TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マリアビートル」 伊坂幸太郎

『マリアビートル』

マリアビートル

 著者:伊坂幸太郎
 出版社:角川グループパブリッシング





<簡単なあらすじ>
"木村"は6歳の息子をデパートの屋上から突き落とし重傷を負わせた中学生"王子"に復讐するため、彼が乗っている東京発盛岡行きの東北新幹線はやとに乗り込む。"蜜柑"と"檸檬"はある人物からの依頼で、人質に取られた息子と身代金を取り返し、盛岡まで護送中するためはやとに乗車。"七尾"はある乗客のトランクを盗み、次の駅で降りるだけという仕事のためにはやとに乗り込む。彼らを乗せた列車は東京を出発。それぞれが自分のやるべきことを遂行しようとするが、事態はとんでもない方向へ動き出す。

<感想>
同じ列車に乗り合わせた同じ裏家業の者たちが、各々依頼された仕事をするために集まり繰り広げる騒動、それをはたから見て楽しんでいる中学生の王子によるドタバタ劇。続編というわけではなさそうですが、『グラスホッパー』と同じ殺し屋さんたちの話。
『グラスホッパー』に登場していたと思われる人物の名が出てきたり、実際登場したりするのですが、この本の内容をあまり覚えてないかも…。名前は覚えてるんだけどその人にまつわるエピソードは殆ど覚えていない…。過去に書いた自分の『グラスホッパー』の感想を読んで、鈴木だけはどんな役どころだったのか思い出せたのでよかった^^

元殺し屋で少し前まで酒浸りだった"木村"、機関車トーマスをこよなく愛する"檸檬"、小説が好きな"蜜柑"の2人は腕の立つ殺し屋、関わると物事が必ず裏目に出てしまうという不運にとりつかれた殺し屋"七尾"、そして大人を見下した悪魔のような中学生"王子"。この独特の個性ある登場人物だけでなく、他にも乗り合わせている一般客、怪しげな客なども巻き込んでストーリーが進んでいくのですが、ほぼ車内の中での話で、果物コンビが持っているトランクがあっちに行ったりこっちに行ったり。軽妙な会話とともにドタバタと次の駅へ。次第に殺し合いに発展。

今回、殺されてしまう人が何人かおり、なかには濃く、なかにはあっさりやられてしまうので「あの人が…うっ(悲)」と感傷に浸るヒマもなく次の展開へ進んで行きます。

殺し屋さんって寡黙なイメージあるけど、今作品に登場する殺し屋さんや彼らに関係してる人たち、みなおしゃべり好きだねー。読んでいて楽しい会話が多いのですが、殺し屋さんたちなので当然物騒な話もするわけで。もちろん大声で話してるわけはないですが、コソコソ話って感じでもなく普通に話しをしている感じ。ここまでいろいろとおしゃべりしてたら周囲にいるお客さん一人ぐらいに話が漏れててもおかしくないと思うんだけど^^;

今作品を読んで、以前の伊坂節が戻ってきたと思われてる方が多いみたいですが、私もそう思いました。最近、何冊かはちょっと違った感じでしたもんね~。関係ないと思われていた人物や多少関係ある人物が最後に繋がっていく様、多数の伏線が回収されていく様、テンポよいストーリー、意外な展開。伊坂さんの本を読むといつも同じような感想になってしまうのですが、読み終えたらホントそう思うんだからしょーがない。

七尾の不運さは脱帽もの。ここまでくると何かに取り憑かれているしか思えない。といいつつ特技は首折って…。実はやり手なんじゃないの~?桃の口から語られる七尾の性格を知り納得。
機関車トーマスは奥深かったのね。。キャラクターの特徴文みたいなのがうまく活かされててちょっと感動しちゃった。檸檬が好きなのもわかるような気がする。

木村夫妻は孫が可愛すぎて息子の子とは思えない、隔世遺伝だとかなんとか言ってましたがよく考えたら一緒じゃんwでもまぁ似るんだったら祖父母に似た方がよさげかな。自分を最強に幸運だと思っている王子、自分を最強に不運だと思っている七尾。この2人が重なった時、一体どちらに軍配があがるのか。ってか最後の七尾の見せ場のシーン、こんなありえない偶然って…びっくりしちゃった。

終盤で意外な人物がシメてくれたのには爽快!これがあったから読後にイライラ感が残らずにすんだかも(笑)。今作品で生き残った人たちにまた何かの小説で会えるといいなー。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/771-08302787
【マリアビートル】(伊坂幸太郎)を読了!
どうして人を殺したらいけないんですか?  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】元殺し屋の「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた相手に復讐するため、東京発盛岡行きの東北新幹線“はやて”に乗り込む。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。