TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」

『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』

踊る大捜査線 THE FINAL

製作年:2012年
製作国:日本
監督:本広克行
出演者:織田裕二、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、伊藤淳史、内田有紀、小泉孝太郎、北村総一朗、小野武彦、斉藤暁、佐戸井けん太、小林すすむ、甲本雅裕、遠山俊也、川野直輝、滝藤賢一、津嘉山正種、大和田伸也、大杉漣、香取慎吾、水野美紀、真矢みき、筧利夫、小栗旬、柳葉敏郎

<簡単なあらすじ>
湾岸署管内で国際環境エネルギーサミットが開催。署員は警備で慌ただしい中、会場内で誘拐事件が発生し、数時間後に被害者が射殺体で発見される。使用されたのが警察が押収した拳銃だったため、捜査会議で全ての捜査情報を鳥飼管理官へ文書で提出することに。所轄の捜査員には一切の情報が開示されさない中、第2の殺人が発生する。その捜査過程で青島に嫌疑がかけられ、辞職勧告が下される。さらに室井までもが巻き込まれようとしていた。6年前の誘拐殺人事件が関係していることで上層部は警察の不祥事を隠蔽しようとしていたのだ。そして第3の事件が発生。真下の息子が誘拐される。青島は上層部の動きに不審を抱きながらも、室井の指示により人質救出に向う。

<感想>
テレビ放送から15年が経つんだ~としみじみ。主要メンバーがここまで変わらず(何人かは途中からだけど)ずっとやってきたのって凄い!ドラマも映画もほぼ見てきたので、このFINALはめちゃ楽しみにしてました。番宣もバンバンしてたしね。ってか予告編や番宣で騙された部分があったり^^;

今回の犯人って映画公開前に既にテレビでネタバレしてましたよね?今シリーズで犯人役を演じた人たちが紹介されており、今回はこの方が犯人なんだって既に知ってた人も多いはず。だってポスターや出演者の名前にも今回初めて登場する人が1人いるし。なので犯人を演じた人を書いてもネタバレじゃないよね?ね??でも知らない方もいると思うので、誰が犯人なのかは触れずにおきます。

さて、冒頭から騙されつつもこの明るい雰囲気は結構好き♪そして何と言ってもオープニングが良い!!15年の歳月を感じ、今までのテレビ放送を思い出しつつ懐かしさが込み上げてきました。みなさん雰囲気はそのままだけど、いい感じに歳を取られたなとしみじみ。そしてそして!あのお馴染みの曲はもう最高!

今回の内容は、6年前の誘拐殺人事件が鍵に。その時に押収した拳銃が使われたことから、警察内部に事件に関わった人物がいると。上層部はそれを隠蔽しようと偽の犯人を仕立てるも管轄から疑惑の声。そこで青島と室井に誤認逮捕をしたと責任を取らせることに。といった上層部の権力行使が、そりゃもう信じられないほど悪として描かれてます。

「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ!」は有名なセリフですが、今回も名セリフがありました。青島が嫌疑をかけられ辞職勧告が下された時、鳥飼が「組織で生きる人間は書類の中で生きてる」と言ったのに対し、誰が言ったのか忘れましたが「組織の中に生きる人間は信念が必要」と。多分そんな感じの事を言っていたと思うのですが、これは警察だけでなく、一般の会社組織の中でも言えそう。

最初からすみれさんの去就が気になってましたが、まさか、まさかまさかあんな場面であんな登場をするとは!!あり得ーん(笑)。映画やドラマだから多少大げさだったりあり得ない設定でも、これは…どうよ?みな無事だったのはもう奇跡としかいいようがない。その後のすみれさんの処分がどうなったのかが知りたい。あり得ないといえば、犯人の気持ちになって犯人の足取りを辿るのはいいとして、あんな広い敷地内から犯人が潜伏している倉庫を見つけ出すのもあり得ん…。しかも今回は自転車と自分の足を使っての地味な捜査。FINALなのに~(*ノД`)

逮捕の直前まで犯人の顔は映さず(多分そうだったと思う)、ずっと後ろ姿とか顔の一部しか映さなかったのは、観客に「実は犯人役はこの方でした!」とびっくりさせる作戦?それなら公開前にネタバレせず、出演者リストやポスターからもその方の名前や顔を出さなかったら良かったのにと思ったのは私だけ?でも私の前の席のカップルは「犯人って○○やったんや!」って驚いていたので、犯人役が誰だか知らないで鑑賞する人も多そうです。あ~、私も知らずに見たら少しは驚いたかもしれないな。でもね、あくまでも個人的な感想ですが、この犯人、踊るシリーズとは毛色が異なりすぎて違和感があり浮いていたような…。ファンの方すみません!

FINALだから期待して行ったのですが、あり得ないシーンにはちとびっくり。でもコメディタッチのシーンは相変わらず面白かったデス^^がんばれがんばれ署長!とか(笑)。あとエンディングもオープニング同様良かった!懐かしいシーンが流れ見入ってしまいました。15年間続いたという歴史が大きい。なんか寂しいなぁ。水野美紀さん、真矢みきさん、筧利夫さんも少しだけど登場し、オールキャストで終わった今シリーズ。本当に最後なのかな?誰かのスピンオフがあったりして。王さんとか。←ないって(笑)?

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/955-82352d96
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。