TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イップ・マン 序章」

『イップ・マン 序章』   葉問  IP MAN

イップ・マン序章1

製作年:2008年
製作国:香港
監督:ウィルソン・イップ(葉偉信)
アクション監督:サモ・ハン・キンポー(洪金寶)
出演者:ドニー・イェン(甄子丹)、サイモン・ヤム(任達華)、リン・ホン(熊黛林)、池内博之、ラム・カートン(林家棟)、ルイス・ファン(樊少皇)、シン・ユー(行次)、ウォン・ヤウナム(黄又南)、デニス・トー(杜宇航)、カルビン・ チェン(鄭家星)
 
<簡単なあらすじ>
1935年、佛山武館街(佛山は南派武術の発祥地で修道場の武館が立ち並ぶ武術の里)。妻の永成と息子の準と一緒に暮らす葉問は武館を持たず、佛山に住む人々の稽古相手をしたり相談に乗ったり、清泉からは綿花工場を共同経営しようと持ちかけられたりしていた。その頃、北方から佛山にやってきた金山找たちは次々に北少林寺拳法で武館を荒らしていき、そして葉問のもとへ辿り着く。その結果、武館を開くことになりそうだった葉問だが、日中戦争によって1938年に佛山は日本軍の占領下となってしまう。葉問は空手をしている日本兵の相手に一度だけなり、葉問の強さを知った三浦将校は日本に中国の武術を教えるように言うが、葉問はそれを拒み三浦将校と戦うことを望んだ。そして1945年日本は敗戦を認め、1949年に一家は香港へ移住することとなる。

<感想>
関西ではGWに映画館で上映したのですが気が付けは終わっており、DVD借りなきゃなーと思っていたら、6月上旬にはもうレンタルショップに置いてありました。早っ!最近DVD化されるのが早くなってきてるような気がします。

『葉問2』では葉問が香港に来てからの話でしたが、今作品『序章』は香港に行くまでの時代、そして行くことになった経緯が描かれています。『序章』を見てまず葉問の豪邸に驚き。結構洋風の建物ですが、この時代(あるいはこの地域)ではこのような建物が流行ってたのかな?『葉問2』ではしょっぱなから極貧生活を送っていたのでまさに月とスッポン状態。

佛山は武術が盛んなだけあってたくさんの武館があり、町中の男性たちも武術を学ぶことに興味ありありといった感じ。黄飛鴻の出身とあってか、金山找のような道場荒らしもやってきます。←ここで葉問と金山找の繋がりがわかるように。この2人が家で戦っている途中、母親が子供を使って伝言したのには笑ってしまいました。三輪車での登場とセリフがなんとも言えない(笑)。この奥様、『葉問2』でもそうでしたが、裕福な生活からド貧困になっても愚痴を一つも言わず(子供に目を向けない時だけは容赦なく意見申すが…)、葉問の妻、子供の母として全く物怖じず凛とした態度なのが印象的。

日中戦争によって佛山が日本占領下になり、葉問の家も日本軍の司令部として没収され一家は極貧生活に。李署長は家族を守るため、食べていくために日本兵の通訳に。家族を守るため・同胞を守るために日本への服従を断固として拒み続け、最後には佛山の人々の団結を固くした葉問。

池内博之さん演じる三浦将校は威厳があって演技も良かった。彼の部下は絵に描いたような嫌なアンチクショーに描かれてますが、三浦将校は誇り高く武術に関してはフェア。私はてっきり『葉問2』のボクシング相手のように日本が描かれているのかと思ってましたよ。三浦将校は生まれてくる時代を間違えたかも。2人がもし違う時代に出会っていたら…。三浦将校の武術を愛する精神、違う時代ではきっと十分に生かされていたはず。

仲間あるいは同胞がやられ葉問が立ち上がり、皆の期待を背負い勝利するという今シリーズの図式にこの時代に起こった日中戦争をはめ込み、日本軍VS葉問、すなわち空手VS詠春拳にしたと考えたら想像していたより日本描写はそれほど気にならなかったです。『葉問2』では香港が舞台ということで相手はイギリスでしたしねー。

そういや清泉は『葉問2』で日本兵に撃たれてあのような状態になったと言ってたような気がするのですが、葉問との関係はわかったもののその過程は描かれてなかったような…?あれ?
『葉問2』を見てから『序章』でもいいと思いますが、個人的には登場人物を把握するために『序章』を最初に見たかったかな。ところで私はあまり空手を知らないのですが、功夫と対等に対決出来るものなのかな?勝手なイメージで空手はあまりスピード感がないと思っていたので^^;

イップ・マン序章2

DVDの特典メイキングでは葉問のご長男のコメントを少しだけですが聞くことができたり(映画でも登場する準くんですよね?)、出演者たちのコメントが聞けたり、監督が話す各出演者たちの印象が聞けたりでよかったです!茶樓の弟役の黄又南くん、『蝴蝶飛』に出ていた時も思ったのですがやっぱり少しだけ金城武に似てるかも…。

-6 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは♪
DVDの特典、興味深い内容ですね。あの長男の方の話とか、
監督さんの話とか。今度機会があれば借りてみます。

家での戦いと、子供の三輪車。
緊迫した場面でのゆったり感が何とも言えません。
あの奥さん、いろんな修羅場に慣れっこなのかしら。
なお、私はあの金山找、なかなかいいなと思っているのです。
どーしよーもない奴だけど『2』では多少いい奴になってるし。(笑)

空手VS詠春拳。試合として成立するのかわかりませんが、
異種格闘技というものでしょうかね~
でも空手には相手を倒すというイメージがないので
やはりこの闘いはしっくりきません。
それでも見所は多かったと思います。
2011.06.14 17:48 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん♪

私も葉問夫妻がどのような過程で出会ったのか知りたいです!
だってあの豪邸ですよ?しかも葉問は武館も開いてないし
一体収入源はどこから??な~ぞ~だ~~
どちらかが裕福な家系なのかなと思ったりしたのですが、
この時代、互いに分相応じゃないと親族から反対されそうなので、
おそらく両家ともがお金持ちだと勝手に想像しています(笑)。

>なお、私はあの金山找、なかなかいいなと思っているのです。

うんうん、わかります!1ではズルしたり山賊したりですが、
2ではニクめない奴になってますもんね~。
さっき、初めて樊少皇さんの葉問以外の画像を見たのですが
普段はちょっとイイ男なんだと知りました。。
ご本人のブログを見るとトップ画面にバスロープ姿(?)が
デカデカとあり、葉問とは全く違う雰囲気にちょっとびつくり。。
http://blog.sina.com.cn/fansiuwong

そういえば来月から「海洋天堂」が上映になりますね♪
楽しみデス!
2011.06.14 20:51 | URL | #- [edit]
孔雀の森 says...""
またまたこんばんは。
TKATさんがご紹介くださった樊少皇さんのブログを拝見しました。
いいですね~ ありがとうございます~
以前樊少皇出演作を少し観ていて、いいなあと思ってたんです。
最初に若い頃のを、そのあとずっこけてるのを観て気に入りました。
これからちょっと気にかけていこうかな~と。
おっと、葉問と全然関係ないことになってしまいました。
「海洋天堂」、楽しみですね~
考えるだけでも涙腺がゆるくなる~
2011.06.14 21:14 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
孔雀の森さん、おはようございまーす♪
実は私、葉問2で初めて樊少皇さんを見た時、俳優の伊武雅刀さんに似てるなと
ちょっぴり思ってたんです。ってか全然歳が違うから失礼ですよね^^;
しかもブログ見たら全然似てないときてる(苦笑)

初めて見たと書きましたが、さっき樊少皇さん出演映画を見てみると、
私、何本か出演作見てました。。こういうことってよくありますよね~。
初めて知ったと思ってても実は何本か見てたってこと^^;
でもどんな役で出てたのか全く思い出せないのが悲しいところ…(泣)。

>「海洋天堂」、楽しみですね~ 考えるだけでも涙腺がゆるくなる~

はい(涙) ←タイトル見ただけで涙腺が~。
やっとこぎつけた日本上映、ハンカチ…じゃなくバスタオル持参で行かなきゃ(笑)。
2011.06.15 09:28 | URL | #- [edit]
孔雀の森 says...""
しつこくこんばんは♪
反応してしまったのでつい、また来てしまいました。

>俳優の伊武雅刀さんに似てるなと
そうそう、私もそう思ったのですよ!それで両者の画像を
並べてみたりしました。(笑)
どちらかというと樊少皇の顔の方が濃い感じもしますが
基本的つくりは似ているなあと思いました。

私も初対面と思っていた俳優さんを前にも観たということが
よくあります。
忘れないようにとレビューに出演者名をかくのですが、
それでも忘れてます。何の役だったかな、なんてね。

ところでTKATさんはバスタオルですか。
私は何にしようかな~(笑)

2011.06.15 23:16 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
孔雀の森さん、おはようございまーすヽ(^o^)丿
ね、ねっ、伊武雅刀さんに似てますよねー。
同じように感じた方がいらっしゃって嬉しい(泣)。。
特に葉問では短髪だからホント似てました!

>TKATさんはバスタオルですか。私は何にしようかな~(笑)
涙だけでなく、鼻水も垂れそうなので私はバスタオルを(笑)。
日本公開上映で初めてこの作品を観る人のために、
あるいは何回か既に観ているけどハンカチ忘れた人のために、
チケット購入時にサービスとして(入場者特典みたいな感じで)
ミニタオルのようなものを配ってくれたら気が利いていいのになーなんて(^ε^)

色は映画にちなみ海を連想させるブルー、端っこには映画のタイトルを控えめに。
そのタイトルの中に、観た人だけにわかるウミガメを小さく刺繍。
タイトルの字と字の間を泳いでたらなおよし。

↑なんか私、この作品の宣伝営業マンみたいになってますね(笑)
2011.06.16 10:43 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/806-b3a41b7e
イップ・マン 序章
2008年/香港/1時間45分(劇場で鑑賞) 監 督  葉偉信(ウィルソン・イップ) 原 題  葉問/Ip Man 出 演  甄子丹(ドニー・イェン) 熊黛林(リン・ホン)      任達華(サイモン・ヤ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。