TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いっぱい、ごめんネ。」 小向美奈子

『いっぱい、ごめんネ。』  

いっぱい、ごめんネ。

 著者:小向美奈子
 出版社:徳間書店





<簡単なあらすじ>
初体験、高校退学、DV、同棲、所属事務所解雇、浅草ロック座への出演…。これまで明かすことのなかった、壮絶な過去、そして現在。トップアイドルは、なぜ覚醒剤に溺れていったのか…。「もう二度とクスリには手を出さない!」と堅く誓った小向美奈子の初めての自叙伝。オリジナルCD(「Iam Scandal」「Material World」の2曲を収録)付き。
(内容紹介から引用)

<感想>
この間、何気に夜中のテレビを見てたらマツコ・デラックスさんがこの本を話題にしており、「ある意味スゴいわよね~、この本」みたいなことをおっしゃってて、気になったので借りてきました。といっても小向美奈子さんをちゃんと知ったのは逮捕された時だけど…^^;

2009年1月22日、覚醒剤取締法違反で逮捕され留置所に入り、そこで人生のいろんな事を振り返り、そうやって思い出したことをベースに書いたそう。小学生で初めてタバコを吸い髪にメッシュを入れ、登校拒否、性関係、グラビアアイドル、クスリ、DV、解雇、逮捕、浅草ロック座出演と、今までの自分を振り返っています。最初の方から少しずつ触れて書かれてますが、一番驚いたのが15歳で妊娠。そしてその子供の父親のくだり。そう、マツコ・デラックスさんはこの辺りの内容をテレビで「本当なの~?」と話してたんです。

冒頭の方で、こんなことになり両親・妹・兄はどれだけツラい思いをしているのだろうと心配してるものの、その他の内容はイマドキ(?)女性のノリの文体・内容で、まるでケータイ小説を読んでいるみたいな感覚。

ちょっと驚いたのがタバコを吸った理由。「タバコは20歳になってからという社会のルールを知らなかった。ダメなら先に言ってくれないと」。いい訳ではなく、本当に社会の常識を知らないのなら、両親、周りの大人たちとコミュニケーションがうまく取れてなかったのかなと。

このままだと堕ちていくばかりで心も身体もボロボロになる。と自覚はあるものの、他人に左右されやすいというか遺子が弱いというか。とにかく男性に依存しすぎ感がものすごいある。寂しさに耐えられない、1人じゃいられないという性格のようで、心も身体もスキだらけ。本人も重々承知しているんだけど、どうしようもない状態だったみたい。

自ら堕ちていった出来事を最初から見つめ直そうと、消しきれない事実を明らかにし、みんなに伝える義務が私にはある。そして自分自身ももう一度前に歩き出すために…。ということで本書を書いたそうですが、赤裸々な性行為、男性遍歴は真実だとしてもここまでさらけ出さなくてもよかったのでは…。ご両親はどう思っているんだろう。だってまだ結婚前の若い女性なんだよ?逆に今時の女性だからここまで書けたということ?

仕事は楽しかったようで、仕事後には毎日クラブで仲間達とエネルギッシュに遊び、いかにも毎日が楽しい!という感じ。それにしてもクスリ、数々の男性遍歴。デビューしてからよくプライベートを暴露されなかったなと。私が知らないだけでもしかして過去に暴露された経験あり?

本書を小学生、中学生が読んで、「かっこいい生き様!」とか「私も毎日楽しく好きなことして過ごしたい」「私なら警察に捕まるようなヘマはしない。もっとうまくやるもんね」なんて思わないかが心配。←思わないか^^;

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/877-30ff2e57
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。