TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラスト・チャイルド」 ジョン・ハート

『ラスト・チャイルド』  THE LAST CHILD

ラスト・チャイルド (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1836)

 著者:ジョン・ハート (John Hurt)
 訳者:東野さやか
 出版社:早川書房 ハヤカワポケットミステリ №1836 




<簡単なあらすじ>
1年前、13歳のジョニー・メリモンの双子の妹アリッサが誘拐され、まもなく父親は失踪、悲しみに打ちひしがれてしまった母親は地元の有力者ケンによって薬と酒に依存するようになっていた。そんな中、ジョニーは学校をさぼり友人ジャックの助けを借りながら、危険な状況にも臆せずアリッサの行方を懸命に探していた。その様子を見守る刑事ハント、彼は当時アリッサ誘拐事件を担当していたが、何の手掛かりも発見することができず、その結果、事件にのめり込みすぎて妻は出ていき1人息子との間にも溝ができていた。ある日、ジョニーの目の前で事故が起こり、ある男が発した言葉で事件が動き出す。

<感想>
読み始めて思ったのはなんて重い話なんだろうと。妹が誘拐され幸せだった家庭が崩壊。救いようのない背景、さらなる事件、遺体の数々…。ジョニーに一筋の明るい光が差し込む日が来るのだろうか。警察ですら解決できなかった事件を13歳の少年1人の力でどうにかなるのだろうか。

妹が誘拐された時、必ず見つけると言ったのに未だ全く進展していないハント刑事を信用しておらず、逆に家庭環境から社会福祉局に連絡され母親と離されるんじゃないかとジョニーは警戒。ハント自身の家庭も崩壊しており、仕事と個人的感情のはざまで苦悩してます。ジョニーの友人であるジャックの家庭も問題があり、主要人物の3人ともが家庭問題で苦しんでいる状態。

こんな状況下の中たった一人で調べ、危険を顧みない行動力はすごい。いや、親といい親戚といい刑事といい、頼れない大人ばかりが周囲にいるため13歳の少年にここまでの行動を起こさせてしまたのか?頭の回転が速く力強い行動をしつつも、その中に脆さが見え隠れするジョニー。痛々しすぎる。

神の存在やインディアンのくだり、13歳の少年が自動車を運転していたり銃を抵抗なく持ったりするのは(必要であったとしても)いかにもアメリカ的な内容。またジョニーの目の前での事故、神を信じる男の登場シーンなどあまりにも出来すぎた偶然がちょっと多いような気が…。なんていうんだろう、この神を信じる男の存在が物語を非現実的な雰囲気にしてる部分が多少あるかも。

暗い展開で進むストーリーですが読み応えがあって重厚な内容。不幸のオンパレードを詰め込み、最後は一体どうやって解決するんだろうと思いながら読みました。ジョニーをはじめ、それぞれの家庭の苦悩と再生、友情、神、裏切り、信頼、憎悪等々いろんな要素があるものの、やはり崩壊した家族が再生していく家庭が一番の見所かな。

タイトルになってる『ラスト・チャイルド』、読み終えていろんな意味合いが込められてるんだと納得。奥深いタイトルだったのね。早川書房創立65周年&ハヤカワ文庫40周年記念作品としてハヤカワ・ミステリ文庫版と同時刊行された本書、納得の長編ミステリでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/821-88e02579
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。