TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ステキな金縛り」

『ステキな金縛り』

ステキな金縛り

製作年:2011年
製作国:日本
監督・脚本:三谷幸喜
出演者:深津絵里、西田敏行、阿部寛、竹内結子、浅野忠信、中井貴一、小日向文世、草剛、市村正親、小林隆、KAN、木下隆行、山本亘、山本耕史、戸田恵子、浅野和之、生瀬勝久、梶原善、阿南健治、近藤芳正、佐藤浩市、深田恭子、篠原涼子、唐沢寿明

<簡単なあらすじ>
宝生エミは失敗ばかり繰り返している弁護士。上司から最後のチャンスと、資産家の妻殺し容疑で捕まった矢部の弁護を任されることになった。矢部の話によると事件があった夜、とある旅館で金縛りに遭い、ずっと体の上に落ち武者が乗っていて動けなかったという。エミは早速その旅館に行き同じ部屋に泊まると、同じように金縛りに遭い落ち武者の幽霊、更科六兵衛と出会う。矢部のアリバイを証明してもらおうと裁判の証言台に立ってもらおうとするが、六兵衛の姿を見ることができるのはわずかな人たちのみだった。さらに死後の世界や超常現象を全く信じない敏腕検事の小佐野が弁護側に立ちはだかる。幽霊の証言は聞き入れてもらえるのか?エミは汚名返上となるのか?

<感想>
パンフによると、この法廷幽霊コメディは構想10年以上。タイミングや事情で今回やっと映画化が実現したそうな。予告編から面白さが滲みでており(特に落ち武者の西田さん)、気になってたので観に行ってきました!幽霊を証人として法廷に出すだなんて、おそらく三谷さん以外考えもつかない発想。三谷作品は今まで2作しか観たことがないですが、改めて思うとやっぱりスゴイ人なんだなー。ストーリーも面白いしキャスティングも凄い。

やはり何といっても出演者の豪華さ。主役級から脇役まで有名人がたくさん(≧▽≦)
特に好きな脇役シーンは生瀬勝久さん。面白すぎです~。そして冷静沈着な検事役の中井貴一さんのラブちゃん絡みのシーン。パンフに、中井さんのそのシーンの撮影時、三谷監督は異常なくらい楽しそうだったとw人が恥ずかしいことをしているのが大好きな人だとwwこれはホント見所だと思いました^^

落ち武者六兵衛役の西田さんはめちゃ面白くてチャーミング!コテコテの武士ではなく(多少はあり)、西田さんのキャラが存分に出てて存在そのものが今作品を魅力的にしている大要素かも。深津絵里さんもチャーミング。検事から「落ち武者を証人として呼んできたらどうだ」と言われ、本当に証人として連れてきちゃう。個人的には前髪を下ろしてない深津さんの方が好きデス♪

六兵衛は幽霊。なので彼の姿が見える人と見えない人がいてこれがポイントかもです。でも見える人と見えない人との違いは意外とあっさりというか、どうしてそれ?!って感じ?私には見えないってことね…(TT)。ありきたりだけど幽霊が見えない人には六兵衛と話している人は独り言を言ってるように見えるわけですが、その描き方がイイです。

ラブちゃんが登場したことで最後の件も想像できたりするのですが、トータル的に面白く観れました。でも最後に登場するあの方はちょっと長く引っ張りすぎのような…。ってかなぜこの方をキャスティング?今作品の中では浮いてたような…私がこの方のファンではないのでそう思うだけかも^^;

エンドロールではエミのその後が流れ、これがまた面白い!本編には登場しない人もいたりなんかしちゃったり。エンディングを深津絵里さんがメインで歌っており、コーラスで法廷ボーイズが歌っているそうで(パンフに書いてました)これがまたイイ曲なんです~。終了の仕方も面白いので最後の最後まで楽しめました。資産家妻殺しはおまけみたいな感じで(容疑者の矢部(KAN)がそれを代弁してくれてる?w)、これは三谷さんのベテラン出演者さんたちの生かし方を堪能する作品なのかなーと勝手に思ってマス。もちろん法廷ものストーリーもコメディならではの内容で可笑しく、また出演者さんの演技がピッタリハマってて面白かったです。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/864-ece450d3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。