TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「殺し屋 最後の仕事」 ローレンス・ブロック 

『殺し屋 最後の仕事』  Hit and Run  

殺し屋 最後の仕事 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

 著者:ローレンス・ブロック(Lawrence Block)
 訳者:田口俊樹
 出版社:二見書房 二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション




<簡単なあらすじ>
アルという人物から仕事の依頼を受けアイオワ州に来て待機していたケラー。切手ディーラーの店にいた時、テレビの臨時ニュースでアイオワ州遊説中のオハイオ州知事が暗殺されたと知る。ケラーは自分の仕事を早く片付けたかったがアルの代理人からはまだ依頼がこない。そしてケラーの悪い予感は当たった。知事暗殺犯として指名手配され、ドットとも連絡が取れなくなった。逃亡生活を余儀なくされたケラー、アルの手から完全に窮地を脱するには自分を罠にはめた男たちに復讐するしかなかった。

<感想>
『殺し屋』『殺しのリスト』『殺しのパレード』に続く殺し屋ケラーシリーズ4作目であり、『殺しのパレード』のあとがきには『殺し屋 最後の仕事』が最終作だとか。著者とのQ&Aで、ローレンス・ブロックはちょっと曖昧な返事。うーん、どうなんでしょ?本当に終わりなら好きなシリーズだっただけに悲しいなぁ。

今回は、『殺しのパレード』の「ケラーのて適応能力」と「ケラーの遺産」に登場したアルからの再度の依頼。前も罠なんじゃないかと用心に用心を重ねたくさんの予防策を講じたのに、今回はまんまと罠にはまってしまうケラー。

表向きは殺しの依頼。だが実際は濡れ衣を着せるために殺し屋を雇うという…。もし警察に捕まったとしても殺し屋は何も言えない。殺人の依頼を受けてこの街にやってきただなんて言えないし、依頼者側の言うとおりの行動をしているからアリバイさえもない。なるほど~。殺し屋のこういう雇い方もあるのか!殺し屋として誰も殺してないのに、知らない誰かの殺人の罪を着せられちゃうなんて災難もいいとこ…。

罠にはめられたことから逃亡生活が始まるのですが、さほど物語が進展するわけでもなく、エキサイティングな事が起こるわけでもなく。ただただ逃亡中のケラーの日常を描いているだけだったりするのですが、なぜか読んでいて面白い。一歩間違えたら退屈になりそうな内容なのに、ローレンス・ブロックだから面白く読めてしまうという。罠にはまって大災難なのに淡々と、殺しをする時も淡々と、まさかドットが?!という展開も淡々と、ニューオーリンズで新たな生活も淡々としてるのに。なのになぜなんだろう?ローレンス・ブロックの手腕に尽きるなこりゃ。

ケラーといい、ドットといい、ジュリアといい会話がいい!めちゃ面白いことを言ってるわけではなく、洒落がきいててどこか知的でウィットに富んでるからかな。それと前作でも書いたかもしれませんが、ケラーの自問自答の言い回しが特に好き。

ケラーは今までニューヨークでの仕事は断ることをルールにしており、ニューヨークは彼の家であり仕事を終えて帰る場所(といっても何度か仕事してますが)。ケラーにとっては天国のように神聖で安全な場所。だけど今回のことでニューヨークは危険きわまりない場所になってしまう。それでも切手コレクションのために戻ったケラー。彼にとってドットと切手コレクションは特別なもの。その両方を失ったのに現実として受け止めているケラーはやっぱ一味違う。

過去のシリーズでドットと同居していたホワイト・ブレーンズの男(親爺さん)。あまり多く語られてなかったのですが、犯罪組織にいたことや、本名やあだ名(?)が今回明らかに。

このシリーズの魅力はやっぱりケラーのキャラ、そしてそのローレンス・ブロックによるケラーの描き方のような気がします。結構、昔の仕事内容を振り返ったりしてるので、過去のシリーズを読んでいた方がより楽しめそう。私も実は本作を読んだあと、過去のシリーズが気になり読み直しました。

解説を伊坂幸太郎さんが書いてるのが嬉しい。読んでいて「そうそう!そうなのよ!」とめちゃ納得。違う本でも伊坂さんは書かれてますが、伊坂さんはローレンス・ブロックがたいそう好きで大きな影響を受けていると。伊坂さんもローレンス・ブロックも好きなので嬉しい♪

本当にこれで最後なのかな?いつかどこかの短編集にその後のケラーを書いてくれないかなぁ。といいつつも、これが理想の終わり方なのかもしれないなとも思った1冊でした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/949-d7d23858
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。