TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ストーリー・オブ・ラブ」

『ストーリー・オブ・ラブ』 THE STORY OF US

ストーリー・オブ・ラブ 特別版
  製作年:1999年
  製作国:アメリカ
  監督:ロブ・ライナー
  出演:ブルース・ウィリス、ミシェル・ファイファー、
      ロブ・ライナー



<感想>
結婚生活15年の夫婦の葛藤を描いたハートフル・ムービー。
夫、妻それぞれの立場から描いたラブストーリーで、コミカルにそして少し心温まるラブストーリーといった感じ。


2人の子どもの前ではとても仲のいい夫婦を装っているベンとケイティ。しかし子どもたちがキャンプに行った後2人は別居するものの、やはり少し寂しい気持ちになりお互いが気になるベンとケイティ。しかし以前の2人にはもう戻れない。そんな2人が出した結末とは?
2人は子どもの前では大げさすぎるぐらい仲の良さをアピールするビルなのですが、そんな様子に気付いている子どもの振る舞いが切ない・・。こんな2人を盛り上げてくれてるのが、久しぶりに夫婦だけで夕食をとる時に流れるエリック・クラプトン。「ワンダフル・トゥナイト」(多分)がとても合ってて大人の雰囲気が出てます。
夫婦2人、それぞれの立場から知り合ってから現在までを振り返っているのですが、ブルース・ウィルス自身が若き日を演じる時の髪型に違和感を覚えたのは私だけじゃないはず・・・。もしかしてここは笑うシーン??

子供たちのキャンプ最終日に迎えに行った時、妻のケイティが高まる感情を一気にまくしたてるシーンはとっても印象的。自分の気持ちを素直にここまで言うケイティに感情移入してしまうほど。別れを決めた倦怠期の夫婦であっても、お互いを知り尽くしているという15年の歴史の積み重ねが大事ってこと?でもこれは映画の中の話。現実で長年結婚生活を送ってる人から見れば「ふんっ、そんなに結婚生活は甘か~ねぇよ」って思う人もいるかも~(笑)。
もひとつ印象的というか面白かったシーンは、夫婦の回想シーンに登場する分析医の先生たち。ものすごく特徴あるユーモアな先生たちです♪

個人的にミシェル・ファイファーの一気にまくしたてるシーンが気に入ってるので(というかブルース・ウィリスよりミシェル・ファイファーの魅力の方がインパクト大)星4つあげたいとこですが、この夫婦はまた同じことを繰り返しそうなので星3つ!

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/82-1cf126a8
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。