TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「終わりなき叫び」 <三大映画祭週間2011>

『終わりなき叫び』   A SCREAMING MAN / UN HOMME QUI CRIE

終わりなき叫び

製作年:2010年
製作国:フランス/ベルギー/チャド
監督:マハマト=サレ・ハルーン
出演者:ユースフ・ジャオロ、ディオク・コマ、ハジェ・ファティム・ングア、エミール=アボソロ・ムボ、ジェネバ・コネ

<簡単なあらすじ>
アフリカにある内戦下のチャド。高級ホテルのプール監視員の仕事をしている55歳のアダンと20歳の息子アブデル。アダンは元水泳チャンピオンで周囲からチャンプと呼ばれており、本人もそれを誇りにプール監視員をしていた。ある日、ホテルの支配人がワンに代わりリストラが始まる。仕事仲間のコックをしてるダビッドや門番がクビになる中、アダンはクビは免れたものの門番へ配置換えになる。プール監視員は息子アブデル1人がすることに。更衣室で自分の体を見て老いを感じ始めるアダンだった。ある日、地区長に呼び出され市民の義務である戦争寄金を払っていないと問い詰められるが、アダンはお金がないと答える。数日後、召集命令によりアブデルは徴兵されてしまう。息子がいなくなり、アダンはもとの監視員の仕事に戻るが…。そんな時、家にアブデルの恋人と名乗るジェネバが家にやってくる。町にも反乱軍が占領してき町中の人が逃げる中、アダンは駐屯地にアブデルを救出しに行く。

<感想>
元水泳チャンピオンでプールは自分の人生だと思っているアダン。息子と2人でプール監視員をしていたのにリストラが始まり、結果的に監視員を任されたのは息子で、アダンはクビは免れたものの門番へ異動。普通なら、自分がどうなっても息子がクビにならず現職に留まれたことに喜ぶのが親なんじゃ?と思うところですが、アダンは元水泳チャンピオンということで、誇りやプライドがありショックは隠せない模様。家でも食事中は無言でアダンの妻は「もう、なんのなのこの雰囲気?」って感じでいろいろと借りにくる近所の人にも嫌味を言うぐらい。自分はまだまだいけるんだぞ!若いんだ!と言わんばかりに夜に腹筋の練習をするアダン、でも現実は残酷です。門番の仕事に移り、生きる気力がなくなってしまったよう。表情を変えずじっとする姿が印象的。何を思い何を考えていたんだろう。

内戦も進んでおり、戦争寄金を払っていないアダンは地区長から咎められ、もし3日以内に払わなければ…と。その結果、息子が徴兵されてしまうことに。連れていかれる息子を引きとめようとする妻は必死にアダンを呼ぶのに、アダンは家の中でじっとしているだけ。こうなることをわかっていただけにどうすることもできない。プール監視員の仕事に返り咲いたアダンですが、前のように生きがいとして働くのではなく、心ここにあらずで黙々と仕事をしてるだけ。そして国軍、反乱軍による内戦状況をラジオで聞く毎日。

ある日、アブデルの恋人と名乗るジェネバがやってくるのですが、彼女は17歳でマリが故郷の歌手。アブデルからのカセットを聞き歌うシーンがあり、思わず目頭が熱くなってしまいました。そんな中、町の人々もどんどん逃げていってしまうぐらい反乱軍が迫ってき、あの地区長でさえも家族を連れてそそくさと町を離れようとしている。アダンも妻から逃げようと言われるも「仕事が…」と。映画を通し、冒頭で流れるテレビ映像以外は内戦の映像はなく、アダンが聞くラジオから流れる内容しか内戦状況はわかりません。

いくらアダンが断食しようが、息子の代わりに入隊したいと思っても、神は助けてくれないし内戦もひどくなっていくばかり。自分のせいで軍隊に徴兵された息子のところにバイクで行くのですが、息子は大怪我を負っており家に帰りたいと。その夜こっそり息子を連れ出して家路に向かう2人。川で泳ぎたいと言う息子のためにアダンは川(湖?)に行くのですが…。

自分の生きがいであった仕事を、年老いてきた自分にかわり息子に譲ることになったという葛藤、それを内戦状況と絡めて苦悩を描いているのですが、これが絶妙!観終わってから、冒頭のシーン、どちらが長く水中に潜っていられるかと競争をする仲睦まじい姿を思い出してしまいました。内戦中という現実、老いという事実、どうすることも出来なくなってからわかること。なんとも言えない余韻がずっと残ります。

エンディング、アブデルの恋人と名乗るジェネバが歌ってると思うのですが、アカペラで流れるこの曲は静かで、綺麗で、歌詞はわかりませんがこの作品にとても合ってて、ラストの余韻をそのまま残してくれてるような雰囲気。とても良い作品でした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/872-b3c29d97
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。