TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「再会の食卓」

『再会の食卓』  団圓  APART TOGETHER

再会の食卓

製作年:2010年
製作国:中国
監督:ワン・チュエンアン(王全安)
出演者:リサ・ルー(盧燕)、リン・フォン(凌峰)、シュー・ツァイゲン(許才根)、モニカ・モー(莫小棋)

<簡単なあらすじ>
上海で夫の善民、元夫との息子である建国、2人の娘と娘婿、孫たちと平穏に暮らしている玉娥の元に一通の手紙が届く。生き別れた元夫の燕生からで台湾から上海に帰ってくるというのだ。1949年、国民党が台湾に撤退した時に玉娥と燕生ははぐれてしまい、その後、玉娥は上海で今の夫と結婚し、燕生は台湾で結婚し40数年の間それぞれの人生を歩んできたが、燕生の妻が他界し、燕生は"台湾帰郷団"の1人として玉娥の元に現れる。玉娥の家族は戸惑いながらも豪華な料理を振る舞い、寝床を用意し燕生をもてなすのだった。だが燕生の目的はこれからの人生を玉娥と過ごすため彼女を台湾へ連れて帰ることだった。燕生の申し出を了承する玉娥、妻の気持ちを尊重する善民、反対する家族。玉娥、2人の夫、家族それぞれの複雑な思いが浮き彫りになっていく。

<感想>ネタバレあり
1949年に中国共産党との内戦に敗れた国民党が台湾へ撤退、長い間中国と台湾が分断されていたという歴史がベースになってます。1年という短い期間一緒に過ごしただけの玉娥と元夫の燕生、燕生が国民党だっただけに中国に残された身重の玉娥は厳しい現実の日々を過ごす日々。そんな彼女を救ったのが現夫の善民。国民党の元妻と一緒になったことで善民自身も厳しい現実の中で暮らしてきました。

40数年間、苦労もあり裕福ではないものの、子供や孫に囲まれ平穏に暮らしているところにいきなり元夫がやってきて、余生を一緒に過ごすために玉娥を台湾に連れて帰るって…。いくらなんでもそれはないんじゃない?本人だって夫や子供・孫たちを残して行くわけないよと思っていたら、驚くことに玉娥はさほど悩むことなく了承。なんとまぁ…夫がいるのにそんなあっさりと…なんて思っていたらその夫も妻の決断に対しこちらもあっさりと承諾。玉娥と燕生を責め立てることも一切しない。普通では考えられない言動をする3人に驚いた。

町中ではみなが善民に挨拶。近所でもいい人として知られてるんだろうなぁ。このシーンは妻が決心したあとだけに見ててつらい。一緒に写真を撮りに行くシーンも少し軽めのコミカルさを交えて描かれているものの、現夫のことを考えると笑うに笑えず…。しかも夫や子供たちの前で「これからの余生は愛のために過ごしたい」と言う玉娥。長年一緒に暮らしてきた優しい夫には愛がなく、40数年前に1年一緒に過ごしただけの元夫の方に愛があるというのか?!

そんなことを言われてもなお燕生のために精一杯もてなす善民、しかもどうぞどうぞと言わんばかりにあっさりと妻の台湾行きを了承。本当は行って欲しくないはずなのに全く反対する素振りを見せないのはどうしてなんだろう。この40数年間、自分に対して愛がなくても苦労しながらついてきてくれたから?プライドと共に寛容な心を見せたかったため?即答で了承することで妻の心が逆に揺さぶれるんじゃないかと思ったから?そしてとうとうお酒の席で酔ったはずみで本音を言ってしまう善民。心の中ではよっぽど張りつめたものがあったんだなと。

数十年前、たった1年過ごしただけの夫と離れるることになった経緯がどうであれ、親に反対されてまで一緒に過ごした1年は激動の世の中でも愛する人と一緒だから幸せだったんだろう。別々の人生を歩んで数十年、互いにずっと未練があったわけではなく、年老いてこの先長くない人生を考えた時、ふとその当時を思い出したのかもしれない。時代に遮断されてしまった恋愛の続きをしようとしていたのかな。善民にも子供たちや孫に囲まれて楽しかった時期があったと思うのですが、やはり自分から愛した人と時代の流れで一緒になった人との差なんでしょうか。

一見、複雑な関係の3人なわけですが、3人で囲む食卓は恋愛感情ではなく同じ時代に生きた者同士、時代の流れに翻弄された者同士で重みがありつつも、思い出の歌を歌いながら昔話を語る3人。
最後に玉娥が「この機を逃したら二度と会えないかもしれない」と泣くシーンでは胸を打たれました。最初、どうして玉娥が台湾行きを即決したのか理解出来なかったのですが、もう二度と会うことがないという現実を考えるとわからないでもないような気がしてきた…ような気がする。

再会の食卓2

近代化に伴い新しいマンションに引っ越してから家族とは疎遠になりつつあり、以前のように家族皆で食卓を囲んで食べるということは今はもうない。時代とともに心まで移り変わっていった感じなのかな?

3人で囲む食事シーンと燕生を見送るシーンが印象的だったのですが、なにより食事のシーンが多い今作品、何を話すにもまずは食卓から、とりあえず食べてからにしましょうというスタンスがよかったです。しかし玉娥役の盧燕さん、品があって色艶がありお若い!実年齢が年下である夫2人の横にいても全く違和感なかったです。

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは♪
最初はもし自分の親がそうだったら、と考えてしまい、
そりゃないだろ、絶対反対!なんて思ってしまいましたよ。
でも背景を知るにつれ、ああいう決断をした気持ちが
多少わかったような気がしました。

おっしゃるように食事のシーンが印象的な作品でしたね。
買い物から料理まで、かなり大がかりで大変そうでしたが、
これだけの時間と手間をかける意義も感じられて、
興味深かったです。
マンションに移り住んでからの生活よりも、前の方が
ずっとみんなが生き生きしていたようでしたね。

あの孫娘は幸せになれただろうかと、サイドストーリーも
気になりました。
2011.04.09 10:03 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんにちは、孔雀の森さん♪
この話は当時の時代背景を知っていないと完全に理解するのは難しいですね。
台湾帰郷団を町内あげて歓迎、燕生が元妻に会いに来るのは
周知の通りのはずで、周囲の人は現在その妻が夫や子供たちに囲まれて
過ごしていることを知ってるわけで。
今思えば、町内会長(でしたっけ?)の女性や近所の人たちも
この来客に対し興味を持ってるような発言をしてたなと。
やはり1949年を生き抜いた3人にしかわからない
絆のようなものがあるんでしょうね。

孔雀の森さんがおっしゃるように、現夫が同意した理由として
「自分にはもったいない妻」というのがあり、妻も生きていくには
現夫についていくしかなかったという背景があったんでしょうね。

>あの孫娘は幸せになれただろうかと、サイドストーリーも 気になりました。
私も気になってました!彼女にも彼女の物語があったようですが、
殆ど描かれてなかったので気になるところですね~。
祖父母のことに一切意見を言わなかったのは、自分も離れ離れになる環境に
飛び込もうとしていたからかな?←今、書いてて思いつきました(笑)。
2011.04.09 13:49 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/777-4e5685bb
再会の食卓
2009年/中国/1時間37分(劇場で鑑賞) 監 督  王全安(ワン・チュエンアン) 脚 本  王全安(ワン・チュエンアン) 金娜(ジン・ナ) 原 題  団圓(APART TOGETHER) 受 賞  2010年度ベ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。