TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夜は短し歩けよ乙女」 森見登美彦

『夜は短し歩けよ乙女』

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)  

 著者:森見登美彦
 出版社:角川書店 角川文庫





<簡単なあらすじ>
京都の大学に通う「先輩」は、クラブの後輩である「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せていた。第一章「夜は短し歩けよ乙女」では、彼女を追って夜の木屋町や先斗町界隈を歩く。その頃、彼女は李白という老人と飲み比べ。第二章「深海魚たち」では、ある情報筋から彼女が古本市に行くと聞き、彼女の姿を探しに苦手な古本市に出向きく。そこで彼女が欲しがっている絵本をめぐり火鍋で勝負する羽目に。第三章「ご都合主義者かく語りき」では、彼女が学園祭に来るというので足を運ぶ。そこでゲリラ演劇に遭遇。第四章「魔風邪恋風邪」では、風邪を引いてしまい彼女を追いかけることができず…。そんなこんなで彼女の姿を追い求める途中、さまざまな珍事件に遭遇する。第20回山本周五郎賞受賞、2007年本屋大賞第2位。

<感想>
少し前にアンソロジー『不思議の扉 : 午後の教室』を読み、そこに『夜は短し歩けよ乙女』のサイドストーリーが収録されていたので借りてきました。本作品が話題になっていた当時、気にはなってましが今の今まですっかり忘れてました^^;でもブームが去ったあとなので図書館で待ちなしで借りれたので良かったかも。。

「先輩」と「黒髪の乙女」の2人の視点から描かれてます。「先輩」は「黒髪の乙女」をひそかに想ってるけど面と向かって話しかけることができず、春夏秋冬いつも彼女があらわれる場所に出向き、偶然を装い出会う、なんとか彼女の眼中に入ろうとする涙ぐましい努力。名付けて"ナカメ作戦(なるべく彼女の目にとまる作戦)"。あまりにも追いかけすぎて彼女の後ろ姿に関する世界的権威にまでなってるしw

その彼女が現れる場所を提供してくれるのが「信頼すべき筋からの情報」。この情報元がアンソロジー『不思議の扉 : 午後の教室』でサイドストーリーとして描かれてました。

なによりまず文体が独特。昭和ちっくというか大正ちっくというか。といっても尾崎豊っぽい歌詞が出てきたり、熱冷まし用シートが出てきたり、熱出した時にメールを出したり(おそらく携帯メール)と、一応は現代の設定なんだろうなぁ。

ちっちゃくて可愛らしくて最近の大学生とは思えない、不思議ちゃん系の雰囲気を持つ「黒髪の乙女」ですが、"おともだちパンチ"を披露したり、ラムを愛しておりとにかくただならぬぐらい酒豪だったり。基本は丁寧な言葉遣いなのに、たまに昭和のギャグっぽい語句が混ざったり(←これが結構可愛かったりする)。なかなか興味深いお嬢さん。

全体を通して言葉のやりとりが面白いしテンポもいいです(羽貫さんだけは現代っぽい話し方だけど)。ところどころ樋口さんのファンタジーワールドがあり非現実っぽかったり、時々難しい単語がでてきたりしますが、可愛らしくてユーモアがあって独特のリズムがあって、なんというか、他の小説とはちょっと趣が違う不思議な感じ。森見登美彦さん著書は初めて読みましたが、他の作品もこのような文体なのかな?

ところで作中で登場する偽電気ブランって実在するのかな?あったら飲んでみたいなー。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。