TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夢売るふたり」

『夢売るふたり』

夢売るふたり

製作年:2012年
製作国:日本
監督:西川美和
出演者:松たか子/阿部サダヲ/田中麗奈/鈴木砂羽/安藤玉恵/江原由夏/木村多江/やべきょうすけ/大堀こういち/倉科カナ/伊勢谷友介/古舘寛治/小林勝也/香川照之/笑福亭鶴瓶

<簡単なあらすじ>
東京の片隅で小さいながらも忙しく楽しく小料理屋を営んでいた貫也と妻の里子。だが常連客で賑わっていたある晩、火事で店を失ってしまう。里子はラーメン屋でバイトを始めるが、貫也は新しい職場の調理場で意見が合わず、毎日燃えた店の前でビールを飲んでいた。そんなある日、貫也は店の常連客だった玲子と偶然出会い一夜を共にしてしまう。それを知った里子は結婚詐欺を思いつく。再び自分たちの店を持つために、里子が計画を立て、貫也はさまざまな女性の懐に入り騙していく。新しい店の再開のめどが立ちそうになった時、夫婦の関係が徐々に変化していく。

<感想>
テレビで流れていたCMを見て、ドタバタコメディなのかなと思っていたら違いました^^;といっても田中麗奈さん演じるOLや他の常連客多数が騙されていたシーンや、貫也が泣きながら電話するシーン、出会い系で会った女性とのシーンなど、前半はどこかコミカルな感じ。が、後半は貫也と里子の感情のズレが出てくるあたりからシリアスな雰囲気に。

決してイケメンではないけど、愛嬌があって人当たりが良く、独身女性にとって安らぐような存在の貫也は、"店を再建する"という目標のためにさまざまな女性たちと付き合う日々。結婚詐欺と言っても借用書を書いてもらってるから、根っから悪事を働こうとしているというのではなく(多分)、心寂しい独身女性に安心感や夢を与え、その代償としてお金をもらう。タイトルの『夢売るふたり』ってこういうことだったのね!

自分たちの夢のために、誰と付き合うというとこからシナリオを考えてる里子の指示によって女性を騙し続ける貫也ってどーよ?!と思いながらも、知り合う女性たちの生き方に感銘を受け、付き合ってる時は騙してる感が全くしない貫也の性格は天性のもの?そんな貫也の性格を知ってるからこそ結婚詐欺を思い付いた里子。その里子が持つ感情がこの映画の確信なのかも。

騙される女性の一人であるひとみちゃんと出会った時、唯一里子が女性としての嫌な部分を見せたような気がする。貫也はそこで里子に自分の思ったことをぶつけるわけですが、その貫也、もし里子という妻がいなくてひとみちゃんと出会っていたら付き合っていただろうか?多分付き合っていないような気がする。容姿がどうのこうのじゃなく、夢を持ちひたむきに頑張るひとみちゃんのことを、人として尊敬していたんだと思う。里子は女性の立場から嫉妬しただけだろうか。それともひとみちゃんに自分にはない人としての魅力を感じとり、貫也の気持ちが自分から離れていくことを危惧したんだろうか。

里子は愚痴一つ言わず献身的で、夫と一緒に店をすることに一生懸命な良妻賢母。…だったはずが、貫也に浮気されたことをきっかけに結婚詐欺の首謀に。本音はあまり語らず、目や態度で感情を表現する里子。全編通して、彼女は一体どんな心境心境でいたんだろう。トイレや自慰のシーンがあったのは、"妻"という立場ではなく"女性"としての部分を出したかったから?貫也が子持ちの女性のもとへ行ったこと、トイレのシーンを考えると、貫也と里子夫妻は本当は子供が欲しかったのでは?もしかして子供絡みのニュースを2人で見てるシーンは伏線??考えすぎか^^;

ラストに関して。私にはどう解釈したらいいのかわからず…。これは観客に委ねるってこと?うーん、どう解釈しよう?最初にも書きましたが、私はドタバタコメディと思って観ていたので、この作品の流れにちょっと戸惑ってます。特にハローワーク女性職員との関係はよくわかりませんでした。貫也はこの家庭に何を求めていたんだろう?里子と離れたかったから?それとも"家族"という形に惹かれたから?全編通して、貫也が何を求めていたのか私にはよくわからず(><。)。。

そして……そこで子供を使う?!というシーンがありそこに戸惑いが…。子供を巻き込んだ時点でこれはもうコメディじゃない。なぜそこで子供を使う?そしてなぜまたそこであの騙された女性が?この辺りの流れが少し…。ドタバタコメディと勝手に思い込み、気楽に観に行ったのがいけなかった。初西川美和監督作品で作風を全く理解してなかったのがいけなかった。決して面白くなかったわけではなく、観客に委ねる(あれ?委ねてない?私がわからなかっただけだったりして^^;)ラストの行方は私にはやっぱり難し過ぎました(TT)。2人の心境をはっきり明確にしてくれるとすっきりするんだけどな。続編を作って欲しいな~。←これはなさそう

-4 Comments

SOFFY says...""
TKATさん!むっちゃごめんなさい!
今、久しぶりにレビューブログのテンプレとかいじってて、
TKATさんの内緒メッセージに気づきました(滝汗)

アメブロの『以和為貴』は確かに私のブログでございます(^^)
香港ネタはあまり出てきませんけど、
宜しければ遊びに来てやって下さい♪
コメント、アメーバ会員以外の人も受付に設定したはずなのに、
知らない間に初期設定に戻されてたみたいです(--;
アメブロってメンテが多い上に、メンテ後は何かしらトラブル起きるんですけど、
Vシネマの俳優さんほとんどがアメブロ利用してるんで、
仕方なく続けてる感じです(苦笑)

映画に全然関係ない事ですいませんでした!
あっ!でもこの作品は何気に気になってます(笑)
2012.10.24 08:38 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
SOFFYさんこんばんはー!めっちゃお久ぶり☆

さてさて、SOFFYさんに内緒コメントしたのをすっかり忘れており、
どんな内容を書いたのかすら覚えてないんです~^^;こちらこそ面目ない!
どうやら私がSOFFYさんらしき人物の別ブログを見つけたこと、
だけど、アメーバ会員じゃないのでコメントできないようなことを
送った……。で、当ってるかしらん?

SOFFYさん、まだまだVシネマに夢中ですやん~!
結構どっぷりハマってますな~。
時々遊びにいくので、Vシネマの合間に香港ネタを楽しみにしてますぜ!

P.S 『夢売るふたり』、DVDが出たらご覧になって(^_-)☆
面白いかどうかは……観てからのお楽しみ~
2012.10.24 18:43 | URL | #- [edit]
SOFFY says...""
だって6月中旬あたりのコメントでしたもん(笑)
でも内容はあってますよー♪

Vシネマに夢中と言うか、
どうしても彼から離れられないんですよね(^^;

でも合間合間に古仔をはじめとする香港レンチャイも登場するんで、
その時は覗いてやって下さいませ(^^)

※阿部サダさんなんで期待はしてるんですけどね~。
2012.10.25 14:10 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
こんばんは、SOFFYさん☆

そっかー6月かぁ。4ヵ月しか経ってないのに
コメントした内容を覚えてない自分が悲しい…(´;ω;`)

>でも合間合間に古仔をはじめとする香港レンチャイも登場するんで、 その時は覗いてやって下さいませ(^^)

楽しみにしてるよっ!
来年3月には大阪アジアン映画祭があるので今から楽しみ~☆
必ずと言っていいほどトー監督作品が上映されるので、
来年もめちゃ期待してるんやけど、さまざまな事情により
どうなるか微妙なところ…?

※阿部サダさん、いい味出してたよ(^▽^)
2012.10.28 20:49 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/951-aa462ef9
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。