TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「冷たい熱帯魚」

『冷たい熱帯魚』  COLDFISH

冷たい熱帯魚

製作年:2010年
製作国:日本
監督:園子温
出演者:吹越満、でんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、梶原ひかり、渡辺哲、諏訪太朗


<簡単なあらすじ>
2009年1月19日、社本熱帯魚店を営む社本信行(吹越満)のもとへ娘の美津子(梶原ひかり)がスーパーマーケットで万引きした店から電話が入る。雨の中そこに駆けつける社本と後妻の妙子(神楽坂恵)。そこで救ってくれたのは、店長の知り会いである巨大熱帯魚屋アマゾンゴールドのオーナー村田幸雄(でんでん)だった。その帰り、村田の店に連れて行かれる社本家族。そこで村田は美津子にここで働いてはどうだと提案し、住み込みで働くことに。その後、アマゾンゴールドに出向いた社本は顧問弁護士の筒井(渡辺哲)と、ビジネスパートナーの吉田(諏訪太朗)を紹介される。そこで高級魚のビジネス話に巻き込まれ、村田が豹変し、犯罪に加担せざる状況になっていく。引き返せない道に入ってしまった社本は…

<感想>
初園子温作品鑑賞。顔アップの映画紹介を見て上映時から興味があった作品。でも園子温監督も知らないし、どんな内容なのかもいまいち理解せずにDVDを借りて観たら…どえらい内容でびつくり!埼玉愛犬家殺人事を参考にした内容なのは知ってましたが、この事件をよく知らず…。観終えたあとは呆然とし、どっと疲れちゃいました。そうなのか、これが園子温ワールドなのか!

継母を嫌う娘の美津子と、明らかに現状に満足してない妻の妙子。両方に気を遣いながら小さな熱帯魚店を営む社本。そんな家族に変化が訪れたのは巨大熱帯魚屋のオーナー村田幸雄と出会ってから。娘の万引きを目撃し、その場を救ってくれた村田はどこにでもいそうなよく喋るおっちゃん。最初からやけにボディタッチが多いのが気になるところですが、現状に満足していない者にとってはさほど気にならず、言葉巧みに人の懐に入り込むにはそう時間は掛からず。社本の心が弱すぎて付け入られてしまったのか、社本を見ていると昔の自分のようで気にかけてしまったのか。

この村田を演じるでんでんさん、人が良さそうで陽気で、少しおしゃべり過ぎるかなと思いつつも人の心理をちゃんと把握してたりする。弱みにつけこみ自分のペースに持っていく。第三者から見ると騙されるな!と思うんだけど、社本家族のような当事者だったら劇中のようにあれよあれよと従ってしまうのかも…と思うと怖い。

このでんでんさんの演技が怪演すぎてまた怖い!大声でまくし立てる姿は少々ウザいものの、時には脅迫じみたこと、時には人生の説教、時には理解ある存在感大ありのおっちゃん。

でんでんさんの妻役の黒沢あすかさんも怪演!最初はどこにでもいそうなエロいお姉さんという感じだったのが、村田との共同作業中は楽しいぶっ飛んだエロいお姉さん、最後の作業で社本を見る眼差しは最高にキュートなエロいお姉さんに。特に村田との共同作業中に、2人でリズミカルな言葉の掛け合いをする姿はグロいシーンなのに可笑しすぎて笑ってしまった。この作業に慣れ、全く悪意なくこの作業をしてると思うとそれはそれで怖いけど。

ラストにまたびっくり。そうきたかと。知ってはいけない破滅の世界に足を踏み入れてしまった感が・・・。ブラックな笑いもありつつ、全体的に絶望的でどうしようもない感じ。予備知識のなかった私には強烈な内容でした。観終えたあと、少しの間なにも手につかなかったですもん。

何を伝えたかったのか正直理解できませんでしたが、その辺りのことは深く考えず、エンターティメントとして観た方がいいかも。吹越満さん、でんでんさん、黒沢あすかさんの演技が素もこんなんじゃないの?と思えるほどの演技ですんごく良かった!(素だったら余計怖い) はー、パンチ効いてました。ところで日時や時間が字幕で出る意味は何かあったのかな?なんか意味あるのかとついつい目がいっちゃったけど。それと愛子はどうしてあの段階で死ぬことなく普通に行動出来るの?もしかして軽傷だったの?

wikiによると、ヴェネツィア国際映画祭、トロント国際映画祭、釜山国際映画祭で上映されたそうな。世界からみてこの内容はどう映ってるんだろう?そして同監督による実際の事件をベースとしたシリーズ「家賃3部作」の第1作目とのこと。2作目3作目はどの事件をベースにしているんだろう。現在公開されてる『恋の罪』が2作目なのかな?

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/880-19a6000e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。