TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「30代にしておきたい17のこと」

『30代にしておきたい17のこと』

30代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

 著者:本田健
 出版社:大和書房 だいわ文庫





<目次>
1.「すべてを手に入れることは不可能」だと知る
2.変えられることと、変えられないことの違いを知る
3.自分の勝ち(負け)パターンを知る
4.セルフイメージを定期的にチェックする
5.お金と真剣に向き合う
6.パートナーや子どもを持つかどうか決める
7.自分の居場所を決める
8.両親とお別れしておく
9.年齢の離れた友人を持つ
10.運を味方につける
11.自分の内に潜むダークサイドを癒す
12.メンターから学び、教えを次にまわす
13.人脈を金脈に変える
14.才能のかけ算で勝負する
15.大好きなことを仕事にする
16.人生の目的を知る
17.自分のお葬式の弔辞を書いてみる

<感想>
自己啓発系の本は殆ど読まないのですが、『30代にしておきたい17のこと』というタイトルを目にして30代のうちにすることって何?何かやり残していること、今からでも出来ることってあるのかな?とふと思ったので借りてきちゃいました。でも読み終えて私が想像していた内容とはちょっとが違ったかも。。

"詩文の可能性が幻想的に開くのが10代。それを試しながら失望していくのが20代。そして30代は希望と絶望の狭間"
なるほど。30代の大多数は希望と失望、絶望の間を行き来しているらしい。確かに希望はほぼ薄れているけどそれほど絶望感はないけどなー。
書かれている中には、そうだよねと同調する部分があったり、そういうことも考えていた方がいいのかと思ったり。30代でしておいた方がいいとされる課題を再認識することができてよかったとは思いました。

が、著者自身が30代で人生を変える出来事をいくつか経験したそうで、人生を劇的に変えられるのは30代だと考えておいた方がいいと言いたいのはわかるのですが、"30代でまだ希望だけに生きている人は無関心、無神経で全く現実を見ていない。30代で○○しとかないと40代では手遅れ。40歳までに独立しない人、結婚しない人、子供を持たない人、親友を持てない人は一生そのままの確率大"などなど、少なからず当たってはいるのもありますが言い切ってしまうのはどうかと…。人それぞれ適切な時期があるだろうし。

まぁ最後には結局のところ、あきらめかけていたことをやり、やらなくて後悔するだろうと思うことを実践し、愛してる人に愛を伝え、楽しいことをいっぱいしよう!すべてあなた次第!ということです。そりゃそーだ。なんだかんだといいながらも決めるのは自分次第。

30代前半で読むのと30代後半で読む、また、男女、環境、既婚未婚などによっても捉え方が違ってきそう。なのでさらっと読むにはいいかもしれない。書かれていることと同じような境地に立っている人にはいいかも。なんていうんだろ、当たり前のことが書かれており、自覚してるけどそれを実行することがなかなかできないんだよ~って感じかなー。
あまり感銘できなかった私は著者からみれば"無神経で全く現実を見ていない"と思われそう~^^;40代になってもし本書を再読した時、「著者の言うとおりあーしとけばよかった~」なんて思ったりしてw

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/751-d94eed4d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。