TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヒア・カムズ・ザ・サン」 有川浩

『ヒア・カムズ・ザ・サン』

ヒア・カムズ・ザ・サン

 著者:有川浩
 出版社:新潮社





<簡単なあらすじ>
真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。
彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。
強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。
ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。
カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。
父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。
しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた…。

上記のわずか7行のあらすじから誕生した二つの小説。大切な人への想いが、時間と距離を超え、人と人とを繋げていく。有川浩meets演劇集団キャラメルボックス。小説×演劇の全く新しいクロスオーバーから生まれた物語の光。
(本書帯より引用)

<感想>
『ヒア・カムズ・ザ・サン』と『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』の2編が収録されおり、前者はある役者の「この7行のあらすじから、有川浩と成井豊が生み出すそれぞれの物語を読んでみたい」という呟きがきっかけで生まれたそう。後者は上演された舞台に着想を得て執筆されたものだそう。2つは登場人物名や大枠は共有しているけど、話そのものは全く別物となってます。

出版社の編集部に勤務する古川真也は、幼いころから何かに触れるとそこに残された人間の思いや記憶が見えたり聞こえるという不思議な能力を持つ男性。その残された思いが強ければ強いほどはっきりと感じ取ってしまうため、真也は切れるような痛みが走ったり眩暈に襲われることも。その能力を生かしつつ編集部で働く真也は、同僚のカオルの父親をカオルと空港に迎えに行くが…。といった内容。

『ヒア・カムズ・ザ・サン』も『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』も登場人物や働いている場所などの背景は同じなのですが、話は全く別物。『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』を読み始めて、あれ?2人はそういうことに?ん?時期的に『ヒア・カムズ・ザ・サン』の中では既にそーなってたの?!なんて疑問に思っていたら、空港に迎えに行く時に、あっ、これは登場人物そのままで内容が全く違うパターンなんだと。読み終えてから、巻頭の説明にちゃんとパラレルワールドって書いてあるのに気付いた。タイトルにもParallelって入ってるっちゅーねん(笑)。『ヒア・カムズ・ザ・サン』を読んだ後にすぐ『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』を読んだので(1冊の本だから当たり前か^^;)、最初は設定にかなり困惑したかも。

前者はちょっとミステリーのような感じ?後者は夢見る夢子ちゃんの男版。たった7行のあらすじからこんなストーリーを考えるなんてすごい。父親はカオルを愛しており、カオルは長年会っていなかった父親に対し複雑な思いを持っている。そんなカオルの家族のために「余分な」気づき――能力を使おうとしてるのは一緒。
今回はどちらかというと胸が痛い系かも。『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』は途中から、これはもしかして目頭が熱くなる展開か?!と覚悟を決めて読んだのですが…やはり目頭が熱くなってしまった…。といいつつ個人的に好きなのは『ヒア・カムズ・ザ・サン』だったりするんだけど^^;←読後感的に。

幼いころの真也とおばあちゃんのやり取りや、カオルが子供の時、父親が見てる前でだけ思いっきりブランコを漕ぐことができるというやり取りはほっこり系で目頭が熱くなるパターンだけど、『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』の中で、上司の岩沼が言ったセリフ「親父に腹を立てるのは、自分の理想の親父であってくれないから。尊敬できる真っ当でカッコいい親父でいてくれないから。親は立派な人であるべきというのは子供の幻想だ」というセリフは重たくてぐっとくる。カオルのどうして自分だけが大人にならなきゃならないのかという呟きも。こういうどこか身近な感情に胸がつまる…。そして父親の言動が読んでいて辛くなる。

『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』は、後者は上演された舞台に着想を得て執筆されたものということなので、もともと違う方が書いた脚本があるってことだよね?それが成井豊さん?劇だけでなく映画にも出来そうな雰囲気がありました^^

このように登場人物名や大枠は共有しているけど、話そのものは全く別物の2作品を収録するのは面白いと思いますが、『ヒア・カムズ・ザ・サン』の内容が頭の中にあったので、『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』の内容に慣れるまでちと困惑しました~。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/960-467f8013
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。