TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「のぼうの城」 和田竜

『のぼうの城』

のぼうの城 上 (小学館文庫) のぼうの城 下 (小学館文庫)

著者:和田竜
出版社:小学館 小学館文庫

<簡単なあらすじ>
戦国期、天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は関東の雄、北条家に大軍を投じた。そのなかに支城、武州・忍城(おしじょう)があった。周囲を湖で取り囲まれた「浮城」の異名を持つ難攻不落の城である。秀吉方約二万の大軍を指揮した石田三成の軍勢に対して、その数、僅か五百。城代・成田長親は、領民たちに木偶の坊から取った「のぼう様」などと呼ばれても泰然としている御仁。武・智・仁で統率する、従来の武将とはおよそ異なるが、なぜか領民の人心を掌握していた。三成軍使者・長束正家の度重なる愚弄に対し、予定していた和睦の姿勢を翻したのぼう様は、正木丹波、柴崎和泉、酒巻靱負ら癖のある家臣らの強い支持を得て、忍城軍総大将としてついに立ちあがる。一方、秀吉に全権を託された忍城攻城軍総大将・石田三成の表情は明るかった。我が意を得たり、とばかりに忍城各門に向け、数の上で圧倒的に有利な兵を配備した。後に「三成の忍城水攻め」として戦国史に記される壮絶な戦いが、ついに幕を開ける。往来の武将とは異なる新しい英傑像を提示した2009年の第6回本屋大賞第2位の戦国エンターテインメント小説。
(カバーのあらすじから引用)

<感想>
上巻は登場人物たちの紹介がてら、性格や位置づけのような紹介、また、秀吉から忍城攻城軍総大将に命ぜられた石田三成が、どのような野望を持っているかが描かれています。だが秀吉は、三成のことを理財には長けているが軍略の才は乏しいと思っており、さらに成田家が密かに忍城降伏の旨を知らせてきていることを大谷吉継に知らせ、後ろからバックアップし三成に武功を立てさせてやれと命じます。当然、三成はそんなことを全く知らず、吉継に内緒で戦に向け大きな野望を胸に…。

のぼう様こと成田長親、ずば抜けて背が高く横幅もあり身体つきは大きいが、強い!という印象はなく、ただただ大きいだけ。楽しげに農作業をしたがたるも、全く役に立たずただただ邪魔してるだけ。しかも馬にも乗れず、刀術、槍術、体術、あらゆる運動ができないスーパー駄目駄目ぶり。が、そんな長親を見て百姓たちは「俺たちがついててやらなきゃ何もできやしない。守ってやらなきゃ!」と思わせてしまう。バカな子ほど可愛いみたいな感じで、何かと世話を焼きたくなっちゃう御仁なのです。

関白とは戦わず降ると決まっていたのに、長親が「戦いまする」と言ったもんだから周囲は腹を決めるしかない。で、下巻はその戦いが描かれてます。兵の数では圧倒的に少なく不利な状況の忍城側がいかにして戦うか、「戦いまする」と言った長親には策があるのか?

長親は本当に不思議な人物。本当に馬鹿なだけなのか、それとも…。丹波は長親は何か持っていると思っているし、敵からも稀代の将器と称される。味方であれ敵であれ、身分も関係なく魅せられる人物のよう。

全体的に読みやすく、下巻に入ると一気に読めちゃいます。トータル的に心底イヤな人物はおらず、秀吉も三成もどこか爽やかに描かれてます(イヤな奴は正家ぐらい?)。他の登場人物も個性的でいい感じ。映画化が決まっており配役もわかっているので、当てはめながら読んだのですが、どうしても長親役=野村萬斎だけがピンとこない。未だに陰陽師のイメージが離れないのよねー^^;原作と見た目が全然違うので、映画が公開されたらどのようにのぼう様を演じているのか確かめてみよう!水攻めはどうやって撮ったんだろう?その辺りも気になるところ。

日本の歴史に疎い私は、どの人が実在してどの人が架空なのか、あるいはどこまでが史実に基づいているのがイマイチわかりませんでしが、逆にこれはこれで良かったかも。奥深く考えずに読めましたもん^^純粋にエンターテインメント小説として楽しんで読めました。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/918-33524b51
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。