TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宇宙人ポール」

『宇宙人ポール』  PAUL

宇宙人ポール

製作年:2011年
製作国:アメリカ/フランス/イギリス
監督:グレッグ・モットーラ
出演者:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、ジェイソン・ベイトマン、クリステン・ウィグ、ビル・ヘイダー、ジョー・ロー・トルグリオ、ブライス・ダナー、ジョン・キャロル・リンチ、ジェーン・リンチ、シガニー・ウィーバー、セス・ローゲン

<簡単なあらすじ>
1947年、アメリカのワイオミング州に住む少女が、庭で愛犬が吠える先を見るとそこに…!60年後、グレアムとSF作家のクライヴはイギリスから”コミコン”に参加するためアメリカにやってき、昔からの夢であったUFOスポット巡りに向かう。道中、一台の暴走した車の事故の遭遇。それを運転していたのは宇宙人ポールだった。ポールと一緒に彼の行きたい場所へ連れて行くことになった2人。道中、宿泊先のクリスチャンであるルースを一緒に連れて行くことになったが、彼女の父親がそれに激怒し彼らの後を追う。一方、脱走したポールを捕まえるため、捜査官と新人2人が逃亡を追っていた。そしてポールとグレアムとクライヴとルースの4人はポールの願う場所に寄り、その後、最終目的の場所へ向かう。そこで彼らが見たものとは…。

<感想>
長年の夢だったアメリカ西部のUFOスポット巡りに、キャンピングカーを借りて行くイギリス人のグレアムとクライヴ。そんな時、目の前に本物の宇宙人が!!ポールと名乗るこの宇宙人、60年間、政府機関に匿われていたせいか人間慣れしてて陽気でフレンドリー。ピスタチオとビールとタバコ(本当にタバコ?)が好きで、ユーモアもありつつ下品なジョークも放つ。この60年間、一体どんな生活を送っていたんだww

いろいろと人間の協力をしていたようで、あの有名なSF監督もポールの助言をしていたという。。しかも電話でその監督本人まで出演!面白すぎ~。パンフによると、劇中にはいろんなSF作品のオマージュが散りばめられているらしい。私には少ししかわからなかったですが、SFが好きな人には「うほっ」ってなるに違いない?

個人的にウケたシーン、鳥のくだりのシーンはかなり笑えた!ちょっと感動しかけたのに最後はそれwあとルースが、大きな爆発のあと父親を心配して見に行くけど……というシーンも。新人コンビのおバカなやりとりも何気に面白かったり(特に最初の方)。

今でもわからないのは、捜査官ゾイルの名前がロレンツォ・ゾイルで、周囲が「ロレンツォのゾイル?」って驚いていた。タラが車に乗ってから言ったセリフ、「私の大麻が…」ってどういう意味?それで生計立ててたの?!これらの笑いどころがわからなかった~。そういやその後タラ、どうしてるだろう…。楽しんでるかしらん?

敬虔なクリスチャンであるルース役の女優さん、サイモン・ペッグの方が若く見えると思っていたら…実年齢38歳だった!びつくり!!40歳半ばぐらいかと思ってました。すみません。

感動もあり、笑いもありの感動SFコメディ。いろんな作品へのオマージュがわからなくても全体的に十分楽しめました♪パンフの終わりの方にお2人の方がコラムを書かれており、とても参考にになりました^^ただ鑑賞前にパンフを読んでしまったため、最後にやっと登場する方が、最初から誰なのか知っていたため驚きは少し半減しちゃったけど^^;

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは♪
私も鑑賞しました。
ポールが鳥を食べてしまうシーン、ルースが父親を放っておくシーン、
もう笑ってしまいました。
これが中国系の作品なら親を見捨てるなんてありえないかも。
いろんな知識があればよかったかも、と思いましたが、
なくても十分楽しめました。
もうポールに出会っても驚きません!!
な~んて断言したいけれど、いざそうなったらやっぱり
後ろ向きに倒れちゃうだろうなあ。(笑)
ご紹介ありがとうございました!!
2012.02.06 08:07 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんにちは~。
ご覧になったんですね♪
私も『E・T』『スター・ウォーズ』『未知との遭遇』ぐらいしか
観たことないですが(しかもすんごい昔に)、
十分楽しめました。これもやはりポールのキャラのおかげかしらん^^

あと英語にしろ中国語にしろ、言葉の語呂とか使い方が
その言語を母国語とする人じゃないと理解できないギャグとかあるので、
字幕だけでは理解できない部分があったりするのがちと辛いところ^^;

>もうポールに出会っても驚きません!!
同感です!といいつつ私も劇中のようにちびっちゃいそう(笑)。
でも「ワレワレハ…」なんて日本語を話し、ビールではなく日本酒を飲み、
義理人情に厚くわびさびを心得てる日本的宇宙人だと
なんかイメージ狂っちゃうなぁ(笑)。
でも英語で話しかけられても理解できないので、
やはり出会うなら日本政府に匿われている宇宙人に一票!
はっ!!そうなるとその宇宙人の名前は「ポチ」とか「太郎」?!ひぇ~
2012.02.07 17:53 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/891-102229ae
映画「宇宙人ポール」たまには冒険しようぜ
「宇宙人ポール」★★★★ サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、 ジェイソン・ベイトマン、クリステン・ウィグ、ビル・ヘイダー、 ブライス・ダナー、ジョン・キャロル・リンチ、 シガーニー・ウィーバー、セス・ローゲン出演 グレッグ・モットーラ監督、 104分、 2011?...
宇宙人ポール
2010年/アメリカ・イギリス/1時間44分(劇場で鑑賞) 監 督  グレッグ・モットーラ 原 題  PAUL 脚 本  サイモン・ペッグ  ニック・フロスト 出 演  サイモン・ペッグ  ニック・フロ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。