TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バイバイ、ブラックバード」 伊坂幸太郎

『バイバイ、ブラックバード Bye Bye Blackbird』

バイバイ、ブラックバード

 著者:伊坂幸太郎
 出版社:双葉社





<簡単なあらすじ>
<あのバス>に乗せられ連れて行かれるまで2週間。星野一彦は監視役の繭美に、付き合っていた5人の女性に別れの挨拶をしたいと頼む。別れ方は繭美の指示により「繭美と結婚するから別れたい」という嘘の内容。出会い方も別れを告げた時の反応もさまざまな5人。彼女たちの問題を知った星野はそれが解決するまで、あるいは糸口が見つかるまで見届ける。嫌々ながらもそれに付き合う繭美だったが対応は容赦なかった。5人に別れを告げたのち、星野の前に<あのバス>が現れる。

<感想>
1つの話につき1人の女性との出会いから別れを告げるまで描かれており、最後の1話は書き下ろしで全部で6話から構成されている連作短編。この小説は双葉社の企画「ゆうびん小説」で、短編1つ書き終えるたびに抽選で選ばれた50名に届けられ読んでもらったそうな。確かにある日小説がポストに届いていたら嬉しいけど、これって1~5話まで同じ50名に届けてくれたのかな?それとも1話ごとその都度選ばれた50名という意味なら前後の話が気になって仕方がないよね?

<あのバス>が何の目的でどこに向かうのか、どんな経緯でこのバスに乗ることになったのか、そこでどんなことが待ち受けているのか詳細は謎。繭美いわくとっても恐ろしい所らしい…。最初は気になりながら読んでましたが、読み終えると詳細がはっきり書かれてない方がこの作品には合ってるなーと納得。

なんといっても繭美のキャラと存在が強烈炸裂爆発的!身長180cm、体重180kgの巨漢体で何から何まで規格外、その上、態度も大きく横暴で傍若無人。さらにケンカも強く肝も据わっている。「わたしの辞書にはのってない」と年季の入った小さな辞書を持ち歩き調べたり(でも常識的な単語は全部塗り潰されている)、箱に入った金色耳かきを持ってたりと意外にこわだり屋さん。とにかく体もすることも言うことも強烈でインパクト大な繭美、基本やること全てにおいて横暴極まりないんですがたまに的を得た事を言ったりするもんだから「あれ?繭美さん、今いいこと言ったよ?」というシーンもちらほら。結構物事冷静に見てるのね。
マツコ・デラックスのような繭美に対し(これって読んだ人は必ず思うよね?)、不思議なことに最後にはちょっと好感が持てたりなんかする。

5人の女性と付き合ってるなんてどんな色男?なんて思いますが、顔は整ってるとは言い難いけど個性ある顔立ち。不器用と言っちゃ不器用なんだけど世の中の計算が出来ない男性。よく言えば正直に生きていて、基本、優しい。それも計算ではなく持って生まれたもの。彼と付き合った女性たちからすれば惹かれる何か、あるいは興味が持てる好感オーラが出てるんだろうなぁ。なんとなくわかるような気がする。だって繭美自身にも興味を持たせたんだから。。といっても結局その優しさと正直さから5股してるわけだから決していい奴ではないんだよな~。

最後、一瞬だけ「そっちが目的だったの?!」と勘違いしてしまいそうな繭美が絡むシーンがあるのですが、このシーンはラストに繋がるためのシーンだったのね。。私はてっきり実は繭美の方が…なんて思っちゃったよ。

交際関係を全て精算し、毎日監視され、挙げ句には恐ろしい未知ともいえる場所へ連れて行かれるといった決して愉快な話ではないけれど、会話が軽妙で終わり方もどこか爽やかな風が吹いてる。なのでサラリと読めちゃう1冊。(まぁ結果はどちらに転ぶかわからず読者の想像に任すといった感じで、もしかしたら全然爽やかな結果じゃないかもしれないけど)

そう言えば今作品は他作品とのリンクがなかったような?あったかもしれないけど気付かなかった。確かに『伊坂幸太郎WORLD&LOVE!』に、「リンクさせることを常に考えて書くのは違うかなと思うように。今はあえてできるだけ入れないようにしている」という本人談があった!そっか、だから今作品には他作品とのリンクがなかったのね。納得。リンクもなければ伏線もほとんどない。それでも伊坂さんらしい今作品。面白く読めました☆

『「バイバイ、ブラックバード」をより楽しむために』という本も出ており、早速図書館に予約をしました。何が書かれているんだろう?裏話とか聞けちゃうのかしらん?早く手元に来てくれないと「バイバイ、ブラックバード」自体の内容を忘れそう~。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/731-614f7d1a
「バイバイ、ブラックバード」伊坂幸太郎
太宰治の未完にして絶筆となった「グッド・バイ」から想像を膨らませて創った、まったく新しい物語。1話が50人だけのために書かれた「ゆうびん小説」が、いまあなたのもとに。「理不尽なお別れはやり切れま...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。