TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1911」

『1911』  辛亥革命  XINHAI REVOLUTION

辛亥革命

製作年:2011年
製作国:中国/香港
総監督:ジャッキー・チェン(成龍)
監督:チャン・リー(張黎)
出演者:ジャッキー・チェン(成龍)、ウィンストン・チャオ(趙文宣)、リー・ビンビン(李冰冰)、フー・ゴー(胡歌)、ジェイシー・チェン(房祖名)、ジョアン・チェン(陳冲)、スン・チュン(孫淳)、ジャン・ウー(姜武)、ニン・チン(寧静)、ユィ・シャオチュン(余少群)、デニス・トー(杜宇航)

<簡単なあらすじ>
20世紀初頭の中国、列強諸国による勢力が強まり、清王朝は衰退の一途をたどっていた。そんな中、国を憂う若者たちが立ち上がり、孫文が指揮をとる中国同盟会をはじめとする革命組織が各地で結成される。孫文が最も信頼している右腕の黄興が現場指揮をとり、中国同盟会の仲間と共に広州蜂起を行うが、失敗に終わっただけでなく多くの同志を失ってしまい黄興も負傷。悲しみに暮れる黄興を支えたのは、中国同盟会の調整役や現場で看護役をしている徐宗漢だった。彼女の仲間たちの支えがあり、再び同士たちと立ち上がる黄興。度々蜂起を起こし、1911年、ついに武昌蜂起が成功する。一方、この状況に対し王朝は袁世凱に革命勢力を鎮圧するよう命じるが、袁世凱には思惑があった。果たして孫文、黄興らは新たな中国を作ることができるのか。
1911年の辛亥革命から100周年を迎える2011年、ジャッキー・チェンによる構想10年、総製作費30億円の歴史エンターテイメント超大作。

<感想>
今まで中国歴史系の作品を観た時、時代背景がよくわからず、今後中国歴史の作品を観る時は時代背景の歴史を勉強してから…と思っていたのですが、またもや何もせず鑑賞。でも冒頭に『レッドクリフ』のように時代背景の説明があったり、王朝vs革命家とはっきりしてるのでなんとな~く理解できたような気がします(もちろん気だけですw)。といっても、この作品に限っては辛亥革命をしっかりと理解してなくても、中国の変革に奮闘した大勢の革命家たちの思想、生き様、立ち向かう姿勢、想いが伝わってきたので個人的には満足^^

中国歴史に相変わらず疎い私、辛亥革命という名をかろうじて知っているだけで、黄興をはじめたくさんの革命家たちを初めて知りました。昨年から孫文絡みの作品を観る機会があったのですが、今まではほんのちょっとの登場。今回はほぼ主役級なので孫文の海外での活動、黄興に対する信頼、黄興や革命家たちからの信頼なども知ることができました。といっても映画なのでどこまで事実に忠実なのかわかりませんが~^^;

祖国を何とかしたいという思いだけで自分の命を賭けて立ち向かう。大きな犠牲を払うことになってもまた立ち上がる。全ては国のため、自分たちの未来のため。指揮をとる孫文、参謀の黄興を軸に、大勢の名もなき若者たちが中国の未来を切り開こうとするスケールの大きい歴史大作。今作品は戦ってるシーンが多いような気がしました。最初の方は「俺が行くぜ!」と、総指揮官なのに死を覚悟に前へ出ようとする黄興。それを必死に止め、代わりに自分が行く勇気ある若者たち。そうやって同士たちの国に対する想い、また命の尊さから、後半では戦いに出てる若者たちに敵が攻撃してくる時には命を無駄にするなと言わんばかりに「隠れろ!」と。現場にいることもあり、同士たちが未来の国のために自分の命さえも自ら犠牲にするほどの重さを十分すぎるほど理解している黄興がよくわかります。

パンフに書かれてましたが、辛亥革命は資産家の子弟らが起こした革命。孫文、黄興をはじめとする革命家が多くが日本に留学したり高い教育を受けるという恵まれた環境にいたそうな。なるほど。あと、当時の中国の軍服にはドイツ式、日本式があったそうで、北方の袁世凱はドイツ式、南方の革命軍は軍服も武器も日本式なんですって。映画を観る前にパンフちゃんと読んでおけば良かった(TT)。そしたらこの辺りをチェック出来たのになぁ。あと、革命の志士たちの多くがかつて西太后が日本へ留学させた学生たちや、袁世凱に設立された(新軍)の兵士たちだったということ。これは確かに皮肉だわ。

辛亥革命をしっかりと理解してなくても観れると最初に書きましたが、やはり辛亥革命辺りの歴史を知ってる方が断然楽しめると思います。多分ですが、前半の蜂起で何名か亡くなるのですが、もしかしたら歴史に残っている有名な革命家なのかもしれないので。。それがわからない私はもどかしい~
ところで劇中に登場するホーマー。彼は有名な人なの?私にはどういう役割の人だか全くわからず、さらにそれほど上手い演技とは思えず(すみません!)。でも皆で撮った集合写真にはちゃっかり写ってるんだよねー。もしかして実在した人物だったんだろうか。

孫文絡みの作品、あるいは同時期は多くありますが(孫文が主役だったり名前だけの登場だったり)、さまざまな方面から描かれているので面白いです。なんだか中国歴史に興味が湧いてきたぞ!『ボディガード&アサシンズ』 では香港が舞台で『赤い星の生まれ』では臨時大総統に就任した後の中国の話(だったと思う)。今度は孫文と黄興が中国同盟会の結成を行ったとされる日本が舞台の作品が観てみたいなぁ。すでにあるのかしらん?

P.S 今回、私が知っている出演者は限られており、『赤い星の生まれ』のように豪華スター総出演しゃなくてよかった。私が知らないだけで、『1911』の出演者も豪華なのかもしれないですケド^^;おかげで知っている俳優探しをすることなく、ストーリーに集中できました~

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは~
エンターテイメントとしても、歴史大作としても楽しめる作品でしたね。
>今作品は戦ってるシーンが多いような気がしました。
そうですね。武器をよく知る方のレビューによれば、
その方面での、細かい時代考証がなされていたとのこと。
軍服や武器を見せる、という意味もあったのでしょうか。

>今度は孫文と黄興が中国同盟会の結成を行ったとされる日本が舞台の作品が観てみたいなぁ
ほんとに。風貌の全く違う二人がどのように意気投合したのかに
興味があります。

国外を観た経験のある者が、国内の矛盾(圧政)を放っておけなくなった
ということですね。
ある程度恵まれた環境にいた人々であるのもわかります。
孫文に惚れこんでいるホーマーもまた、面白いキャラだと思いました。
詳細は全く知らないのですが。
孫文を取り巻く人物は数限りなくいるんだなあ、という思いを
新たにしています。

2011.11.23 07:30 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
おはようございまーす☆
徴兵されてとかではなく、自らの信念を持って若者たちが
立ち上がり、そして散っていく姿は私も観ていて悲しかったです。

『1911』で私が知っている人物は孫文と袁世凱と溥儀だけですが(少なっ!)、
今作品で、林覚民や冒頭で斬首された秋瑾の背景も気になりました。
林覚民の妻へあてた手紙は、中国で最も有名なラブレターとされ
高校の教科書にも掲載されてるとか。
ついでに袁世凱の孔雀の森さんがおっしゃる
"顔を背けたくなるような嫌な人物"ぶりももっと知りたい(笑)。

そうそう、今作品のパンフは登場人物の関係図や年表、
日本人との関わりなど、見やすく読み応えがありました。

次は『新少林寺/SHAOLIN』が観たいです♪
あらすじを読むと辛亥革命後の話みたいですしねー。
時代の流れ的に『1911』の次に観ると時代背景がわかりやすそうです。
もう公開されてるので早く行かないと上映終わっちゃう~
2011.11.23 10:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/879-bafde4c8
1911
2011年/中国・香港/2時間3分(劇場で鑑賞) 総監督  成 龍(ジャッキー・チェン) 監 督  張 黎(チャン・リー) 原 題  辛亥革命 / Xinhai Revolution 出 演 成龍(ジャッキー・チェン) 趙文&...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。