TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「LOVE」 <第7回大阪アジアン映画祭2012>

『LOVE』   愛

愛

製作年:2011年
製作国:中国/台湾
監督:ニウ・チェンザー(鈕承澤)
出演者:スー・チー(舒淇)、ヴィッキー・チャオ(趙薇)、イーサン・ルアン(阮經天)、マーク・チャオ(趙又廷)、エディ・ポン(彭于晏)、アイビー・チェン(陳意涵)、アンバー・クオ(郭采潔)、ニウ・チェンザー(鈕承澤)

<簡単なあらすじ>
イージア(陳意涵)は親友ニー(郭采潔)の彼氏カイ(彭于晏)の子を妊娠してしまう。そのことがニーにバレてしまい、カイはニーの信頼を取り戻そうと必死になる。イージアは中絶を考え病院に行くが…。ホテルのベルボーイをしているイージアの兄クアン(阮經天)は、ある日、ローイ(舒淇)と出会い次第に惹かれていく。だがローイはニーの父親(鈕承澤)と付き合っており、贅沢な生活をさせてもらっていた。ローイの浮気相手である潔癖症のマーク(趙又廷)は、仕事で北京に行き、そこで不動産に勤める小葉(趙薇)と知り合う。彼女の息子によって思わぬ展開に進んでいく。台北と北京を舞台に、4組の男女の愛が交差するストーリー。

<感想>
イージアがカイと会ってるところにニーがやってき、カイが自転車でその場を離れ横断歩道でマークが運転する車とぶつかりそうになり、マークがあるホテルに向かい……といった感じで冒頭からカメラの長回しで始まります。どこまでが長回しだったか正確に覚えてませんが、主要人物8人全て入れようと思ったら、もしかして車で迎えにくるニウ監督(役名忘れちゃいました)までだった??あ~、もう1回観て確認したい!ちゃんと覚えてないのがもどかしい!!

あらすじを読むと全員が繋がっているような感じに見えますが、主要人物同士、がっつり繋がっていたり、なんとなく繋がっていたり、まったく繋がってなかったり、直接出会ったり出会わなかったりと全員が全員どこかで絡んでいるわけではないです。

なんといっても出演陣が豪華!ニウ監督ももちろん出演!しかも超金持ちな役で、スー・チーと付き合ってて娘がアンバー・クオだなんて、監督冥利に尽きるわ(笑)。エディ・ポンは茶髪で日焼けしてて『聴説』の時と雰囲気が違う。でも相変わらず可愛い顔に似合わずがっちりした体形で惚れ惚れ。役どころとしては、情けない男というか雰囲気に流されやすいというか、反省の意味を込めた行動がおバカさんというかなんちゅーか…それでもどこか憎めないのは顔がエディ・ポンだからに違いない。

台湾ドラマを見てから好きになったイーサン・ルアン、最初、変な髪形だなーと思いながら見てましたが、それでもやっぱりカッコいいわけで、妹思いのステキな兄です。ツボだったのはイーサン・ルアン演じるクアンのバイト仲間(友人達?)。『モンガに散る』を観た人にはたまらない出演陣です(≧▽≦) 一人一人顔を映してくれてるので「あっ!!!」と気付きました。ニクい演出だわ~。もしかしてニウ監督ファミリーっていうのがあるのかな?

中国語を勉強する私にとって興味深かったのは、台湾のマークと北京の小葉の会話のシーン。同じ中国語でも発音が全く違うという比較が会話で聞けて面白い!マークは台湾って感じだし、小葉は中国って感じ。←中国語初心者の私なのでこんな大まかな表現しか出来ない自分が恥ずかしい。。この2人に絡んでくる警官が面白くてナイスなキャラなんです。広い北京で警官は1人か?!とマークが言いたくなるのもわかる。ホント、マークと小葉の専属警官。照明係までやってくれてるしw

なんか出演陣たちばかり書いてしまった。。肝心の内容ですが、簡単に言うと、今の状況から悩んで悩んで成長したり、新たな恋をしたり、今までの自分にサヨナラしたりと前向きなラブストーリです。最後にそれ強引じゃない?という展開もあったりしますが、全体的にキュートで愛らしい作品です☆

キュートと言えば、一番印象に残ったのはニー演じるアンバー・クオ。ただキュートなだけでなく、繊細で恋に不器用で、中盤以降は彼女のセリフと泣き顔にぐっときて目頭が熱くなるほど。くぅ~

第7回大阪アジアン映画祭で計8本観ましたが、今作品は私の中で3位!今作品も十分に面白かったのですが、さらにさらにさらに上をいく作品があったので泣く泣く3位にしました。

最後に…イージアとクアン兄弟の両親は「台南熱炒」という食堂を経営。←確かこんな名前だったような気がするけど間違ってるかもです^^;実際にあるのかなぁ?あったら是非ともロケ地巡りしたいなー。

-2 Comments

prego says...""
「可愛い顔に似合わずがっちりした体形」私もそこが好き。もぅこれってベビーフェイスなのに胸がが大きいほしのあきが良いって言っているのと一緒か?!と思ってしまいます(笑)
エディってほんと、いつも無邪気な感じなのに体ががっちりで、たまりません…。
そういえば『聴説』も見たかったんだよなー。これ結構スター勢ぞろいだから、ぜひとも日本でやってほしいんだけれどなー。
小天も本当にあの眉毛や髪型…気にしない人だよなーとおもいつつ私も気になる俳優さんの一人。
あの人も体いいよね…←そればっか。
やっぱりこれ見たい!!やってくれないかなぁ~

2012.03.20 14:08 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
可愛い顔にがっちり体型、これってもう反則よね~。お約束なのか、
エディ・ポンって劇中で体の露出度が多いような気がちらほら…
小天も素晴らしい体型、こちらも露出度が多いんだよなー。
顔よい、背が高い、がっちり体型、たまりませんな…。

>ベビーフェイスなのに胸がが大きいほしのあきが良いって言っているのと一緒か?!と思ってしまいます(笑)

もー、めっちゃウケて飲んでたお茶こぼした~(笑)。
そういうことか!ほしのあきファンと相通ずるものがあったのね!

一般公開あるかどうかは微妙だけど、日本語DVDは出ると思うので
機会があればぜひぜひご覧になって☆
2012.03.21 00:24 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/913-0c74742d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。