TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「モルフェウスの領域」 海堂尊

『モルフェウスの領域』

モルフェウスの領域


 著者:海堂尊
 出版社:角川書店




<簡単なあらすじ>
日比野涼子は桜宮市にある未来医学探究センターで働いている。東城大学医学部から委託された資料整理の傍ら、世界初の「コールドスリープ」技術により人工的な眠りについた少年・佐々木アツシの生命維持を担当していた。アツシは網膜芽腫が再発し両眼失明の危機にあったが、特効薬の認可を待つために五年間の<凍眠>を選んだのだ。だが少年が目覚める際に重大な問題が立ちはだかることに気づいた涼子は、彼を守るための戦いを開始する―。最新の医療技術は誰のためにある?“バチスタ”シリーズに連なる最先端医療ミステリー。
(あらすじは角川HPから引用)

<感想>
『ナイチンゲールの沈黙』と『医学のたまご』のアツシくんが登場するのですが、角川HPの著者インタビューとwikipediaによると2006年を舞台にした『ナイチンゲールの沈黙』では5歳、16年後の2022年を舞台にした『医学のたまご』では17歳。年齢が合わずなんとか辻褄を合わせようと考えていた時に、『野性時代』で海堂尊特集を組んでもらった時に「アツシを5年間眠らせちゃえばいいや(笑)」と思い冷凍睡眠の話を書いたそうな(本書の第一章部分)。すごい考えぬいて書かれた内容だと思っていたら辻褄を合わせるためだったのね~。

2012~2015年の未来の医療を描いているSFっぽい設定になっており、特効薬の許可を待つため5年間の凍眠をしている傍で日比野涼子が彼を守っている。2015年でも(ってか4年後だからそんなに未来じゃないですが)官僚の体制は一緒で作中で何度も批判してます。これは海堂さんらしいw

「コールドスリープ」が実施された背景には、ゲーム理論学者の曾根崎伸一郎(ここにこの方が登場!)が提唱した『凍眠八則』がもとに法律が成立。その曾根崎伸一郎と涼子のやりとりもあるんですが、内容が難しすぎて理解できない箇所が多々…。涼子は父親の仕事の関係で小さい頃から各国の領事館の図書館に入り浸り、十数ヶ国語に対応できる女性。曾根崎伸一郎は権威あるゲーム理論学者。頭の良い人同士の会話は難しい…。

あとわからないのはアツシくんの置かれている状況がどうであれ、涼子が話もしたことがない赤の他人に対し、ここまで彼を守り抜こうとしている姿勢が理解しづらいかも。涼子が下した決断もしかり。この決断は逆に重すぎるような気がするんだけど、涼子の立場に立つとそう思うものなんだろうか?
涼子だけでなく、西野の存在もイマイチよくわからない…。不思議な人、そして頭がいい人でこれまた何が言いたいのか私には難しすぎた…。そんな中、感動したのは睡眠学習の成果。これはスゴすぎ!

全体的にわかったようなわからなかったような雰囲気の内容でしたが、ところどころ難しすぎて勢いだけで読みきりました^^;コールドスリープが現実的なものだったらもうちょっと雰囲気がつかめたかも。←いや、それでも私にはきっと難しすぎるような予感。。

そういや涼子が中学生の頃、アフリカの領事館で知り合った医務官ってあの人?まさかここで登場するとは思わなかったのでちょっと嬉しい♪あとバチスタでお馴染みの登場人物たちが結構登場してるのですが(結構意外な人物もいたり)、中には別に本書で登場しなくてもいいんでは?と思える人もいたり、中には思い出せない人もいたり。。

今後、ゴールドスリープの話がまたありそうな予感。アツシの今後も気になるところ。でも今度は凡人にもわかりやすい内容だったら嬉しいなぁ。

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは♪
海堂作品には頭脳明晰な人がたくさん出てくると思うのですが、
今回は特に凄かった!!(笑)
天才は天才でいいのですが、読む人が天才とは限らないことを
念頭に置いて書いてほしいものです。(笑)
私は年齢的矛盾には全く気付かずに読んでいました。
なるほど、そういういきさつがあったのですね。
>この決断は逆に重すぎるような気がするんだけど、
私もそう思いました。
ものすごく思い入れが強いというか、なんというか…。
お日様に当たらない生活を続けていたのがよくなかったのかなあ、なんてね。
今回は、読みながら、とても恐ろしい話だなあと震えが来てしまいました。(笑)
2012.04.05 09:19 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん☆

私もアツシくんの年齢のことは全く気付かず、インタビューを読んで
5年もの矛盾があったんだと初めて知りました。
発売順に読んでても時系列がバラバラな上、登場人物が多いだけでなく、
著書間でリンクし合っていたら、そりゃどこかで矛盾が生じてもしょーがないかも^^;

そこで「5年間眠らせちゃえっ」って考えちゃうのがスゴイ!
普通ならSFになりそうな材料なのに、医学的にしちゃうんだから。
海堂さんが題材にするぐらいだから、近い将来本当に「コールドスリープ」が
当たり前の世界になるんじゃ…(゚д゚;)

天才同士の会話は本当に難しかったです~。
でも意外な登場人物がいたりして、その辺りが楽しみで
結局一気に読みきった記憶があります。
最近ほとんど海堂作品を読んでないので、次に読んだ時、
思い出せない登場人物がたくさんいそう~。どぼじよどぼじよ(´;ω;`)
2012.04.05 19:54 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/789-ea9679f6
モルフェウスの領域
著 者:海堂 尊 出版社:角川書店 刊行年:2010年12月 <あらすじ> 未来科学探求センターに勤務する日比野涼子は、日夜“凍眠”中の少年の生命を維持する業務にあたっている。少年の名は佐々木アツ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。