TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『3652―伊坂幸太郎エッセイ集』 伊坂幸太郎

『3652―伊坂幸太郎エッセイ集』  

3652―伊坂幸太郎エッセイ集

 著者:伊坂幸太郎
 出版社:新潮社





<簡単なあらすじ>
デビュー10周年。2000~2010年にさまざまな分野で書かれたエッセイを年代順にまとめた1冊。タイトルの『3652』は10年目にエッセイ集を出すということで、365日×10年にうるう年の2日を足したもの。ちなみに発売日もデビュー作が発売された日と同じ日付だそうです。

<感想>
あとがき(この本ができるまで)によると、エッセイは得意ではないのでなるべくは引き受けないように考えていたそうですが、親しい編集者からの依頼に応えたい、企画意図によってはやってみたいと感じることがあったようで。といいつつもだいたいは依頼が断れなかったのが理由のようです。そんな中、10周年というタイミングで今まで書かれたエッセイをまとめた本書、初エッセイ集が出来たわけですが、すべてのエッセイの下に脚注が付いており、伊坂さんが当時を振り返って思うことや裏話を丁寧に書き下ろしてくれているので、当時のエッセイと現在の伊坂さんが楽しめるという一石二鳥な1冊。というか1冊の本になるほどエッセイを書かれていたとは!エッセイを書かれていたこと自体全く知らなかったのでなんだか嬉しいぞ!

小説系の雑誌、新聞、書評、アンケート、地方広報誌、社団法人学士会の会報、家裁調査官の広報誌などなど、いろんな媒体からの依頼なのでテーマもバラバラ。その都度テーマに沿って書いているのですが、時おり四苦八苦している部分もあったりw
デビューした頃の思い出、好きな音楽や小説(作家)、今まで書いた小説への思いや登場人物の名前の由来、家族のことなどなど、たまに正直な本音を垣間見ることができます。

伊坂父の話がよく登場するのですが、小説のモデルのような雰囲気でどの話も面白い。伊坂父が書いたという"新十訓"の全部が知りたいなー。
好きな本、好きな音楽については、伊坂さんが何から影響を受けたのか知ることができるのも嬉しい。なによりこれらについて語る伊坂さんは生き生きしてる!本書によく登場する大江健三郎さんと打海文三さんの著書が読みたくなっちゃうほど。伊坂さんはよっぽど影響を受けたんだろうなー。

映画館の話には「わかるわかる!」とうなずいたり、グラタンの話も面白くアメリカンコーヒーの話では笑わせてもらいました!このアメリカンコーヒーは専業作家になったばかりで毎日不安だった頃に書いたんだとか。時おり親近感が沸く内容になっているのがいい感じです♪「干支エッセイ」では苦労したらしく、その苦労ぶりを面白おかしく書いているので読んでいて楽しい。(人の苦労を楽しむとは失礼な話だ^^;)

あとがきに伊坂さんが今回集めたエッセイを読み返し、自分がいかに平凡な(刺激のない)日々を送っているのか分かるし、毎回同じことをいっているなとつくづく思う。ただどの原稿にもそれぞれ思い出や思い入れがあると。
確かに群を抜いて素晴らしいエッセイではないですが、平凡な中に伊坂さんの素の部分が見えたり、影響を受けた小説(作家)や音楽、小説への想いを知ることが出来たし、想像以上に楽しめました。ずっと伊坂幸太郎というのは本名かと思ってましたがペンネームだったのね。。そういやいくつかの話の脚注で「これはいつか小説に登場させてみたい」と書かれていた箇所があったので、今後出される小説が楽しみ。

-2 Comments

藍色 says...""
小説を読んで勝手に想像していた人柄と、
エッセイから感じられる人柄が一致していたので、
ほっとしたというか、うれしかったです。
トラックバックさせていただきました。
2012.11.23 16:40 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
こんにちは、藍色さん^^

著者本人はエッセイが苦手のようですが、
このように何気ない日常でさえも
伊坂テイストで面白いですよね。
内容からもお人柄がわかり、ますますファンに
なっちゃいました♪

TBありがとうございます!
私も今からTBさせていただきますねー☆
2012.11.25 15:00 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。