TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「台北の朝、僕は恋をする」

『台北の朝、僕は恋をする』  一頁台北  AU REVOUR TAIPEI   

一頁台北

製作年:2009年
製作国:台湾/アメリカ
監督・脚本:アーヴィン・チェン(陳駿霖)
製作総指揮:ヴィム・ヴェンダース
出演者:ジャック・ヤオ(姚淳耀)、アンバー・クォ(郭采潔)、ジョセフ・チャン(張孝全)、クー・ユールン(柯宇綸)、カオ・リンフェン(高凌風)、ポール・チャン(姜康哲)、トニー・ヤン(楊祐寧)

<簡単なあらすじ>
彼女がパリに行っってしまい、カイは台北で両親の店を手伝いう日々を過ごしていた。彼女のいない台北は寂しく、本屋に行っては座り込んでフランス語の勉強をしていた。店員のスージーはそんなカイに興味を持ち、2人は顔馴染みになり会話をするようになる。ある日、久しぶりに彼女から電話がかかってきたあとカイはパリへ行く決心をする。だがお金がないため両親の店の常連客である不動産屋のパオに相談。航空チケットを用意してくれることになったが、それと引きかえに怪しげな小包を運んで欲しいと頼まれる。だがそれを持っていることで追いかけられるハメに…。翌朝フランスへ発つカイは小包をちゃんと運ぶことが出来るのか?

<感想>
台北の夜の街中を描きつつ、初々しい恋も描きつつ、刑事に追いかけられるという話。どうしても彼女のいるパリに行きたいけどお金がない。そこで相談した裏のカオを持つパオに相談し、運び屋まがいのことをしたことで事態は予想もしない方向へ。

不動産屋で働くホンは、カイと伯父であるパオの話を盗み聞き小包を横取りしようと計画。そんなことを露知らずのカイはある男から小包を受け取り、翌日の朝便でフランスに発つため友人のカオと最後の食事をするため夜市へ。そこでスージーと偶然出会い3人で行動することに。が、ホンの部下がカオを連れ去り、小包をカイに渡した男を追っていた刑事はブツの手渡しがあったと思いカイを追いかける。一緒にいたスージーをも巻き込んで…。なんかちょっと変わった追跡劇の始まりです。

この追いかけっこは、追いかけられる方は真剣なんだけど、追いかける方はどこかギャグっぽく見え緊迫感はないです。つかまった友人のカオはいつもボ~としていて感情の起伏がなく、連れ去ったホンの部下たちに恋愛相談。なんだかんだとアドバイスをもらったりなんかしてw カオ自身の恋愛もちょっと盛り込まれてるんですがこちらの結末は…。うん、カオらしい。どこかほのぼのとしているカオくん、密かにいい味出してます☆

本屋の店員役の郭采潔ちゃん、最初は何とも思わなかったのですが時間が経つにつれ、チャーミングさがわかってきました。目を見張るような可愛さではなく、身近にいそうな感じなんだけどキュートさが際立っているというかなんというか…まぁそんな感じかな。このスージー、カイ、カオの3人は初々しくって良かったです♪刑事役の張孝全、これってカツラだよね??一瞬、川崎麻世に見えちゃった。楊祐寧もちょこっとだけ出演してました。

何かの監督インタビューで読んだのですが、台北の街=スージーという感じで描かれてるそうな。大切なものは身近にあるという。カイは彼女のいるパリに行くことばかり考えてますが、一日の出来事で自分の求めているものはすぐそこ、自分の住んでいる街、台北にあるんだよと。

ということで誠品(本屋)、夜市、MRT、コンビニ、屋台、公園など台北らしい夜の街中が描かれていて魅力もたくさん。本屋での空間はオシャレな雰囲気、不動産屋の中は昔風、夜市や公園はイメージ通りの台湾という感じ。ホンが小包を横取りしたはっきりとした理由は最後までイマイチよくわかりませんでしが、全体的にユルい雰囲気でところどころ変なおかしさがある可愛らしい作品でした☆

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは♪
楽しめる作品でしたね。
どのキャラクターも個性があふれていて面白かった!

>刑事役の張孝全、これってカツラだよね??一瞬、川崎麻世に見えちゃった。
同じことを思いました。人って髪型でずいぶん変わるのね~
私は全く予備知識なく臨んだので、張孝全と気づくまでに相当かかりました。(笑)

>ホンが小包を横取りしたはっきりとした理由は最後までイマイチよくわかりません
ああ、そういえば何だったのでしょうね。
親分から信頼されたいと思うわりにはヘマばかり。
なかなか味のある演技だと思いました。

おっしゃるように、若い三人がとてもよかったですね。
2011.03.25 09:58 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん♪
若者3人は今作品で初めて知ったのですが、普通っぽく見えつつも
最後にはちゃんとキャラの個性を確立させていましたね。
個人的にはカオくんキャラがお気に入りデス☆
最初はなんて素人っぽい演技なの、な~んて思ってたんですが、
あの周囲を引き付ける雰囲気は彼ならでは^^
そういえば張孝全の恋愛話の結末って描かれてましたっけ?
記憶にないんだけどあったかなぁ?

ホンはなかなか味のある演技でしたね!
最初、不動産屋なのになんであんなオレンジの制服なんだろう、
なんでそんな目立つ服で窃盗まがいのことするんだろうと
ストーリーに関係ないことばかり気になってました^^;

カイとカオのユルくて淡い恋の話、なんとなくユルい裏社会の話、
恋に苦悩し、真剣なんだけどどこかユルい追跡する刑事の話と
ユルい感じの3パターンが組み合わさり、
さらに台北旅行指南的な役割も果たしている今作品。
ホント可愛らくて楽しめました♪
2011.03.25 22:37 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/767-230fc9ae
台北の朝、僕は恋をする
2010年/台湾/1時間25分(劇場で鑑賞) 監 督  陳駿霖(アーヴィン・チェン) 原 題  AU REVOIR TAIPEI 中文題  一頁台北 出 演  姚淳耀(ジャック・ヤオ)郭采潔(アンバー・クォ)張孝全(ジョセフ・チャン)...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。