TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のぼうの城」

『のぼうの城』

のぼうの城

製作年:2011年
製作国:日本
監督:犬童一心、樋口真嗣
出演者:野村萬斎、榮倉奈々、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、平 岳大、前田吟、中尾明慶、尾野真千子、芦田愛菜、ピエール瀧、中原丈雄、西村雅彦、中原丈雄、鈴木保奈美、平泉成、夏八木勲、市村正親、佐藤浩市

<簡単なあらすじ>
天下統一目前の関白、豊臣秀吉は唯一残された敵、北条勢を攻めようとしていた。周囲を湖で囲まれた「浮き城」の異名をもつ「忍城(おしじょう)」もその一つ。その忍城では、その不思議な人柄から農民たちから”のぼう様(でくのぼうの意)”と呼ばれる、成田長親が城を治めることに。迫りくる関白軍に緊迫する仲間たちを前に、長親は「北条家にも、関白にもつかず、皆で今までと同じように暮らせないかなあ~」と呑気なことを言って皆を唖然とさせる。関白軍を指揮する石田三成は忍城に降伏を迫る。しかし多勢に無勢、と三成側のなめきった態度に、長親は思いもよらない言葉を発する。「戦いまする」。そして誰の目にも絶対不利な、たった500騎の軍勢対2万の大軍の戦いの火ぶたが切って落とされた…!
(パンフレットより引用)

<感想>
今年3月に原作を読み、面白かったので映画も観ようと思ってました。本の感想はこちら。成田長親=野村萬斎さんも全然イメージできなかったのでこちらも楽しみにしてました^^まず最初に思ったのは、時々、会話の声が聞きづらかったです。言葉が不明瞭とかではなく、音が小さいというかなんというか…。私が観た映画館だけなのかなぁ?それともそういう仕様?

1582年、毛利輝元との戦に臨んでいた秀吉が、備中に侵攻し水攻めで高松城を陥落させた。それから8年後、関白となった秀吉は標的となる忍城を、寵愛している家臣の石田三成を総大将に任命し任せる。身内から「三献茶の男」と揶揄される三成を、現場で武勲を上げさせるためでもあった。
その標的となった忍城。城主・成田氏長の従弟である成田長親は、武に関しては全くダメで、農民たちの手伝いをしたがる(でも農の方も全くダメ)どこか憎めない呑気なお人。領民たちからは、でくのぼうから<のぼう様>と呼ばれてる。といってもどちらかと言えば親しみが込められている感じ。

そんなのぼう様、城主・氏長から関白軍が攻め入ってきたら開城せよと言われていたのに、思わず言っちゃった「戦いまする」。忍城にはたった500騎、関白軍は20000人という大軍。無謀ともいえる戦いだが、のぼう様の意志の固さに武将だちは闘う決意をし、作戦を練ることに。どう考えても負け戦と思ってしまうのですが、武将たちの力や男気、のぼう様が決めたことと知り一致団結する農民、忍城の立地を利用したあの手この手。こりゃもしかして!?と思ったのもつかの間、この立地が三成率いる関白軍にも有利に。それが”水攻め”。今度こそ忍城が落ちてしまう!!と思っていたら……。

のぼう様は実は賢い?!どこまでが計算なんだろう?それともその場その場で思いつくまま決めたことが、普段の人柄が手伝ってこんな結果が生まれたんだろうか。偶然だとしたら神様は思いっきりのぼう様の味方だわ^^;原作では人柄であのような結果になり、映画では野村萬斎さんが演じることにって、全て計算の上であのような結果になったという風に私は感じました。実際のところはどうなんだろう。

さて、のぼう様、原作では大柄でぬぼ~とし、動作も鈍くさい感じだったため、野村萬斎さんが演じると知った時はどうもイメージが湧かず、観終えた後もやはり原作とは違うのぼう様という印象。悪い意味ではなく、野村萬斎さん流ののぼう様といった感じ?お仕事柄か動きがいいので、ぬぼ~とした鈍くさい感じがなく、素っ頓狂な受け答えもどこかきびきびしてる(笑)。田楽なんて素晴らしすぎ。ご本人もおっしゃってるように、狂言師なので喜劇性をもうまく含ませてる。子供っぽいところもあり、それが微笑ましかったり、周囲からすればのぼう様だから助けてあげなきゃ!と思わせたり。

CGが少し残念なシーンもあったりしたのですが、全体的に凄いスケールだし登場人物も豪華!映画なので仕方がないですが、もう少し小説のように周りを固める登場人物像を詳しく描いてくれたたら人間関係がわかりやすかったかも。映画を先に観て原作をあとで読むと、また違った感想になるんだろうな。。
ところで劇中、温泉に入ってるシーンで市村正親さんと山田孝之さんのお尻が映し出されてのですが、お2人ともキレイな美尻でした☆

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/959-5267fee6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。