TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「密告・者」

『密告・者』  綫人  THE STOOL PIGEON    

密告・者

製作年:2010年
製作国:香港
監督・原案:ダンテ・ラム(林超賢)
出演者:ニコラス・ツェー(謝霆鋒)、ニック・チョン(張家輝)、グイ・ルンメイ(桂綸鎂)、ミャオ・プー(苗圃)、リウ・カイチー(廖啟智)、ルー・イー(陸毅)、パトリック・キョン(姜皓文)

<簡単なあらすじ>
香港警察の刑事情報課ドン(張家輝)は、ある犯罪組織に密告者ジャバー(廖啟智)を送り込むが逮捕寸前で正体がばれ、大怪我を負い現実世界に戻れないほどトラウマが残ってしまう。1年後、ドンは昇進するが妻(苗圃)のこと、そしてジャバーのことで罪の意識を背負っていた。そんな中、台湾帰りの凶悪犯罪者バーバイ(陸毅)を逮捕するため、ドンは出所したばかりでお金を必要としているサイグァイ(謝霆鋒)を新たな密告者として使う。サイグァイはバーバイの仲間のタイピン(姜皓文)主催の違法レースに出場し、タイピン、バーバイ、バーバイの彼女ディー(桂綸鎂)らのグループの運転手として雇われることに成功。そこで得た情報をドンに伝え、警察は彼らの行動を知ることになる。ドンは二度と密告者を危険な目に合わしたくなかったが…

<感想>
密告者とは、警察に潜入して捜査のようなことするいわゆるスパイ、使い捨てのような"警察のイヌ"のようなこと。密告者になってしまうと後戻りはできない。待ち受けているのは壮絶な結末。サイグァイはただ親の借金のカタにヤクザに娼婦として働かされている妹を助けたいだけ。そのためお金が必要なだけ。なので犯罪グループにはそれほど深入りせず、ドンに言われた通り情報を流すだけ。だが危険な道へ一歩一歩と近づいていっており…。

一方、ドンは警察内で新人に密告者を「友人のように接するように。だが友人ではない」と教えている。ドンは1人の密告者を瀕死の状態を負わせ精神を病ませてしまったことで、密告者に対し慎重になっている。密告者にも命がある。だがサイグァイを危険な目に遭わせたくないと願いつつも、上司からは密告者にとって酷な指示を受ける。さらにドンは私生活でも思い悩むことが。こちらも自分が原因で悲しい背景に。

ドン夫妻の話は切ない。2つのことで心に傷を持ち葛藤し続ける毎日。その苦悩さを張家輝が好演。謝霆鋒も良かったですが、私は張家輝の演技が一番印象的で残りました。彼の姿を見てると心情的なものが痛いほど伝わってくるほど。

いつもは落ち着いて静かな役が多いルンメイちゃん。今作品では少し化粧濃い目のメイクで、タバコを吸うわお酒は浴びるほど飲むわいつのもナチュラルな感じではないですが、下品に見えないのがルンメイちゃんのいいところ?大声で叫ぶバイオレンスなルンメイちゃんを初めて見たので、これはこれで大収穫。

密告・者2

ドンの妻役の苗圃さんは吹き替えでしたが(多分)、ルンメイちゃんは台湾からある事情で香港に来たという設定だったので広東語の吹き替えになってなくてよかった。よく考えたらサイグァイの運命を位置づけてしまった1人でもあるんだよなー。ルンメイちゃんにも悲しい背景があり、いろんな事情ってもんがあるんです。もしあの時、ルンメイちゃんがあんな行動に出なかったらどうなってただろう。サイグァイの運命はきっと変わらないんだろうな…。香港ノワールの世界で密告者の運命はこういう結末になることが多いですもん…。

カーチェイスや逃亡シーンなどはスピーディーで画面釘付けになり、ドンの私生活ではしんみり。そしてラストは緊張感たっぷり。気になったこと一つ。大きな蜂の巣の意味はなんだったんだろう。何かしら意味があるんだよね?気になる~。香港クライム・ヴァイオレンスということで結末は想像できてしまっても、最後の最後まで固唾を呑んで観ました。個人的に好きなタイプの作品でした♪

パンフによると、次回作は世界各国でロケしたアクション大作『逆戰』を控えている監督。なんと周杰倫と謝霆鋒が初共演らしい!来年の旧正月映画として上映予定だとか。日本公開になったら絶対観に行きます!いや、オリジナルDVD買います!楽しみだなー☆

-2 Comments

SOFFY says...""
これやってるのはかろうじて知ってました、お久しぶりですSOFFYです(笑)

大分前に観たから内容覚えてないけど、
チョンちゃんが良かったのは覚えてます!

昨年末から例の日本人俳優に浮気中でしたが、
そろそろ戻ろうかな?香港に。
と、思い始めてる今日この頃です。
2011.11.12 20:10 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
SOFFYさん、お久しぶり~!!
そうそう、今作品は現在上映中よっ☆
チョンちゃん良かったわ~。個人的にニコよりも良かったわ♪

>昨年末から例の日本人俳優に浮気中でしたが、 そろそろ戻ろうかな?香港に。

おっ、やっと決心してくれましたか!
例の俳優さん、少し前までテレビでちょくちょくお顔を
拝見してたので、熱はますます盛んになってるんじゃないかと思ってましたヨ。

なにはともあれ、もうじきSOFFYさんの香港映画の感想が
頻繁に見れる日が来るのね♪わーい、嬉しー♪♪
ブログ楽しみにしてますわ~。
2011.11.13 11:19 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/865-c6b34888
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。