TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「GOSICKⅤ -ベルゼブブの頭蓋-」 桜庭一樹

『GOSICKⅤ -ベルゼブブの頭蓋-』

GOSICKV-ゴシック・ベルゼブブの頭蓋- (角川文庫)

 著者:桜庭一樹
 出版社:角川書店 角川文庫





<簡単なあらすじ>
1942年、ヨーロッパ小国ソヴェールにある聖マルグリット学園。長い夏休みの最後の日、ヴィクトリカが突然いなくなる。ブロワ侯爵の部下がやってきて、リトアニアにある修道院<ベルゼブブの頭蓋>に連れていき幽閉してしまったのだ。この一週間、ヴィクトリカは食事もせず、書物も読まず、声も出さず、少しずつ弱っていってるとブロワ警部から聞いた一弥は、ヴィクトリカを迎えに行く決心をする。ちょうど修道院では秘密の夜会<ファンタスマゴリアの夜>が開かれることになっており、列車の中で一緒になった人達と話をしなが向かう一弥。果たしてヴィクトリカを連れ戻せるのか?そして夜会で起きた奇妙な事件の真相は?GOSICKシリーズ第5弾。

<感想>
GOSICKシリーズ第4弾のラストで夏休みが始まる寸前で終わり、続きはその夏休みお中で起きる事件がベースなんだろうなと思っていたら、5巻の冒頭では夏休み最後の日になってる!あれれ?夏休み中は何もなかったのかな?

ヴィクトリカの姿が見えなくなり、「君は私を捜せないのかね…?」「……ほらこうやって必ず君を見つけてるだろ?」という前作での会話を蘇えらせる一弥。ということでヴィクトリカを連れ出しに一人修道院へ。<ベルゼブブの頭蓋>と呼ばれている修道院は、中世に国王が疫病から逃れるために作られた螺旋の迷宮で語り継がれる伝説があったり、世界大戦時にはソヴェール王国の科学アカデミーの者たちが工作員のために使わせていた場所。当時、不思議な事件も起こっており、ロスコ―も関わってる模様。

今回はソヴェール王国の科学アカデミー vs オカルト省という構図がベース。前者は国の発展のため科学という新しい力を積極的に取り入れて、今後起こるであろう大戦は機械によって戦われると考えている。後者はヨーロッパ大陸の古き力、魔力や想像上の生物やオカルティックな力を用い、今後起こるであろう大戦に備えようとしている。

この構図ってこのシリーズの核心?!今後の大戦へに向かってブロワ侯爵が関係してるし、当然ヴィクトリカにも影響してくるわけで。だって本作では、今まで名前のみの登場だったヴィクトリカに大いに関係する2人が登場するもんね。なんだかまた新たに物語が大きく動き出したような気がする。

さてヴィクトリカ、今回、急に幽閉されることになったわけですが、今までの傾向から外出する時はすんごい荷造りするのに今回はその時間を利用して一弥にあてた手紙を書きます。この本を読む前に『GOSICKs -春来たる死神-』を読んだせいか、その手紙の中に何か暗号めいたものがはいってるんじゃないかと思いいろいろと考えちゃった^^;

一弥のもとには長兄から手紙が届いたり、次兄は本を送ってくれたり、姉からは手紙や雑誌(しかも編み物ってw)が届いたりと、一弥が思っている以上に家族から愛されてるんだなーとしみじみ。

ヴィクトリカと一弥、自分の気持ちをえらく素直に相手に伝えているような気がする。「ぼくの~~」って(照)。両親や兄たちが知ったら腰抜かすってw一方、ヴィクトリカも一弥が迎えにきてくれた時の態度が可愛い☆名前を何回も呼ぶところはどこかいい☆が、ヴィクトリカの場合は、母親が絡んでいるので一弥が迎えに来てくれた時の感想や、母親の話をする時は切ない…。一弥に対し、人間に戻ったというくだりは泣けてくる…。

ブロワ警部のドリルに変化が!そのブロワ警部、侯爵の意向でヴィクトリカを幽閉してるので何も行動を起こさない(起こせない)と思ってましたが、何かと彼女のことが心配なんだろうなと。それと同時に一弥にことを信頼してマス。ブロワ家の家庭内事情が知りたいなぁ。一体どのような構図になってるんだろう?実はまだ兄弟がいたりして。

徐々に謎が明かされていき、大戦が近づいてきている様子。形見箱は一体どんな役割があるんだろう?もう一つ疑問、コルデリアって一体何歳?!あの一弥が見間違えるなんて。もしかしたら灰色狼は歳をとらないのか?!ああもう、気になる部分がまだまだ多すぎる!早く続きを読まないと。ラストも次巻を読んでねって感じで終わったし。でも発行順だと次は『GOSICKsⅡ -夏から遠ざかる列車-』。そうそう、<仔馬のパズル>の答えを早く知りたい~。←でもどんな問題だったか覚えてない^^;

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/939-e6c6273d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。