TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「三国志英傑伝 関羽」

『三国志英傑伝 関羽』  關雲長  THE LOST BLADESMAN

關雲長

製作年:2011年
製作国:中国
監督・脚本:フェリックス・チョン(莊文強)/アラン・マック(麥兆輝)
出演者:ドニー・イェン(甄子丹)、チアン・ウェン(姜文)、スン・リー(孫儷)、アンディ・オン(安志杰)、ワン・ボーチェ(王柏傑)、アレックス・フォン(方中信)、ワン・シュエビン(王學兵)、チン・シウホウ(錢小豪)、ドン・ヨン(董勇)、リー・ゾンハン(李宗翰)、ニエ・ユアン(聶遠)、シャオ・ビン(邵兵)、ジョウ・ボー(周波)、ヘイ・ツー(子)

<簡単なあらすじ>
後漢末期。一度は手を組んだ曹操と劉備だったが、劉備が曹操討伐計画に引き入れられたことをきっかけに、二人は敵対する関係となり、曹操は劉備を攻めて彼の第一夫人と第二夫人に許嫁である綺蘭と部下の武将・関羽を捕虜にした。劉備は袁紹と同盟して曹操を攻め立て、袁紹の武将・顏良率いる軍の力に曹操軍は劣勢となっていた。曹操は捕虜でありながらも義を重んじる関羽のことを高く信頼していたが、「白馬の戦い」で劣勢だった曹操軍に手助けを頼むと、彼は曹操軍を率いて勝利を呼び込んだ。その活躍に曹操は関羽を再三配下に入るようにいろいろな手をつくして誘うが、関羽は劉備の元へ戻ることを願う。そのことを聞き入れた曹操は、関羽と綺蘭を関所で通すことを部下に伝えるが、曹操の部下たち(孔秀、秦、韓福、孟坦、卞喜、王植)は命令に反して関羽の命を狙う。いったい誰が関羽を殺す命を出したのか?
(公式HPから引用)

<感想>
年末年始に台湾に行った際に機内で見ました!三国志の詳細は理解出来てないのに見ちゃった^^;学生時代、横山光輝さんの漫画をサラッと読んだ記憶があるのでなんとかなるかなーと軽い気持ちで見ましたが…。やはり根本的な三国志の内容を知っていた方が断然いいです。根本的な内容を知っていない私はイマイチ流れを把握できないまま鑑賞。といっても全体的の作品の流れは理解できたと思います(と信じたい)。いや、もちろん三国志の内容を熟知してた方が、さまざまな登場人物について「うんうん」と登場シーンが少なくても頷けると思うのでやっぱ三国志ファンの方がより楽しめるはず。私の場合、主な登場人物以外の人物が実在したのか架空なのか全くわかりません~。あはは

物語は曹操のもとに関羽の首が届けられるところから。私、恥ずかしながら初めて関羽の最期を知りました…。そして20年前、漢が国土を治めていた時代に遡ります。囚われ身だった関羽は、曹操にここに留まり自分に仕えた方が賢明だと言われる。劉備と義兄弟の契りを交わし忠誠を誓い、義に厚く義に生きる関羽は断固として劉備の元に戻るという。

あれこれと策を練る曹操。その一つなのかもしれませんが、なぜ関羽の夕食(お酒?)の中に媚薬のようなものを入れたの?関羽の幻想によって関羽の綺蘭への本心が詳しくわかったけど、曹操側にはどんな企みが??その綺蘭、関羽ともあろう人物が彼女のどこに惚れたんだろうか?顔は可愛らしいけど人物像としてはさほど魅力的に描かれてないのでイマイチ理解不能…。調べてみると綺蘭って架空の人物らしい。この物語に盛り込まなくてもよかったような気が^^;

”袁紹のところにいる劉備の元へ関羽を戻すのは虎を放つようなもの”と周囲は言うが、曹操は関羽と綺蘭が曹操の元を離れることを黙認。だが行く関所ごとに命を狙われる。と全体的にこのような内容。

全体的に剣を使うアクションが多く、見せ場となるシーンも多かったと思います。ただ屋内のシーンでところどころ画面全体が暗かったような…。機内のパーソナルテレビで見たから?毒が体にまわってからのシーンもそう。ってか毒が骨にまで達していたのによくあそこまで戦うことができたもんだ。さすが甄子丹w

しつこいですがいつも思うこと。中国歴史ものの作品を観る時は前もって勉強していた方がいいです。たとえば今作品の三国志を例にすると、どの部分が真実でどの部分が演出なのかわかりましぇん(><)。当然三国志全般通して理解してた方がいいに決まってます。さらにその前後の歴史を知っていれば、映画の流れも分かりやすいはず。最近、中国歴史ものを見る機会が増えたので余計そう思っちゃいます。でも壮大すぎて今更どこから勉強すればいいのやら~(TT)。

正直、見る前までは大柄な関羽をドニー・イェンが?なんて思いましたが、私自身が関羽を語れるほど理解してないので最後の方は特別違和感なく見れました。←初めて理解してなくて良かったと思った瞬間(笑)。
それより!曹操役の姜文さんが良かった!存在感ありすぎです。劉備はほんの一瞬の登場。張飛は…?気付かなかったけどどこかに出てた?出てなかったよね?

個人的に忘れてはいけないのは王柏傑くん。『九月に降る風』で男気ある演技に惚れて2年。『ボディガード&アサシンズ 』では有力商人の息子役で孫文の身代わりの役。そして今回は…。あれれ?なんだか演じる役がどんどん違う方向にいってるような?『九月に降る風』のような役どころが懐かしい…。男男している役の王柏傑くんが見たいなぁ。

今作品、明日(1月14日)から劇場公開。今度は大きなスクリーンで見ようかどうか検討中。でももし見たら、私が機内で見た感想が間違えだらけだったと気付くかもしれないのがちと怖い^^;

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは~
久しぶりにブログにアップいたしました~
さてさてこの作品、TKATさんがおっしゃるように
綺蘭いなくてもいい、という感じでありました。
恋バナがないと寂しいから、といった理由で盛り込んだのかしらん?
全体的にはアクションはすばらしくて、見入っていました。
>曹操役の姜文さんが良かった!存在感ありすぎです。
そう!そう!(しゃれてみました:笑)
またどこかで別の曹操やってください!なんてね。
王柏傑くんの役柄は、ちょっと…という感じでしたね。
三国志の一部を切り取って映画にするのはほんとに
むずかしいもんだなあと、いつも思いながら観ています。
2012.01.30 15:33 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん^^
今思い出しても、綺蘭の存在は謎です…。
関羽からもらった剣で刺した時は「ぎゃ~!なにすんねんこの女は~!!」
って叫びそうになっちゃいましたもん。
もうちょっと魅力的な人物だと女性の存在もアリですが、綺蘭はないよ~(><)

王柏傑くんはホント後半グダグダでしたね~。
中途半端な野心もそうですが、最後のシーンも登場しない方がよかったかも^^;

>三国志の一部を切り取って映画にするのはほんとに むずかしいもんだなあと、いつも思いながら観ています。

本当にそう!私は今作品の内容が「過五関斬六将」からだと
後になって違う方のブログで知りましたもん。
ってか「過五関斬六将」自体も初めて知った次第で。。
ネットカフェで横山光輝さんの「三国志」を最初から読もうかしらん。
でも単行本は60巻もあるのよね…。気が遠くなりそうですぅ
2012.01.31 18:00 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/890-7e07ce3e
三国志英傑伝 関羽
2011年/香港・中国/ 1時間49分 監 督  莊文強(フェリックス・チョン)麥兆輝(アラン・マック) 原 題  関雲長 英 題  THE LOST BLADESMAN 出 演 甄子丹(ドニー・イェン)姜 文(チアン・ウェン)孫 儷(スン・リー) 安...
三国志英傑伝 関羽
ドニー・イェン祭りの最後を飾る(…と勝手に。2011年の「ドニー・イヤー」は本当に楽しませていただきました。が、今年は一体どの位公開されることやら…)「三国志英傑伝 関羽」。ポスターももらえるし、と、張り切って前売りを買い、さて…と思うに、三国志系大好きの...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。