TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あの頃、君を追いかけた」 <2011東京国際映画祭>

『あの頃、君を追いかけた』  那些年, 我們一起追的女孩  YOU ARE THE APPLE OF MY EYE 

那些年_ 我們一起追的女孩

製作年:2011年
製作国:台湾
監督:ジウバーダオ(九把刀)  
出演者:コー・チェンドン(柯震東)、ミシェル・チェン(陳妍希)、アオ・チュエン(敖犬)、ハオ・シャオウェン(郝劭文)、ツァイ・ チャンシェン(蔡昌憲)、ワンワン(彎彎)、ヤン・シェンユー(鄢勝宇)

<簡単なあらすじ>
1994年彰化、コートンと仲間たちは同じクラスの勉強ができるチアイーに想いを寄せており、それぞれがあの手この手で気を引こうとしていた。ある日、一番後ろの席で授業中に悪ふざけばかりしているコートンに、先生はチアイーの前の席に移るよう命じる。チアイーが後ろからコートンの背中をペンで突き勉強を促していくうちに2人の距離は縮まっていく。コートンも彼女に少しでも近づきたくて猛勉強するようになる。そして卒業式を迎え仲のよかった7人はそれぞれの道へ進むが…。九把刀監督の自伝的小説を自らが監督をし映画化したもの。台北映画祭2011観客賞受賞作。

<感想>
『あの頃、君を追いかけた』という過去形のタイトルから、今はきっと"君"は存在しない悲しい物語で、イメージ的に『九月に降る風』のような感じなのかなーと勝手に思ってたんですが、全然違いました^^;でも現代から入り、過去に戻りまた現代へという物語の大まかな構成や、アングル的に少し似ている部分があるような。同じ青春ものでも『あの頃~』には『九月~』のような重さはなく、笑える要素がてんこ盛り。

コートンや仲間たちのおバカぶりは面白い!コートンの両親までもがいいキャラしてる~。ママは天真爛漫だしパパは男前なのになぜか家の中で裸だしwほのぼのしている大人たちを見てるとこっちまで幸せになっちゃう。と同時に、台湾映画の青春ものって理不尽な大人たちが描かれることも多いような気が…。なんていったらいいんだろう、都合のいい大人たちにもまれて成長していくというかなんちゅーか。

高校時代の淡い恋愛模様は可愛くてよいな。恋愛を通して大人になっていく様を見てるみたい。大学に進学しコートンは格闘技大会を主催するも、チアイーから見ればただのケンカで自分を傷つけてるだけ。一方、コートンはただ単に格闘技は男の勝負ってカンジでかっこいい!と思ってる。そこから何も学ぶものがないとダメなのか?常に何かを学ばないといけないのか?とコートンは思ったり。

チアイーは大人になっていくのにコートンは幼稚な考えのまま。次第に2人は…。なんかわかるような気がする。女の子の方が考え方がどんどん大人になっていき、コートンのやってることが子供じみてると思えてくる。こうやってみな大人に成長していくんだなー。

高校生らしい(?)エロネタが多く、多分監督が好きなんであろう漫画ネタがところどころあったりするので、わかる人にはより面白く観れるんだと思います^^個人的にはキョンシーの話も好きだし、校内放送で呼び出される有名人の名前にも笑ったw名前は忘れたけど仲間の1人が台北に自転車で向かい、いつの間にか一周、二周としてしまうのも軽くウケました。そうそう、チアイーの女友達が高校生にしてはちと老けてるな(すみません!)と思ったら彎彎だった!絵は大好きなんだけど彼女の顔は全く知らなかったので驚いたぞ!

回想シーンがやや長いかなと思ったのですが、ところどころ劇中で描かれてなかった部分が描かれてたり、劇中とは違うシーン"パラレルワールド"があったりと楽しめる内容に。このパラレルワールドがくせ者で(いい意味で)「そんなことここでしちゃっていいの?!」とかなり驚いたシーンがありました。ドキドキしたけどいい意味で騙された~。今回の映画祭で一番観たかった作品。そして私が観た4作品の中で一番面白かった作品でした♪

映画始まる前に監督、柯震東、陳妍希の舞台挨拶がありました。全く知らなかったのでめちゃ嬉しい!デジカメ持っていっててよかったよ。どんな内容だったのかあまり覚えてないのですが、東京国際映画祭公式HPにその内容が記載されてました。こちら デジカメ持っていっててよかった☆
那些年, 我們一起追的女孩舞台挨拶

上映後、私の席の斜め前に座っていた男性がいきなり立って大声で「ありがとう!」と。熱狂的なファンなのかな?と思っていたら、ななななんと監督だった!!上映始まって遅れて座った方だとは知ってましたが、まさか監督ご自身だったとは!いやー驚きました。監督、こちらこそ魅力的な映画をありがとうです!

-6 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは~
とても面白い作品のようですね。
そして斜め前に監督さんが座っていたとは、ホントびっくり&ラッキーでしたね♪
アップされた写真からは、作品の魅力が伝わってくるようです。
日本で公開されたら、絶対観に行きます!
ほかの鑑賞作品のレビューも楽しみにしています♪
2011.10.26 06:57 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん。

可愛くて甘酸っぱくて青春してて成長していく物語で、
予想通り面白い作品でしたよ(^_-)☆
また監督のキャラが面白いんですの♪
台湾では有名な作家さんらしいのですが、日本ではまだ翻訳本は出てないんですって。
この映画を機にぜひ日本進出してほしいところです。

ちなみに中国語ジャーナル11月のインタビューがこの監督だったので、
思わず買っちゃいました☆映画のエピソードなども語られてますよっ。
機会があれば本屋さんでちょっくら立ち読みしてみてくださーい♪

日本公開あるといいですねー!
2011.10.26 20:22 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.02.06 22:09 | | # [edit]
TKAT says...""
はじめましてtaichoungfulさん。
コメントありがとうございます。
ロケ地巡りに行ったといっても、台湾の方がブログに載せているロケ地巡りを
参考にしたので、自分では殆ど場所を調べてなかったりします^^;

今作品はわりと観光地も舞台になっているので、
ロケ地巡りしながら観光と楽しかったですよ♪

今度、台湾に行った時はどの作品のロケ地巡りをしよかと検討中です^^
2012.02.07 18:20 | URL | #- [edit]
孔雀の森 says...""
こんばんは♪
そうそう、パラレルワールドはドキドキでした!!
やっぱりああいうシーンは期待していたわけで。
パンフによれば、実際彼女の結婚式には出たけれど新郎との
ああいうシーンはなかったとのこと。当然パラレルワールドは
あるはずもなく…。舞台あいさつでもそういう話題はあったのかしら。
あ、ごめんなさいね、ずっと前のことを質問してしまって。
ともかく最後は騙されてよかったです。(笑)

女の子が男の子の幼稚なところに眉をひそめる、というのは、
わかりますね~ ワタシほんとにコイツを好きなんだろうか…
なんて思ってみたりして。

とても楽しんだ作品でした。
2013.09.23 20:51 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
またまたこんばんは!
そっか、私は映画祭で観たからパンフはなかったけど
日本公開だとパンフがあるんだった!
映画祭の利点は日本未公開のアジア作品が観れるけど、
その作品専用のパンフがないのが痛い~(><)。
まだ関東では上映してるかしら。パンフだけでも購入したいワ☆

作品内で主人公の女の子の友達役だった方、台湾では超超有名な
漫画家「彎彎」さんなんですよー。
ちなみに作品内の役名は本名の胡家瑋なんです。
可愛い絵を書く方で私も漫画本持ってマス♪語学の勉強になりマス♪
http://cwwany.pixnet.net/blog

>当然パラレルワールドは あるはずもなく…。舞台あいさつでもそういう話題はあったのかしら。
挨拶挨拶は上映前だったような気がするので、
おそらくなかったような……?多分…
記憶力が曖昧でまことに申し訳ないっす^^;
2013.09.25 22:52 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/856-9ea8c481
映画「あの頃、君を追いかけた」青春真っ盛りのドタバタ、ラストはしんみり
映画「あの頃、君を追いかけた」★★★★ クー・チェンドン、ミシェル・チェン出演 ギデンズ・コー監督、 110分、2013年9月14日より全国公開 2011,台湾,ザジフィルムズ、マクザム、mirovision (原題/原作:那些年,我們一起追的女孩)
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。