TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「テルマエ・ロマエ」

『テルマエ・ロマエ』  

テルマエ・ロマエ

製作年:2012年
製作国:日本
監督:武内英樹
脚本:武藤将吾
原作:『テルマエ・ロマエ』ヤマザキマリ
出演者:阿部寛/上戸彩/市村正親/北村一輝/宍戸開/笹野高史/竹内力/キムラ緑子/勝矢/外波山文明/飯沼慧/岩手太郎/木下貴夫/いか八朗/神戸浩/長野克弘/内田春菊/菅登未男/森下能幸/蛭子能収/松尾諭/路井恵美子/桜井千寿

<簡単なあらすじ>
古代ローマ帝国、テルマエ(浴場)の設計技師のルシウスは、誰よりも風呂を愛しているが発想が古く職を失ってしまう。友人に誘われ訪れた大衆浴場で溺れてしまったルシウスは、現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまう。そこには銭湯に来てる客や、漫画家になる夢を持ってる真実ら、言葉が通じない「平たい顔族(=日本人)」がいた。そして古代ローマでは考えられない銭湯のアイディや工夫などの日本の文化に衝撃を受ける。古代ローマに戻ったルシウスは、日本風呂のアイディアを取り入れた風呂を設計。何度もタイムスリップを繰り返していくうちに話題となり、皇帝ハドリアヌスの目に留まり信頼を得るようになる。一方、漫画家の夢をあきらめ実家の温泉旅館に戻ってきた真実は、何度もルシウスと遭遇し、次第に気になる存在になっていく。そしてルシウス同様、ローマ帝国の未来に関わっていく。

<感想>
原作マンガが大好きで観に行ってきました。映画化が決まり、ルシウス役に顔の濃い日本人が演じるらしいと友人から聞いた時、真っ先に阿部さんだと思いました!市村正親さんも宍戸開さんも濃いですが、ローマ人にまざるとやはり日本人顔(特に目元)。阿部さんは目の彫りが深く背が高いので、大勢のローマ人の中にいても違和感なかったです^^一方、平たい顔族の面々もGOOD!真実役の上戸彩さん、真実の父親、銭湯にいたおじさまたち等々、ザ・平たい顔族という感じ^^←ほめてます。この中に竹内力さんがいたのはちと意外。パンフによると、本人も古代ローマ人役じゃないのに驚いたって(笑)。市村さんも皇帝役がお似合いで、映画というより劇を見てる感じがしました。

古代ローマ、現代日本と時空を超えたストーリーで、現代の真実は古代ローマでこれから起ころうとしていることを歴史で知ってるわけで。古代歴史も加えつつ、真実は頑張ってました。原作に登場する数人の女性を1人にまとめたって感じ?でも真実のようにルシウスに関わる女性はいまのところ原作にはいないような?しいて言うなら温泉宿の娘さつきさん?しかしいくら猛勉強したといってもあそこまで会話できるまで上達するって無理くない?いつも真実がいる場所に現れるのも謎だし…。個人的に真実の存在は別の形でもよかったんじゃないかと思ったり。←原作を読んでるのと読んでないのとでは意見がわかれそう^^;と、なんだかんだと言いながらも上戸彩は可愛かったです♪制服姿を見たら某CMを想像しちゃう。

やはり見どころはルシウスが現代日本に来たときのリアクション。内容すべてが原作どおりではなく、架空の人物がいたりするんですが、ルシウスの生真面目さはそのまんま。真剣に古代ローマを愛し、風呂に対する情熱は素晴らしい。といっても日本のアイディアをヒントにしており、自分が考え出したわけではない。そこが生真面目なルシウスの葛藤の種なんだろうな。しかし47歳の阿部さん、いい体してる☆

セリフの言語は一体どうするんだろう?と思っていたら、画面の上にBILINGUALと。なるほど!だから阿部さんたちローマ人はローマでは日本語、日本ではラテン語を話してたのね!

原作のエピソードをベースにオリジナルを加えた内容で、オチもお決まりで想像できますが、チネチッタのセット(イタリアで最大、ヨーロッパでも最大級の映画撮影所)はスゴイ!あとルシウスがタイムスリップする時に登場するオペラの男性は良かった!(パンフによると流れてるオペラは世界三大テノールの1人、ドミンゴという人の歌唱によるものらしい。) あとルシウスが「ケイオニウスさま」というシーンが私には「ケウ兄さま」と聞こえてなぜかツボにはまりました(笑)。

原作で鯉のいる温泉をルシウスの協力のもと設計した青年の吉田くんも登場させて欲しかったな~。原作はまだ続いているので、ぜひパート2を製作して登場させて欲しいっす!

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。