TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゴーストライター」

『ゴーストライター』   THE GHOST WRITER

ゴーストライター

製作年:2010年
製作国:フランス・ドイツ・イギリス
監督:ロマン・ポランスキー  
出演者:ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリビア・ウィリアムズ、ティモシー・ハットン、トム・ウィルキンソン、ロバート・パフ、ジョン・バーンサル、ジェームズ・ベルーシ、イーライ・ウォラック

<簡単なあらすじ>
元英国首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆をすることになったゴーストライター(ユアン・マクレガー)。前任者マカラが酒を飲み溺死したための後任だった。報酬条件は良かったが、ラングとラングの妻、そして秘書が滞在しているアメリカ東海岸の孤島に滞在、近くの宿に宿泊しながら元首相の邸宅と行き来しながら過酷な期限内で仕事をすることに。そんな中、元外相ライカートがICCにラングの調査を依頼したというニュースが流れ、ゴーストライターは邸宅内で仕事をするためマカラがいた部屋を用意される。そこでマカラの私物から気になる写真とそこにメモされていた番号に不審に思ったゴーストライターはマカラの死について調べ始める。マカラは一体なにを掴んでいたのか?ゴーストライターはそれを気づくことが出来るのか?

<感想>
雨の中に港に入ってくる船。船から次々と降りる車、だが一台だけ動かない車。そして海辺に打ち上げられた死体。全体的に暗い雰囲気で映像はなんとなくひと昔風。と、なかなか渋い冒頭。

ゴーストライター(劇中、彼の名前は一度も出てこず)は条件のもと、高報酬で元英国首相ラングのゴーストライターをするために彼がいる孤島へ行くのですが、そこには彼の妻ルースと秘書アメリア、警備員、使用人がいます。妻と秘書の間には何かしらただならぬ空気が。食事を作ってくれる使用人といつも外で掃除をしている人がところどころ映しだされ、この2人にはなにか伏線があるのかと凝視してしまった。。

音楽、その音楽の使われ方からサスペンス的な雰囲気がじわじわと。この音楽はどこか不吉な感じで心理的にとても効果的。淡々とストーリーが進む中、この音楽の効果からか退屈させない展開になってるような気がします。サスペンス的と書きましたが、ユアン・マクレガーの会話は時々ちょいユーモアが含まれており、暗くならずバランスがいいなという印象。パンフには英国風ユーモアと書いてありましたが、英語が全くわからない私にはどこが英国風なのかわからず~(悲)でも会う人会う人に「英国人だろ?」と言われてるので発する言葉からもう英国風なんだろう。多分。

ユアン・マクレガー主演で最近観たのは(最近といっても1年前だけど^^;)『フィリップ、きみを愛してる!』。可愛らしい役から『トラインスポッティング』のジャンキーな役まで幅広く演じることが出来る人だなー。でもこの作品を観て思った。ちょいと顔にシワなんぞが刻まれ渋い男性になってきてる♪

そんなユアン・マクレガー演じるゴーストライターですが、私には理解できない行動が…。敵か味方かもわからない人物に電話で助けを求めたこと、真実を知った後、その内容をある人物に伝えたこと(しかもシャンパンを片手にかっこよく)。後者が「僕、わかっちゃったよーん」的なアピールならどうしようもない…

わからないことも幾つか。あのラストは偶然?それとも仕組まれたもの?仕組まれたものだとすると真実が書かれたメモをある人物が読んでから発令されたものではなく、すでにそういう計画になっていたということ?あと元首相の警護って甘くない?ついでに前任者の部屋の私物を処分せずに置いておいたり、車のカーナビも調べないなんてどこかぬけてるような…。と単純に思ったりしたのですが、も、もしやこれも意図的で意味あるもの?!仕組まれたものなのか?!

全体的にわかったようなわからなかったというのが感想。これは私の勉強不足かも…。ロマン・ポランスキー監督の作品は何作品か観たことがありますが、監督の映画の特徴を把握してなかった。CIAについてよくわかってない。元英国首相アダム・ラングのモデルと言われているブレア元首相の政治内容を全く知らず、劇中の元首相とブレア元首相のどこがかぶってるのかわからず(なのでモデルと言われてもピンとこない)。これだけわからなくても全体的にじわじわっとくるサスペンスの雰囲気は良かったです。あとゴーストライターが宿泊していた宿の受付の子、あの格好は何に影響されてるのww

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/851-549b187c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。