TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スプリング・フィーバー」

『スプリング・フィーバー』   春風沈酔的晩上  SPRING FEVER 

春風沈酔的晩上

製作年:2009年
製作国:中国/フランス
監督:ロウ・イエ(婁) 
出演者:チン・ハオ(秦昊)、チェン・スーチョン(陳思成)、タン・ジュオ(譚卓)、ウー・ウェイ(呉偉)、ジャン・ジャーチー(江佳奇)、チャン・ソンウェン

<簡単なあらすじ>
本屋で働くワン・ピンと旅行会社で働くジャン・チョンは恋人同士。うまくやっていたがワン・ピンの妻が夫を疑い探偵ルオ・ハイタオを雇い尾行させる。そんな事を知らずワン・ピンは妻に恋人のジャン・チョンを大学時代の同級生だと紹介するが、妻は男2人の関係を既に知っていた。一方、探偵のルオ・ハイタオはジャン・チョンを尾行するうちに惹かれ始め関係を持ってしまう。ジャン・チョンが宿遷に行くと知り、恋人のリー・ジンを連れて同行することに。そして3人の旅がはじまった。

<感想>
『天安門、恋人たち』で中国電影局の許可なしにカンヌで作品を上映したため当局から5年間の映画製作・上映禁止処分を受けたロウ・イエ監督のラブストーリー。といってもこうやって製作できたのはフランスと香港から撮影に最低限必要な資金援助を確保したらしい。
家庭用デジタルカメラでゲリラ的に撮影したそうで、映像は全体的に暗く最初の方が顔の区別がつかなかったよ…。ハンドカメラなだけにシーンによっては画面がかなり揺れる箇所もあり。でも観終えた時にはそんなことも気にならなくなってました。こういう映像や画面の方が、翻弄し絡み合ったストーリーに重みが合っててよかったかも。

3人は一体何を求め彷徨っているんだろう?3人とも今もずっと彷徨い続けているような気がする。全体的でいえば主要登場人物は5人。みな心が満たされてない雰囲気。とにかく誰もが満たされていない心の空虚を必死で埋めようとしているって感じ。1人の人を愛するという概念がないようにも見える。脚本家は「自由=選択肢の多さ」と語っているけどなんか腑に落ちないような…。

よくわからなかったのはリー・ビンと探偵さんはカップルだと思っていたんだけど、それならリー・ビンと工場長の関係は一体?この2人の関係は最後までよくわからなかった。ルオ・ハイタオとは欲望だけの付き合い?ってわけでもなさそうだし。そういう意味ではワン・ピンの妻以外はパートナーがいるのにも関わらず心の隙を埋めたがってるような…。1人の相手だけでは心身共に満足いかないんだろうか。

3人で旅をするにあたり、皆このメンツは気にならなかったのかしら?特にジャン・チョン、関係を持っている男性の彼女や妻とは関わらない方がいいと身をもって経験したはずではなかったの?2人がついてくるのを拒否できたのにそれをしなかったのは一体なぜ?自分の事以外は興味なし?リー・ビン、彼女は旅に何を求めてたんだろう?ただ現状から逃げたかっただけ?探偵さんは?ただ単にジャン・チョンと一緒にいたかっただけ?なぜリー・ビンも誘ったの?
うーん、男と女のことはよくわからんですわ。監督自身、この映画は人と人との間の身近な日常を描いた純粋で単純でありふれた普遍的なラブストーリーと言ってますが、少なくとも私の身近にはこのような日常は…ありましぇん。。

作品中で朗読される「風沈酔的晩上」は小説は教科書にも載ってるぐらい有名な郁達夫の著書とのこと。そのお陰か物語をちょっぴり詩的で孤高な雰囲気になっていたかも。

『天安門、恋人たち』と同じ監督なのでなんとな~く同じようなイメージを持っていたので内容的にはさほど衝撃はなかったのですが、『天安門、恋人たち』と同じく観終えたあとはどこか悶々と…。面白くなかったわけではなく、結局は何が言いたかったのかなと。どうやらこのような作品は私には難しすぎるみたい^^;

といいつつも言葉少なめの作品なのに最初から最後までスクリーン釘付けで観てしまいした。なんて言ったらいいんだろ、それぞれ登場人物たちの気持ちは代弁できないけど惹きつけられる作品であることは間違いないと思う。旅をする3人より、ワン・ピンとその妻の2人の行動の方が現実味があるような気がしました。それぞれ俳優さんの演技、表情は良かったです^^

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんばんは♪
最初のうち、というか、私はかなり長い間登場人物の顔の
区別がつきませんでした。
ちゃんとわかったときはもう中盤。スクリーンに??が
飛び交っているように見えました(笑)
>少なくとも私の身近にはこのような日常は…ありましぇん。。
私の周りにもありましぇん。。
だから理解に苦しむのですよね。
今思ったのですが、そもそもワン・ビンが妻と恋人
両方との関係を良好に保とうとしたのが大きな間違い。
恋人が男だから大丈夫かと、甘く見過ぎていたのでは?
ジャン・チョンは時がたてば傷が癒えてどんどん相手を
変えていかれるタイプ?
今レビュー拝見したらいろんな考えがめぐってきて
しまいました。
結局何を言いたいのかわからないけれど、嫌いではありません。
でもたぶん、再鑑賞はしないかな。不思議なお話でした。
2010.12.22 18:09 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん☆
そうそう、そもそもはワン・ビンが妻ともジャン・チョンとも
いい関係でいたいと思ったのが間違い!
妻にばれ、ジャン・チョンと連絡取れなくなった時点で
彼のことを忘れるという選択はワンにはなかったのしら。

>ジャン・チョンは時がたてば傷が癒えてどんどん相手を 変えていかれるタイプ?

どうなんでしょうね~。最後には新たな恋人ができてましたが、
心ここにあらずといった印象を持ちました。
ワンの時のように相手にのめり込まれよう一線を引いているのかしらん。

心理的にわからない部分はありましたが、私も嫌いな作品ではないです^^
こういう恋愛もあるんだなと勉強になりました。。
現在、パリ郊外で次作を製作中のようですが
またこのような路線なのかしら?違う路線の作品も観てみたいわ~。
2010.12.23 19:47 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/739-e86b7a0e
スプリング・フィーバー
2009年/中国・香港・フランス/1時間55分(劇場で鑑賞) 監 督  婁 ?(ロウ・イエ) 英 題  Spring Fever 仏 題  Nuit d'ivresse printannière 中文題  春风沉醉的晚上 出 ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。