TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「海洋天堂」

『海洋天堂 Ocean Heaven』

海洋天堂

製作年:2010年
製作国:中国/香港
監督:シュエ・シャオルー(薛暁路) 
撮影:クリストファー・ドイル(杜可風)
音楽:久石譲
出演者:ジェット・リー(李連杰)、ウェン・チャン(文章)、グイ・ルンメイ(桂綸鎂)、ジュー・ユアンユアン(朱媛媛)、ガオ・ユァンユァン(高圓圓)、ドン・ヨン(董勇)、イェン・ミンチュー(嚴敏裘)

<簡単なあらすじ>
自閉症の息子:大福を持つ水族館で働く王心誠は、大福が7歳の時に妻に先立たれそれ以来男手一つで育ててきた。だがある日、王は自分が重い病に冒されていることを知る。自分がいなくなった後の事を考え大福の面倒をみてくれる施設を必死に探すが、年齢的・環境面で難しい状況に直面する。王は大福が自分の事が1人でも出来るよう残り少ない時間を費やし、大福と一緒に懸命に生きる姿を描いたヒューマンドラマ。

<感想>
今年の元旦、台湾から関空への機内映画で観ました。上映リストで前から観たいと思っていた今作品を見つけ眠さでぼんやりしていた頭がシャキッとなりました~。

親一人子一人の王親子。自分がいなくなったあと自閉症の息子はどうなるのか?1人でどうやって生きていくのか?と自分の病気よりも息子のことを心底心配し、面倒を見てくれる施設探しをするものの現実はなかなか難しい。そこで父親は息子に1人でも生きていけるように生活に必要な事柄をいろいろと教えていくのですが、父親には時間がない。

大福は泳ぐのが得意で水中の動物たちと触れ合うのが好きな青年。服を脱ぐときにくすぐられるのが好きで第三者から見ると愛嬌があって好感持てる青年なんですが、とにかく時間がない父親にとって息子の将来の方が心配で心配で仕方がない。息子の自閉症や妻の死を現実的に受け入れ、今を懸命に生きようとするのは全て息子のため。息子のためだけに時間を費やす姿に親心を充分すぎるほど感じます。

大福のことを心配してくれるのは父親だけじゃなく、王心誠のことをいつも気にかけてくれてる女性役の朱媛媛、ピエロ役のルンメイちゃん、以前お世話になっていた施設の劉先生などなど、王親子の周囲の人々はみな優しいなー。

ジェット・リーがアクションを封印して臨んだ作品なんだそうですが、自閉症を持つ父親役を好演。苦悩に満ち痛んだ体を丸める姿、息子を心配する中年男性、このようないつもと全く違うジェット・リーが見れるとは思わなかった。最初から全く違和感なくすんなりこのような男性像が入ってきました。そう思うとやっぱりジェット・リーはすごいな。そして息子役の文章くん、彼も素晴らしかった!

海洋天堂1

息子にバスの降り方を教えるシーンのジェット・リーが可愛らしくてよいです♪(ジェット・リーに対し可愛いとは失礼な話ですが^^;、息子を心配しバスの運転手役をする姿が何とも愛らしいんです。)
重いテーマで最初は前向きではないんですが、父親が息子が1人立ち出来るよう努力し前向きになっていき、息子の将来を考え一生懸命行動する父親。その懸命に生きる様子を描いているだけなのですが、観終わったあと心に残ります。といってもブルーな気分になるのではなく、なんていうんだろ、大福くんにエールを送りたくなる、そんな感じでしょうか。
このような作品を中国作品の一つとして国際映画祭で上映してほしかったなと思います。

最後に周杰倫が歌うエンディングの「説了再見」、これがまたよかった!↓映画のシーンも一部だけ見れます。

-6 Comments

prego says...""
JAlだったのかー。やるなーJAL。私今回キャセイでいったのだけれど、キャセイも香港の飛行機会社だからジェットリーさん映画の一つとしてこれやるかなーと期待していたのだけれど…
この記事を読んだだけでウルっとくるわー
今年の夏が楽しみ!
2011.01.04 20:59 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
pregoさん、こんにちはー!
JALはやるときゃやるよw
以前、エバーかキャセイに乗った時にお目当ての映画が
あったんだけど中文字幕しかなく、しかも一時停止出来ない
ノンストップ型で全く意味がわからないことがあったの。
それを思うと日系だと字幕が出るのが多いから
結構嬉しかったり♪

今年の夏をお楽しみに~☆
この親子の演技も素晴らしいのでそこにもご注目!
2011.01.05 13:02 | URL | #- [edit]
prego says...""
確かにエバーやCXは中文が多いよねぇ…。
あと、一時停止できないのも困るっ!!
エバーは大抵出来るのに乗っているんだけれど、日本語がねぇ…。

MV初めて見た時、ジェットリーがわからなかったのよねー。
絶対見るわっ!これっ
2011.01.06 21:39 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
pregoさん、こんにちはー☆
そうそう、一時停止できないのはトイレも行けないし
機内食食べる時も画面から目が離せないからひじょーに困るっ!

なので私は台湾に行く時はだいたいJALかしらん。
関空-桃園の場合、意外とJALが安かったりするよのね~。
なんといってもマイルも貯まるし♪
一番安いのはジェットスターだけどいつもギリで予定立ててる私が
調べる時にはすでに満席状態。一度でいいから台湾まで
往復総額1万円前後で行ってみたいわぁ~。
2011.01.07 14:38 | URL | #- [edit]
孔雀の森 says...""
こんにちは♪
いろんな評判を聞いて買ってしまいました。
もう号泣でした。ティッシュがどんどん減ってく~、っていう感じで!
機内でご覧になったのですね。そうか、JALならいいのね!
私は去年キャセイで台湾映画(涙王子)を観たとき、
一時停止できないし、途中アナウンスが入ると止まるし、
ストレスがたまりました。(笑)
この作品、おっしゃるように前向きな作品として心に残りますね。
悲しい結末ながら希望が見える物語はいいですね!
心がささくれた時に観る作品の一つにしようと思います。
2011.03.05 12:33 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは孔雀の森さん☆
おっ、中国版DVDを購入されてご覧になりましたか!
私もこの作品の前評判を知りずっと気になってたんですよね。
なので機内上映があると知った時は嬉しくて嬉しくてそこでまず涙(笑)。

おっしゃる通り絶望から始まり希望へと変わりゆく内容で、
重いテーマなのにあとに残るような重さはないんですよね。

さっき自分の感想を読み直し「中国作品の一つとして国際映画祭で
上映してほしかった」なんて書いてますが、これ撤回。
だって東京国際映画祭でもし上映されていたら
とんでもない字幕になってたかもwあわわ…

P.S やはり機内で一時停止できないのは辛いですよね(><。)。
しかも台湾は微妙に近いので関西からだと長い映画は
最後まで観れないというジレンマ。
なので比較的上映時間が短い香港映画を選んじゃう私☆
2011.03.05 19:48 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/744-e8632e16
海洋天堂
2010年/香港・中国/1時間37分(中国版DVD) 監 督  薛暁路(シュエ・シャオルー) 撮 影  杜可風(クリストファー・ドイル) 英 題  OCEAN HEAVEN 出 演  李連杰(ジェット・リー) 文 ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。