TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安閑園の食卓:私の台南物語」 辛永清

『安閑園の食卓:私の台南物語』

安閑園の食卓 私の台南物語 (集英社文庫)

 著者:辛永清
 出版社:集英社 集英社文庫





<簡単なあらすじ>
20歳まで台湾で暮らし、30数年間日本で生活していた辛永清さんは日本で活躍した台湾出身の料理研究家。その辛永清さんが綴る下記の12章からなるエッセイ(のようなもの)。

宝石売りのおばあさん / 父の誕生日 / 一族の絆 / 血液料理をご存知ですか / 仏間のお供えもの / 二人のお医者さん / 内臓料理の話 / 南の国の結婚式 / お正月のご馳走 / 恵おばのこと / 大家族の台所 / 紅桃姑の精進料理

<感想>
友人から薦められたので図書館で借りてきました。画像は集英社文庫から復刊された本ですが、私が図書館で借りてきたのは昭和61年刊で文藝春秋から出版されたもの。

幼少時代の大部分を過ごした台南市郊外の屋敷「安閑園」。ここでの生活が著者にとって思い出深いようで、家族、家で出された料理、暮らし、伝統や風習が書かれています。各章の終わりにその章で話題になった料理のレシピも記載。読んでいて「これ食べたいなー」と思ってもできれば自分で作るより、その料理に精通している人が調理したのを食べたい♪「什錦全家福大麺」が美味しそう~。ついでに"萬川"の肉饅頭も食べてみたいなー。

父親は実業家、政治家でもあり、学校教育にも力を注いでおり大変忙しい人(日本植民地時代末期では台湾総督府の要職)。とにかく超裕福な家庭で家でパーティを開いたり、広大な敷地には兄夫婦の家があったり滝も噴水もある庭園も。さらに農家ばりの野菜畑もあり、豚・鶏・七面鳥の飼育場、馬小屋などなどハンパないです。。当然使用人も大勢おり大邸宅。

家長らしく人格者の父:辛西准、料理が上手で躾に厳しかった母、誠実な使用人たち、豊かな生活、大勢の家族に囲まれている環境。そんな中、小さい頃からお客様を迎える作法を身に付け、さらに台所で母親や使用人が料理を作るのを見て覚えたそうな。恵まれた環境で育ってきた著者は、文章からも品の良さ、感情の豊かさが伝わってきます。始終、著者がずっと自分のことを中国人というのはなぜ?と思ってましたが、その鍵はどうやら父親の辛西淮さん方にあるようです。

台南での暮らしやレシピはどれも楽しく読め、著者の半生を綴ったような1冊。よくこれだけのことを覚えているなと感心しちゃいました。特に当時の古き良き台湾での暮らしの様子が興味深かったです。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/822-50d60e8f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。