイドルが「私はこの映画が嫌いです。」と途中退場したのもわかるような気がする。バイオレンスが嫌いな方や大量殺人シーンが苦手な方は観ない方がいいかも。バイオレンスとして観るならいいけど、内容や背景を重視するなら原作を読んでから観た方がいいかも。さらに、何を伝えたいのか…なんてのも深く考えずに観た方がいいかも。

上下巻からなる原作を2時間ちょいでまとめるのって難しい(>_<。)ハスミンがどんな人物でどんなことを考えているのか映画では心理描写が少なく、ただ生徒を殺すだけの残虐映画になってるような気がする。なぜクラス全員殺さなければならないのかも原作読んでいないとわかりづらい。ハスミンの過去は、釣井先生が生徒に対し簡単に説明してくれてるけど、ちと簡単すぎのような。過去に殺すことに躊躇したことがあるとか、アメリカ時代の詳細もよくわからない。←アメリカ時代はところどころ挿入されてるけど、原作読んでない方はあれだけでわかるのかなー?釣井先生の人物像や家庭も把握しにくいような気がする。

"毒をもって毒を制す"的な感じに見えますがそうでなかったり。自分にとって都合の悪い人物は何の躊躇もなく消していく、しかも善悪の概念は全くなく、ハスミンは人の命を奪うことが悪いことだとは全く思っていない。サイコパスぶりは冒頭から発揮。原作の感想でも書きましたが、私がこの学校の生徒だったらハスミンの正体は絶対に気付かないだろうな。ハスミンの英語の授業は楽しそうだし爽やかで生徒のことをちゃんと考えてくれてる。なんて思っててると真っ先に殺されそう(><。)。

登場人物さんたちを見て思ったこと。二階堂ふみさんと染谷将太さん、そして吹越満さん、『ヒミズ』を思い出しちゃった。さらに山田孝之さん、平岳大さんは最近観た『のぼうの城』に出てたのであっ!って。一番印象的な脇役さんは、『踊る大捜査線』に出てた王さん(滝藤賢一さん)が生徒の父親役に!王さんの印象が強かったので、めっちゃ流暢な日本語喋ってる!って感動した(笑)。あとパンフ見て知ったのですが、生徒役にはダルビッシュ選手の弟さんや、元プロ野球選手の工藤さんの息子さんや、トシちゃんの娘さんが出てるようです。ダルビッシュ選手の弟さんであるKENTAさんは単独登場シーンが多かったのでわかりましたが、あとの2人はどのシーンに登場してたのかわからなかった~。残念!

総合的に割愛されてるシーンが多いなと思ったのですが、どうやら『悪の教典-序章-』というDVDがあるみたい。なので早速借りてきちゃいました~。この後鑑賞する予定です♪ハスミンの詳細やアメリカ時代、釣井先生の詳細、映画では省略された先生や生徒との関係なども描かれてるのかな?楽しみ^^
それはそうと、ラストは原作と同じ終わり方だったけど"To be continued"と字幕が!原作者の貴志祐介さん、もしかしてもう続編を執筆中?!それともただ単に、作品自体は終わったけどハスミンのゲームはまだまだ続くよっていう意味なのかなぁ?続編があればぜひ観たいです!

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/961-2aaf9486
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。