TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『モンガに散る(原題:艋舺)』のロケ地巡り

昨年の東京国際映画祭で『モンガに散る(原題:艋舺)』を観て、次に台湾に行った時はロケ地巡りしよう!と思ってました。で、昨年末に行ってきましたよ~。映画の感想はこちら
といっても映画を一回観ただけではロケ地となった場所がどこにあるのかわかりません。。なのでロケ地巡りが詳しく書かれた台湾の方のブログを参考にさせてもらいました^^写真、どんなシーンに使われたか、住所などが書かれておりとっても重宝♪

で、そのブログに記載されていた住所と写真を頼りに、ロケ地に使われた場所へ行き同じような場所の写真を撮ってきたのですが、イマイチどのシーンに使われていたのかわからない場所もちらほらあったり……
ということでこの日記を書く前に、昨年夏に購入したオリジナルのDVDを観直し再度確認。再鑑賞しても一体自分がどのシーンの写真を撮ってきたのかまだわからない場所もあったりなんかしますが、そんなこんなでロケ地巡りスタート!

↓ ここは蚊子(モスキート)と和尚(モンク)が出会った場所。和尚が乗ったバイクに蚊子のヨーヨーが潰されてしまうというシーン。劇中ではもっと広い道に見えたけど実際は幅が狭い道路でした。
1

↓ 蚊子がクラスメイトに肉をとられたあと喧嘩になり、そのあと家近くに帰って靴裏についたう○ちを取ろうとした場所。
2

↓ 蚊子親子が住んでいる家(美容院)
3

↓ 蚊子がみなの仲間になりケンカをした場所。上から蚊子が飛び降りてましたねー。この時に仲間の自己紹介がありました^^アイスクリームを食べながら歩いたり、後半で蚊子が1人歩いたりと何度か登場する場所でもあります。
4

5

↓ 白猴の家(?)がある青草巷らしい…多分。
6

↓ Getaの家
7

↓ 手前は皆でご飯食べていた食卓。左にあるのは志龍(ドラゴン)のママが麻雀していた卓。
8

↓ 今は登場人物たちが着ていた服が飾られていますが、奥側は5人がGetaに水が入ったバケツを持たされていた場所。
9

↓ その後に和尚がGetaにボコボコにされた場所。
10

↓ ここではGetaがMasa、灰狼、文謙らと話し合うのに使われた場所。
11

↓ 誰だったか忘れましたがこの中庭を歩いてるシーンもありました^^
12

↓ 武器も展示されてました~
1413

↓ 映画のシーンの写真の展示もあるよ
15

↓ そして剝皮寮!劇中よくこの通りは出てくるのですが、セットがなくなってるからわかりづらい~(><。)。
16

↓ おそらくこれらも劇中ではなにかしらの店だったんだろうなぁ。。
17

18

↓ 密かに壁に描かれている絵がかわいいデス☆
19

↓ きっと、おそらく、多分、いや、もしかしたらこの辺りが和尚と蚊子が戦った場所じゃないかと…違うかも^^;
20

↓ ちなみに剝皮寮の外側はこんな感じ
21

22

↓ お次は清水巌祖師廟!ここも劇中ではお馴染みの場所。
23

↓ 門をくぐってからのこの辺りには派手やかなセットが組まれ撮影されてた模様
24

↓ この場所もよく映ってました♪Getaが門を閉めようとしたけど地方からお参りに来た男性達を入れたり、Getaと蚊子の2人もこの前で何か食べるシーンもあったような。
25

↓ この場所もよく登場しますが、印象的なのはGetaの決闘シーン。
26

↓ ちなみに清水巌の南側にある通り。看板にもなんとなくレトロ感が…
27

↓ 清水巌の北側に蚊子が電話をしていた場所があります。わかりづらいですが真ん中の少し右側に壁にかかった公衆電話あり。
28

↓ 白猴が入院していた病院。レトロ感たっぷりの建物ですが、道路挟んで目の前に近代的な病院(本館?)が建てられており普段はこちらがメインのような感じ。華西街の近くにあり前の通りは賑やか~。
29

↓ そしてこちらは和尚の父親が営んでいると思われる仏具店街。何軒か仏具店が並んでいるんですが、どこが和尚の家なのかわからず…
3130

↓ 下の店は華西街にあるのですが、蚊子が友人たちに頼まれ(騙され?)何か食べ物を買いに行き「廟口の者だ」と言ったあとに追いかけられるシーンで、この店の横の路地から出てきました。ってことはこの路地を入ったらどこかに買いに行った店があったのかな?
35

↓ 華西街。この入り口は違いますが、冒頭で映ったり、文謙が出てくる蛇の店があったりとロケ地巡りには外せない場所。
36

↓ 青山宮。こちらもロケに使われたそうなんですが、私はどのシーンで使われていたのかわかりませんでした…。ご存じの方がいらっしゃたらぜひ教えてくださーい!
3738

↓ お次は寶斗里。蚊子がクー・ジャーヤンちゃん(役名は忘れました)と出会い、その後度々会いにいく夜の街があった場所(らしいです)。ロケに使われた形跡はまったく残ってませんが、ロケ地巡りをされた方の何人かがここの写真を撮りアップされているのでそれを信じて写真を撮ってきました。が、どこがクー・ジャーヤンちゃんが働いていた店なのかは全くわかりませーんw
32

33

34


↓ 場所かわって西門町。こちらのお店は志龍と彼女が映画がどーのこーのとケンカしていた場所。
39

↓ 後半で蚊子が和尚と外省関係の人たちが一緒にいるのを目撃した階段。この場所には説明が必要かも。。住所は合ってるんだけど他の方がアップされてる写真とは似ても似つかない階段。ロケに使われた階段はなんていうかもっとミラーボールちっくな柄で、こんなカラフルなものじゃなかったよ~。おかしいなーと思っていたらこの場所に一緒に行ってくれた知り合いの旦那さんいわく、確かに少し前まではもっとレトロな階段だった、最近改装されたのでは?とのこと。なるほど。一応写真を撮ってきたのでアップしますがホントこんなカラフルな階段じゃないの~(><。)。
40

以上。もし写真と私が思っているシーンの記載が間違っていたらご一報を^^自信がないのもあるので教えていただけると嬉しいです。
12月6日にロケ現場となった一部が取り壊しになったのは残念ですが、舞台となった町並みはそのまんまなのでまだまだ充分ロケ地巡りを楽しめます♪ もっと写真を撮ってきたのですが、映画を見直してもどこのシーンで使われたのか全くわからないのが数枚…。映画を観直して「ここのロケ地も探したらよかったー」とあとになって思うことも。
なにはともあれロケ地巡りのおかげで龍山寺周辺をじっくり散策、途中で美味しい肉粥や木瓜牛奶も堪能できて楽しかったデス☆

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは♪
たくさんの写真と、詳細な解説、素晴らしいです!
DVDも再鑑賞されたのですね!!
昼間から夜まで、ほぼ一日じっくり回ったのでしょうか。
登場人物たちの足跡をたどる旅、というのもいいですね。
映画で使用したものが展示されているところに、
この映画がいかに好評だったかがうかがえました。
今度台湾へ行くときの参考にさせていただきますね!


2011.01.16 07:47 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
孔雀の森さん、こんにちは!
ロケ地巡りをアップするにあたり再鑑賞したのですが、
改めて字幕をじっくり見て会話を聞いていると
台湾語の会話が多いことに今更ながら気付きました…。
しかも字幕の漢字も難しく中国語の勉強に全くなりません(苦笑)。
映画祭で今作品を観て内容を知っていて良かった~。ホッ

殆どのロケを龍山寺周辺でしているので、ロケ地巡りは
比較的楽でしたヨ♪
15時、16時あたりから18時過ぎぐらいまで散策したかしら。
土地勘がなく誰かに道を聞く語学力がないのでアップした内容が限界ですが、
もっともっとロケ地に使われた場所があるんですよね。次回リベンジしようかしらん?

>今度台湾へ行くときの参考にさせていただきますね!
ぜひぜひ♪お時間があれば私が行けなかったロケ地なんぞも
見て回ってくださいまし~。あっ、南港駅もお忘れなく☆
2011.01.16 14:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/746-e3b171d6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。