TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エデン」 近藤史恵

『エデン』

エデン

 著者:近藤史恵
 出版社:新潮社





<簡単なあらすじ>
チカ(白石誓)はスペインを経てフランスのパート・ピカルディというチームにいた。だがスポンサーの撤退でチーム消滅危機の状態に。そんな状態のまま世界最高峰の自転車レース、ツール・ド・フランスの舞台に立つことになったチカ。今年プロになったばかりのニコラをはじめ 多くのライバルがいる中、エースのミッコのアシストをし勝利へと導くというのがチーム目標だった。だが初日、チカはチームのレース展開に違和感を感じ、監督からある説明を聞かされる。チーム存続を賭けた内容に巻き込まれたチカはどんな決断を下すのか。

<感想>
『サクリファイス』の続編ということですが、この前作を読んだのは2年前なのですっかり内容を忘れてしまってます…。正直、チカ(白石誓)の記憶があまり、いや殆どないかも~^^;どちらかと言えば『Story Seller』での外伝の方が記憶にあって、赤城や石尾についてならまだ多少覚えてるんだけどな。なので私の中で今作品は続編というより新たな物語という感覚で読みました。

パート・ピカルディに入って半年、契約を1年半残した状態でチーム存続危機。チカ(白石誓)はアシストの仕事はしっかりやっているが、ただアシストとして活躍するだけでは次の契約には繋がらない。次の契約のために自分の成績にこだわったレースをすることもできるが、そうすれば体力消耗しアシストという役割が出来なくなる。
ツール・ド・フランスで名前を売ることができれば次の契約が難しくなくなるのですが、エースのミッコのアシストをすることが自分の天命だと思っているチカにとって難しい選択。いや、チカには自分がどうすべきなのかはもうわかっていたはず。そしてこのレースの中で、プロスポーツ競技から切り離すことができないある問題がチカたちを不安の渦に巻き込みます。

日本人である自分がいまこの場にいるだけで幸運、最初で最後かもしれないツール・ド・フランス、ここまでこれたのはいろんな人の後押しがあったからこそ大舞台に立つことができると思っているチカ。選手たちそれぞれ葛藤と利害があるわけですが、立場やお国柄によって出す結論も違うわけで。日本人らしい考えで自分のことがよくわかってる。ルールではなくロードレースにある紳士協定一つとってもチカと外国人選手との違いがわかり、これが日本人らしいというか、もっと貪欲になろうよというもどかしさが…。でもチカは芯がしっかりしていて、これぞアシストのプロの鏡!

自転車ロードレースという私には未知の世界ですが、レース舞台裏に興味が沸き、その中での紳士協定、年季と経験の差、各国の考えの違いなどがわかり、こういう世界もあるんだなーと。このシリーズを読まなければ自転車ロードレースを全く知ることなく過ごし続けてたはず。

重い部分もあるのですが読後感も悪くなく、どちらかと言えば次へのステップが読みたくなる感じ。全体的に淡々とした文章でぐわっという大きな盛り上がりはないですが、チカを通してアシストという仕事・レースの駆け引きなどがわかりやすく描かれているので読みやすかったです。この終わりかただと続編や外伝がまだまだ書けそうなので、登場人物たちのその後に期待!


P.S ヨーロッパでは自転車はスポーツとしての位置づけしかなく、日本のように単に移動手段と捉えてる人々はほどんといない、一万円台で買えるような安価な自転車などないと書かれてますがそうなの??オランダでは自転車専用路があるぐらい移動手段として自転車走ってたけど…。どう見ても高価な自転車には見えなかったけどなー?フランスやスペインとはまた事情が違うのかな。

-3 Comments

藍色 says...""
前作同様、非常に軽快に読み進められました。
面白いのも手伝って、私は三時間ほどで読み終わりました。
この作品のさらに、続きが読んでみたいです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
2013.03.01 16:18 | URL | #- [edit]
藍色 says...""
前作同様、軽快に読み進められました。
面白いのも手伝って、三時間ほどで読み終わりました。
この作品のさらに、続きが読んでみたいです。
トラックバックさせていただきました。
2013.03.01 16:19 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
こんにちは、藍色さん☆
2年前に読んだので、内容は既に忘れてますが
自分の感想を読むと自転車ロードレースに詳しくない私でも
さくさくっと読めたようです^^

日本ではあまり話題にならない自転車ロードレース、
さらには異国の地での話なのに面白く読めるのは
やはり藤史恵さんの力量なんでしょうね~。
私も続きが読みたくなってきました^^

毎度TBありがとうございます!私も今からさせていただきまーす。
2013.03.05 15:58 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/786-14c15b72
「エデン」近藤史恵
あれから三年―。白石誓は、たった一人の日本人選手として、ツール・ド・フランスの舞台に立っていた。だが、すぐさま彼は、チームの存亡を賭けた駆け引きに巻き込まれ、外からは見...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。