TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ツナグ」

『ツナグ』

ツナグ

製作年:2012年
製作国:日本
監督:平川雄一朗
原作:辻村深月
出演者:松坂桃李、樹木希林、佐藤隆太、桐谷美玲、橋本愛、大野いと、遠藤憲一、別所哲也、本上まなみ、浅田美代子、八千草薫、仲代達矢

<簡単なあらすじ>
たった一人と一度だけ、死者との再会を叶えてくれる案内人<使者(ツナグ)>。半信半疑で依頼してくる人たちの前に現れたツナグは、ごく普通の高校生、歩美。彼の祖母であるアイ子が<ツナグ>で、彼はいずれ引き継ぐための見習い段階だった。最初の依頼は土地の権利書のありかが知りたいの癌で亡くなった母に会いたいという男性、畠田。2人目の依頼は、喧嘩別れしたまま自転車事故で亡くなった親友に会いたいという女子高生の嵐。3人目の依頼は、プロポーズした直後に失踪した恋人を7年間待ち続けている土谷からのもの。家族、親友、恋人と3つの依頼を引き受けているうちに歩美は、死者との再会を望むのは生者の傲慢かもしれないと疑問を持つようになる。その疑問は歩美の両親の不可解な死の真相へも向けられていく。

<感想>
<使者(ツナグ)>とは、たった一度だけ、死んだ人と会わせてくれる案内人。生きている人が会いたいと望む、すでに死んでしまった人との再会を仲介する。ツナグを介して生者と死者が会うのにはいくつかのルールが存在。その中の一つに、「依頼人が死者に会えるのは、生涯に一度、一人だけ。死者も生者に会えるのは一度だけ。」というのがあります。なので一度死者に会ってしまうと、再び会いたい死者がいても会うことが出来ない。一方、死者は会いたいと願う生者に対して断ることは出来るものの、一度会ってしまうと他から会いたいと依頼がきても会うことができない。なのでどちらも慎重に決断しないといけないということ。

まず一人目の依頼、土地の権利書のありかが知りたいので亡くなった母親に会いたいというもの。しかし会いたい本当の理由は別にあるわけで。この依頼者の男性は、自分から依頼してきたものの死者と会えることに対し半信半疑。ツナグが高校生だったこともあり、騙されてるんじゃないかとかなりの疑いよう。そうだよね、そりゃツナグの連絡先を調べ依頼し、心のどこかで「会いたい」と期待していても、死者と会うなんて絶対あり得ないと疑うのが普通の反応。で、親子は再会。もう私、号泣。実は映画が始まってからずっと目がうるうるしてました。映画全体の雰囲気のせいなのか、死者と会うという設定が既に頭の中にあったからか…。母親役の八千草薫さんの優しい雰囲気と、不器用で横柄な息子役の遠藤憲一さんの演技も良かったです^^

2人目の依頼は女子高生の嵐が、亡くなった親友に会いたいというもの。嵐と親友の御園は歩美と同級生ということもあってか、最初から随時登場し、依頼するにあたるまでの過程、感情が描かれてました。3つの依頼の中で一番インパクトあったかも。いや、かなり印象に残ってます。親友の死を願い、もしかしたら自分のしたことで死を招くことになったのではないかと心配する嵐。他の依頼者と違い、彼女だけは死者に会いたいと願う目的が違う。亡くなった御園と会ったことで、一生忘れることができない"後悔"を背負ってしまった嵐。歩美から伝言を聞いた時に泣け叫ぶ嵐を見て、私まで胸の中が張り裂けそうになってしまった…。一生に一度しか死者に会うことが出来ないのに、自分勝手な理由で亡くなった親友に会いたいと願った嵐、生者に会えるのは一度っきりなのに嵐に会うことを承諾した御園。もし両親が御園に会いたいと願ってももう会うことが叶えられないと思うと、切なくなります。この話が一番泣いたかも。

3人目の依頼はプロポーズした直後に突然失踪した恋人を7年間待ち続けているサラリーマンの土谷。友人からは騙されたんだと言われるが、どこかで生きているならそれでいい。だがもし何かの事故に巻き込まれていたら…と依頼。ツナグが失踪した恋人とコンタクト取れないということは、どこかで生きていて土谷から黙って離れたということ。もしツナグが恋人とコンタクト取ることができたら既に死者になっているということ。どちらにしても辛い結果が待ち受けているのが3番目の依頼。前者2人に比べインパクトは弱い感じですが、アイ子が死者とのコンタクトシーンがあったり、歩美が土谷の姿を見て、死者と会うことについて考えたりと、ラストに向けての流れになってのかなと。

死者と会うことによって救われるものもいれば、会って後悔するのものもいる。現実的に死者と会うことは不可能。生きてる間に伝えたいことが伝えられず、亡くなってからもう一度会いたい、あるいは生きてるうちにちゃんと伝えていれば良かったと後悔する前に、生きてる今、自分の想いをちゃんと口に出して相手に伝えることが大事と改めて考えさせられた作品でした。ホント最初から最後まで目がうるうるで、何度か涙ボロボロ、鼻はグジュグジュで、次の日、目が腫れて大変でした。
内容やタイプは違いますが、『ツナグ』『黄泉がえり』『いま、会いにゆきます』など、このテの話に弱いんです。

歩美役の松坂桃李くんと祖母役の樹木希林さんが良かった!松坂桃李くんは初めて知りましたが、落ち着いた話し方と振る舞いがツナグにふさわしく好演でした。話し方と声が筒井道隆さんにちょっと似てると思ったんですが、どうかな?樹木希林さん演じるアイ子が作る料理はどれもオシャレでした~。家もレトロな雰囲気があって良い感じ♪ところでアイ子が眼鏡を外すシーンがあったのですが、眼鏡そのものを顔から外すのではなく、眼鏡の真ん中がぱかって外したのにびっくり!最近の眼鏡は真ん中で外れるですね!これいいなー、私も欲しいなー。

映画の番宣を観て、こりゃ絶対泣く!久しぶりに泣ける映画を観に行こう!と確信し観に行き、想像以上に泣いてしまいました。ラストも、エンディングのJUJUさんの歌も、金環日食の画も、最後まで良かったです!

-2 Comments

名もなき戦士 says...""
はじめまして。おじゃまします。
泣くかな~と思いながら観に行ったのですが
そこまではなかったのですが 観てよかったです。
やはり2番目の話が印象に残っています。
最初は、御園の思いやりで終わったのかと思ってたら
そうではなかったのですね。。。
あとで原作も読んでみたのですが、切なくもあり怖かったです(笑)
樹林さんと桃李くんが、本当の婆孫のようで良かったと思いました。
あ、主題歌いいですよね~♪
2012.11.01 11:46 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
こんばんは、名もなき戦士さん☆
このテの話って、泣く泣かない分かれますよね。
私はどうもこのテの話に弱くって…^^;

原作読まれましたか!私は本作を観たあとに図書館で予約しました!
かなりの待ち人数だったので年内に手元に来るのは難しそうです(悲)。

>最初は、御園の思いやりで終わったのかと思ってたら そうではなかったのですね。。。
やっぱり。。映画の中で歩美に伝言を伝えたのは、
嵐のせいじゃないよ、だから気にすることないよって
嵐に安心させたかったのかと思ってましたが、嵐に
一生心に残る後悔を残してしまったんですもんね…
もしかしてそれを知ってて伝言を残したのかしら…
原作ではその辺りのことが詳細に書かれているんでしょうね。
早く読みたいです~。

樹林さんと桃李くん、おっしゃるように本当の家族のようでしたね♪
2012.11.01 19:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/954-5cb36a2b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。