TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「敗犬女王」 #25・#26・#27・#28

『敗犬女王 Queen of no Marriage』  #25・#26・#27・#28 

敗犬女王 DVD-BOX3

 製作年:2009年
 製作国:台湾





 出演者: ルーカス(盧卡斯) → イーサン・ルアン(阮經天)
      シュアン(單無雙) → シェリル・ヤン(楊謹華)
      レスリー(宋允浩) → ウェン・シェンハオ(温昇豪)
      ジア(韓佳佳) → ヤン・ヤージュー(楊雅筑)
      ジェイ(JJ) → ハリー・チャン(張懐秋)
      チュンジー(單林春枝)→ リン・メイシュウ(林美秀)

※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれます。 


第25話:真相
レスリーから指輪をもらいプロポーズを受けたシュアン。落とした指輪を拾うため家具を動かすとその裏からルーカスが書いた壁を見つけ複雑な気持ちになる。だが結婚の準備をしていくうちにシュアンは少しずつルーカスのことを忘れ進むべきゴールへと歩き始める。だがそんな時、ライバル社のU WATCH誌が次期官僚候補ルー・ティエンチョンの息子であるルーカスが2年前に恋人シャンユンを殺したという記事が載る。それを知ったシュアンはブライダル会社をキャンセルし会社に戻り詳細を調べることに。そして以前同居していたことを打ち明けルーカスはそんな人間ではないと同僚の前で断言。取材をし真実を突き止めU WATCH誌の記事を覆すと社長に約束し取材に出る。そこにジアが辞表を持ってやってき自分がネタを提供したことを告白。シュアンは自分が真相を突き止めルーカスの汚名をそそぐと改めて宣言し、事故の目撃者とされるメイホアンとルーカスの父親に取材しに行く。

シュアンの結婚が決まり、拡声器で近所中に触れまわるシュアンママは相変わらず面白いデス☆でもいいの?婚約破棄になるかもしれないのにちと早まったんじゃない??結婚の準備に慌しくなってきたけどまだまだ心の中では迷いがあり吹っ切れてない様子のシュアン。さらに今更になってライバル社がルーカスの2年前の事故の記事を載せたもんだからシュアンはいてもたってもいられない状態。ルーカスのことを心底心配し結婚を2日後に控えているのに取材に飛び回るシュアン。やっぱりシュアンはバリバリ働き取材する姿が似合ってる。ただし今回の取材はルーカスのことなので特別なものがあるだろうけど。そして自分がライバル社にネタ提供したと告白したジアに対し、シュアンはきっぱりはっきりと物申した!よく言った!そしてルーカスの父親、こういうドラマだと父親は傲慢でひどい人物だったりするけど取材を受けてる範囲内ではまともな感じ。むしろいい父親だったりする。次回、真相がわかるのかな?そういや2日後に結婚を控えているシュアン、こちらは大丈夫なのかしら。

第26話:償い
父親ルー氏の話を聞きルーカスは悪人ではないと確信したシュアンとルーチーは、今度はシャンユンの母親のところへ取材に行く。母親の誤解を解いて味方につけようと思っていたシュアンだが、母親も今はもう恨んでないという。2人の話を聞いたシュアンはルーカスは絶対殺人犯じゃないと確信するが決定的な証拠はなかった。その夜、レスリーがシュアンのもとにやってきシャンユンの母親から預かった写真が2枚重ねになっていることに気付く。そこにはルーカスが無実を証明する証拠が写っていた。シュアンはある計画をしかけメイホアンをおびき出す。そこにルーカスもやってくるがメイホアンが倒れてしまう。

冒頭、ルーカスの父親の話から始まるのですが、ちゃんとルーカスのことを見ていてどんな性格なのかわかっている様子。自分の立場うんぬん関係なくちゃんと息子とのことを思っているんだと知り嬉しくなってきました(TT)。シャンユンの母親も一緒でルーカスが苦しんでいるのをちゃんと知っており、悲しみを持つ同士が傷つけ合う必要はないと。その母親から預かったルーカスとシャンユンが一緒に写っている写真にメイホアンがウソの証言をしたという証拠が写っており、晴れて無実が証明されたんですが…。シュアンが何をいっても自分を責め続けるルーカス、そんな中、メイホアンが!!ダイエット薬はこわいです…。しかも医者を諦めると言っていたルーカスが緊急オペ?!どうなるの~!そういえばルーカスのために仕事をしているシュアンを見てレスリーはなんだか寂しげな表情をしてました。

第27話:進むべき道
メイホアンを前に怖気づくルーカスだったがお前ならできると皆から励まされ無事緊急オペを終える。一方、忙しいシュアンにかわって結婚前夜に荷物整理をしにきたレスリーはルーカスが書いた壁に気付いてしまう。その頃シュアンはルーカスが無実だという記事を書くため、結婚式前夜だというのに徹夜で会社にこもっていた。そのためレスリーは1人で飲みに出かけ、そこでシュアンが以前行っていたお見合い会社の顧問と出会いいろいろと助言(?)をもらう。ちょうどメイホアンに付き添い病院に来ているルーカスはシュアンに電話をし戻るべき場所に戻ると告げる。シュアンも自分がいるべき場所に戻ろうとするが…。そして結婚式当日を迎える。

ルーカスがメイホアンを助けた時、泣きそうになっちゃった(TT)。ルー氏やシュアン、そして同僚たちの励ましを受けルーカスは自分が戻るべき場所――家に戻り医学の道に戻ることに。ルーカスのために一生懸命になってるシュアンだけど結婚式前日じゃないの!そりゃシュアンママも怒るって~。だけどレスリーはよくできたお婿さんだこと。ルーカスのことがなかったら断然レスリーを応援したいところ。むしろシュアンにはもったいない?!ルーカスが書いた壁を見て(しかもシュアンの返事付き)自分との結婚は怪我への罪悪感から?それでルーカスとのことを諦めた?と思い1人寂しく飲みに出かけるレスリー。そこでお見合い会社の顧問だった女性にいろいろと言われ…。いやー、キツいけど案外当たってるかも?"男は自分が楽になるためウソをつく、女は相手を楽にするためにつく。相手を傷つけるのがこわいから"←名言だわ。。そしてシュアンママも言う"結婚のための結婚はダメ"、お見合い会社顧問の人といいシュアンママといい、2人の結婚には疑問符を抱いている様子。シュアンママはやっぱりシュアンのことをよくわかっているのね(泣)。シュアンがママに結婚前の挨拶(お礼)を言った時、このドラマを見てきて1番大泣きしちゃった。とうとうシュアンが嫁に…と思ってたら予告編でえらいことになってる!早く次の回を見なきゃ!

第28話:夢の終わりと始まり
友人であるキャシー夫妻に教会まで送ってもらってる途中、キャシーが急にお腹が痛いといい妊娠3ヵ月だと打ち明ける。シュアンは夫妻を病院に向かわせ自分は1人で教会に向かうことに。だた教会には誰もおらずレスリーから結婚式はキャンセルしたと聞かされる。「あなたと結婚したい」というシュアンに対し「君とは結婚しないと決めた」とレスリー。彼の言い訳がウソだと見抜き悪役を演じるレスリーに対し責めるシュアンだが、逆に一緒にいたい相手こそ君が本当に必要な人なんだと言われてしまう。そこに参列者たちが到着し…。負け犬生活に逆戻りしたシュアンだった。

友人のキャシー、今までシュアンの妬みにいろいろと耐えてきたけど本当に良い親友(TT)。レスリーも結婚式当日にやってくれた…。そんなことになるんじゃないかと薄々は思ってた(期待してた)けど、結婚しない理由もシュアンの呪縛を解くような内容。レスリーってば…。やっぱりいい人だったけどどうしてそれを結婚式当日、しかも教会で言うの~。とっくに気付いていたんだからもっと早く言ってあげてたらここまでひっぱらずにすんだのに。。といってもやっぱりレスリーもシュアンのことを心底想ってたんだろうな。そしてシュアンママ、なにやら編集長とムフフな感じになってますけど?例の彼とも別れたようで新たな恋の始まり?!でもこんな時でもシュアンママは面白すぎ。ルーカスに電話して新郎役のバイトを頼むって(笑)。しかも痔が再発?!こんな時に~。元の生活に戻ったシュアン、これで晴れて(?)ルーカスと付き合えるわけですがルーカスは何処へ?

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/794-0d564579
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。