TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「舟を編む」 三浦しをん

『舟を編む』

舟を編む

 著者:三浦しをん
 出版社:光文社






<簡単なあらすじ>
玄武書房辞書編集部に勤める荒木は、定年を迎えるにあたり後継となる社員を探していた。そして見つけたのが営業部にいる馬締光也。営業部ではパッとしない馬締だったが、律儀で言葉に対する鋭い感覚を持ち、人とは違うところに美と喜びを見いだす彼は辞書づくりに必要な人材となる。退職しお目付役となった荒木、辞書づくりに人生を捧げている松本先生、一見チャラいが対外交渉では力を発揮する西岡、無愛想だが実務能力がきわめて高い佐々木、異動してきた岸辺らと、辞書『大渡海』を作り上げていく。そんな中、馬締は気になる女性に恋文を書くが…。辞書作りの方はそう簡単にはいかず、長い年月を費やすことになる。果たして『大渡海』は完成するのか――。2012年本屋大賞第1位。

<感想>
図書館で予約してから半年、やっと手元にやってきました!三浦しをんさんのお名前は知ってましたが、著書を読むのはこれが初めて。どんな内容の本なのか予備知識もなく読み始め、荒木さんという人が主役なんだ~と思っていたら違った^^;馬締と書いて"まじめ"さんが一応中心人物。流れとしては、荒木さん、馬締、西岡、岸辺さん、荒木先生と焦点を当ててます。

辞書『大渡海』を作り上げるのがベースになっており、それに携わっている人たちがどのように仕事をし、どのように日本語を考えているのか。"辞書は、言葉の海を渡る舟、海を渡るふさわしい舟を編む"と。辞書作りに対する関係者の長年の夢、熱い気持ちはすごい。聞き覚えのない言葉や、疑問に思った言葉は即座にメモ。普段の生活から辞書作りに対する姿勢もすごい。

今はインターネットがあり、わからない言葉はすぐネットで調べてしまいますが、学生の頃までは辞書に大変お世話になりました。小学生の頃は国語辞典、漢和辞典は必ず必要でしたもん。今の時代はどうかわからないですが、昔は一家に一冊広辞苑があったし。これだけお世話になっていながら、どうやって作られていくのかを初めて知り驚きました。実際出版社が行う辞書作りにどこまで忠実なのかはわかりませんが^^;

要領が悪く、真面目なだけの馬締のエピソードでは運命の女性が登場。なんだかよくわからない出会いから順調に進み、あれよあれよといううちに…という感じ。個人的に気になるのは西岡。チャラい男性だけど、実は勘が鋭く、彼は彼なりに気をつかい自分の出来ることを頑張っている。どの部署にいっても持ち前のキャラで自分の位置をちゃんと見つけれそうな感じ。馬締に対し苛立つこともあるものの、辞書作りの天才に「西岡さんは辞書編集部に絶対必要な人」と言われ泣きそうになる西岡に対し、私も目頭が熱くなっちゃった。。十数年後、輪をかけたようにチャラい中年になってるのには笑ったけど(笑)。

岸辺さんのエピソードでは製紙会社が登場。辞書に使う紙について書かれており、とても興味深く読めました^^辞書はページ数が多いのでいかに薄く、軽く、裏写りしないかを重視。それに加えぬめり感もいるんだとか。普段、何気に辞書を使っていたけど、利用する人にとって快適にめくれるようにちゃんと工夫されてるんだなぁ。

辞書編集部、製紙会社、板前さんとそれぞれの仕事から、何かを作り出す、生み出すという過程はそれぞれ生半端なものじゃない。やりがいを感じ達成した時の感動は計り知れないもの。そういう仕事に対する想いも伝わってくるような作品でもあるような気がします。

が、ラストに向けてなにやら嫌な予感が…。この状況はもしかして?と思っていたら嫌な予感は当たってしまった…。笑顔で本書を読み終えようと思ったのに感慨深い気持ちが残った感じです。そしてもう一つ、本書の感想を書きながら思ったこと。もし私のブログを荒木さんが読んだら「君の日本語はめちゃくちゃだ!単語の使い方も間違っとる!」ってお叱りを受けそう^^;


ところで本作品、映画化が決定し来春公開。馬締に松田龍平さん、香具矢さんに宮崎あおいさん。あまりイメージ出来なかったけど、画像を見て馬締っぽい雰囲気がめちゃ出てます^^板前の香具矢さんの方は、「自分、不器用ですから」と今にも言いそうなカッコいい美人さんというイメージがあったので、まさか宮崎あおいさんだとは!でもこの画像を見るといい感じ^^こりゃ楽しみかも~。

舟を編む

-3 Comments

孔雀の森 says...""
こちらでもこんばんは~
辞書作りの工程が細かく描かれて、とても興味深かったです。
特に言葉を集める人々の食い下がり方が半端じゃなくて、
こういう作業があるからこそ、と頭の下がる思いでした。
おっしゃるように、一つの仕事を達成した時の感動とか、
仕事に対する想いが伝わってくる物語でしたね。
電子辞書が普及しているけれど、やっぱり紙の辞書は
必要だなあと思いました。
映画も楽しみですね!!
2012.10.22 18:02 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
またまたこんばんは~♪
こちらはつい先日読み終えたばかりなので内容もバッチリ覚えてますよ~(笑)。
辞書作りについて今まで知ることがなかったので、本作品でその工程を
知ることができ、私も興味深く読みました^^
そこに携わっている人たちのドラマが描かれており、特に仕事に対する
想いが伝わってきました。

本書を読み終えて、これは映画化に向いてそうだなと思っていたら
映画化になる記事を見つけ嬉しくなっちゃいました^^
来春公開ですが、今から楽しみですね!
2012.10.22 21:47 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.10.23 18:45 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/952-e7e96038
舟を編む
 著 者: 三浦しをん  出版社: 光文社  刊 行: 2011年9月 <あらすじ> 玄武書房辞書編集部の馬締(まじめ)光也は、辞書「大渡海」編纂の中心的人物。10余年の間に、日本語
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。