TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<第7回大阪アジアン映画祭2012> おまけ

今回の映画祭で嬉しかったのは、林書宇 (トム・リン)監督と、魏徳聖(ウェイ・ダーション)監督の舞台挨拶があったこと♪

トム・リン (林書宇)監督
↑『星空』や『九月に降る風』の林書宇 (トム・リン)監督。

ウェイ・ダーション(魏徳聖)監督
↑『セディック・バレ』や『海角七号』の魏徳聖(ウェイ・ダーション)監督。

残念だったのは、林書宇監督のQ&Aや魏徳聖のトークイベントが私の時間の都合上、聞けなかったこと(悲)。


↓これは香港映画祭[HONG KONG NIGHT]に来られたゲストの方々。
香港映画祭[HONG KONG NIGHT]

↓[ウエルカム NIGHT] セレモニーに来られたゲストの方々。監督さんや俳優さんがずらり。
[ウエルカム NIGHT] セレモニー


↓以下は、[クロージング・セレモニー]での授賞式。
観客賞
監督は、早朝に台湾に帰られたとのこと。『セディック・バレ』が観客賞で私も嬉しい♪

ABC賞
監督は帰られたそうで、受賞式には出演者さんが登場。
今作品は観てないのですが、ABCで放送されるのでその時は観ようと思います!

来るべき才能賞
監督&出演もされたNameweeさん(?)が登場。
観ようかどうか迷った挙句、時間の都合で観なかった作品。わ~、無理してでも観たらよかった~(><)

スペシャルメンション
両作品とも紹介だけで終わり^^;

グランプリ
再び『神さまがくれた娘』です!


大阪アジアン映画祭で上映される作品はセンスがいいので、毎年楽しみにしてます。
来年も、ぜひ、ぜひぜひ開催してくださーい☆

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/919-8f0577ba
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。