TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「MAD探偵 7人の容疑者」

『MAD探偵 7人の容疑者』   神探  MAD DETECTIVE

MAD探偵

製作年:2007年
製作国:香港
監督:ジョニー・トー(杜峰)/ワイ・カーファイ(韋家輝) 
出演者:ラウ・チンワン(劉青雲)、アンディ・オン(安志杰)、ラム・カートン(林家棟)、ケリー・リン(林熙蕾)、ラウ・カムリン(劉錦玲)、 チョン・シウファイ(張兆輝)、 ラム・シュー(林雪)

<簡単なあらすじ>
数年前、西九龍署刑事課にいたバン刑事は、自身を殺人現場と同じ状況に置くことで犯人を割り出すという直感の持ち主だった。それだけなく他人が持つ隠された人格をを見抜くことができる能力も持っていたが、時おり常軌を逸した行動をすることもあり現在は第一線から退いていた。そんなバンの前にかつての後輩であるホー刑事が現れる。1年前に起こった刑事が失踪した事件について助言を求めに来たのだった。そしてバンは失踪した刑事と一緒に行動をしていたコウ刑事を尾行、なんと彼には7人の異なる人格を持っていた。その後、バンは事件現場で当時と同じ状況に身を置き事件真相を確信する。だが奇異な行動をとり続けるバンに対し不信感を抱き始め、自分自身も自信喪失になっているホー刑事は1人コウ刑事のもとへ行く。バンはホー刑事に携帯で身の危険を知らせるが耳を貸さず、自体は最悪な方向へ動こうとしていた。

<感想>
"7人の容疑者"とありますが、言葉どおり7人の容疑者がいるわけではなく、正確には7人の人格を持つ1人の容疑者。なのでコウ刑事に宿っている7人の人格者が時おり姿を現すのですが、冷静な判断を下すもの、凶悪なもの、食べ物担当(?)でおどおどしたものなど、その場その場の担当者がいる模様。皆で口笛吹いてる場面はどこか可笑しくて好きなシーンの1つ☆

MAD探偵2

全体的に犯罪サスペンス調なんですが、作りかたをちょっと変えたらコメディ映画になりそうな感じ。それだけコメディになりそうな素材はあるのですが、みな真剣に演じているのでやっぱり犯罪サスペンスかな。一瞬笑っちゃいそうなバンの行動シーン、MADすぎて笑えるのやら真面目なシーンなのやら~。紙一重だわ(笑)。

多重人格ものは内容によっては難しい作品もあり(今作品は多重人格ものとはちと違うが)、いつもどこまでが正気でどこまでが幻想なんだろうかと迷ったり。でも『MAD探偵』はわりとわかりやすかったかも。最初は天才的な能力を持つ刑事なんだと思ってたんですが、冒頭近くのシーンで退職する署長に対して行なった行動で、すでにこりゃヤバイ奴かもと…^^;無意識にその人物の人格者が見えたり考えてることがわかったりしたら、確かに普通の神経じゃなくなるよなー。

バン自身、現実と幻想(別の人格)の違いはわかってるいるものの(←わかってるんだよね?)、人前であろうがなかろうが元妻の幻想があたかもそこにいるような言動はただのヤバイ奴?それとも特殊能力あるがゆえ孤立感を持っており寂しさからの逃げ?さっき『MAD探偵』はわりとわかりやすかったなんて書いちゃったけどやっぱ私イマイチわかってないかも~(・_・)?なんかよくわからないような感じでしたが設定は面白かったなと思いマス。

ところで最後のホー刑事のあの行動には一体どんな意味があるんだろう?「これがコイツのでこれがヤツの…、コイツがコレを持ってたらややこしくなるからコイツにコレを…あれ、違うな、コイツがこれで……」なんて迷ってる…わけないかw

パンフレットには現在『奪命金』の撮影中だとか。これはマーケットにこだわらない個人的なアクション映画だそうで。楽しみだなー。

-2 Comments

5011 says...""
お久しぶりです。
やっと公開されましたね。
ぼくも東京国際映画祭以来3年ぶりで観たけどやっぱり面白い。
個人的には『エグザイル』などの男のロマン路線の作品よりこのてのトーさんのほうが好きです。

今回の字幕では「人格」となってたけど、映画祭では「鬼」と訳されてました。
厳密にはこの映画の場合、多重人格じゃないから「鬼」の方が近いと思いますね。

口笛のシーンは確かにちょっと笑えます。
ぼくはすぐに『白雪姫』を思い出しました。
それから大阪アジアン映画祭でのトーさんの新作の報告も楽しみにしてますね。
2011.03.02 14:37 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
5011さん、お久ぶりですねー☆
やっとこさ公開ということで初日に張り切って行ってきました!

>個人的には『エグザイル』などの男のロマン路線の作品よりこのてのトーさんのほうが好きです。

私にはどうも人格もの(精神もの)は難しすぎるようで
どちらかと言えば男のロマン路線系の方がわかりやすくて好きかな~。

映画祭と一般公開では字幕違いましたか!「人格」の部分って重要な字幕ですよね。
「鬼」と「人格」じゃ捉え方も変わってきそうですし。。

>大阪アジアン映画祭でのトーさんの新作の報告も楽しみにしてますね。

あい!ありがとうございます♪今年はトー監督来日なさそうですが
映画を思う存分楽しんできまーす!
2011.03.02 21:39 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/758-0bbd0200
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。