TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「モンガに散る」 <2010東京国際映画祭>

『モンガに散る』  艋舺  Monga

モンガ1

製作年:2010年
製作国:台湾
監督:ニウ・チェンザー(鈕承澤) 
出演者:イーサン・ルアン(阮經天)、マーク・チャオ(趙又廷)、マー・ルーロン(馬如龍)、リディアン・ボーン(鳳小岳)、クー・ジャーヤン(柯佳嬿)

<簡単なあらすじ>
1986年、台北一の繁華街・モンガに越してきた高校生の“モスキート”(趙又廷)は、校内の争いをきっかけにモンガ一帯の権力を握る、廟口(ヨウカウ)組の親分(馬如龍)の一人息子“ドラゴン”(鳳小岳)と、ドラゴンの幼馴染で頭の切れる“モンク”(阮經天)に気に入られ、彼らが率いるグループの5人目として迎えられる。最初は極道の世界に戸惑いつつも、生まれて初めてできた友達とケンカに明け暮れながら、モンガの街で青春を謳歌していくモスキート。次第に彼らは固い絆で結ばれ、義兄弟の契りを交わし、仲間のために戦うことを誓う。そんな中、街の利権を狙う新たな勢力がモンガに乗り込みはじめる。激しい抗争と陰謀に巻き込まれた5人は、それぞれの想いを抱えながらも、この街を守ろうと戦っていた。その争いはやがて彼らに悲しい運命をたどらせていく…。
(本作品チラシ裏の説明から引用)

<感想>
台湾で2010年春節映画として上映されてから爆発的に人気が出た作品。舞台となった万華が一躍人気観光スポットとなり『海角七号』を超える社会現象を起こしたそうな。この2作品、タイプは全く違うので比較するのは難しいですが、両作品とも台湾人心を揺さぶる魅力があるんだろうな。で、本作品、台湾で話題になっていたのでずっと観たいなと思ってました。実は夏に台湾に行った時にDVDを購入したんですが、オリジナルを観ると訳すのに疲れるのでまだ観てなかったんです^^;逆に観ていたら中国語字幕が理解できず、中途半端な観賞になっていたはず。今回の映画祭で内容が把握できたので、これで安心してオリジナルDVDを観ることができます☆

前半はモスキートがドラゴンらのグループに入るまでの経緯、入ってから仲間と絆を深めていく経緯などが描かれており、笑えるシーンもあったりします。後半はヤクザの抗争があり仲間との絆にも影響が及び、葛藤・不信感・裏切りなど様々な感情がうごめき出します。

コテコテのヤクザ物語ではなく、チンピラ風情の高校生たちが仲間たちと青春を謳歌していたけど(青春といっても健全な高校生とは違った青春)、いつしかヤクザの道に足を踏み入れ、ヤクザの抗争に巻き込まれてしまうという話。こういう青春群像劇って昔の香港映画に多かったような気がする。だけど香港よりエンターテイメント性が非常に高い。(もちろん昔と違い今の香港映画も素晴らしいエンターテイメント性ありますよー)
ニウ監督、『ビバ!監督人生!!』では自虐的な内容でだらしないイメージがあったのですが(失礼!)、髪もさっぱりして男前になってますやん^^こんな素晴らしい作品も手掛けることが出来るんだと見直しちゃった。今後も期待大です。

拳銃を使わず古き伝統を守ろうとする本省人ヤクザ、そこに入ってこようとする外省人ヤクザ。ブンケアンが刑務所から出てきて外省人ヤクザと組んだことで事態は急速に進んでいくのですが、今作品の義兄弟の友情は切ないです。仲間のためを思ってしたことが裏切り行為として誤解を受けてしまう。時代遅れの古き伝統をとるか、今の時代にあった方をとるかの葛藤…その狭間にいるのは辛かっただろうに。。

1986年ということで当時の服や音楽、ローカルな町並みも楽しめる一つ。小天、趙又廷、リディアン君と若い俳優陣がかっこいいため、多少ダサめの服でもよくお似合いで^^ドラゴンの彼女が聖子ちゃんカットに見えたんだけど、当時の台湾で聖子ちゃんカット流行っていたのかしら?

監督やリディアン君、柯佳嬿、馬如龍らは他作品で知ってましたが、肝心の小天と趙又廷はなんとなくは知っていたものの彼らが出演してる作品を観るのは今回が初めて。お2人ともかなり熱演でした^^劇中は役柄がとってもかっこよく坊主頭が似合っていた小天、舞台挨拶で今度は趙又廷が坊主頭になってる!2人とも長髪より坊主頭の方がかっこいいと思うんだけどなぁ。どうでしょ?
キャストが全体的にバランスよくてGOOD!若い人気俳優からベテラン俳優まで揃え、舞台は万華ときてる。それでいてこの内容でしょ?台湾で爆発的ヒットしたのもわかるような気がする。でも子供にはちょっと見せたくないかも^^;

観終わって思ったのは『九月に降る風』と雰囲気がなんとなく似てるかなと。両作品にリディアン君が出てるからかもしれないけど、両方とも仲間たちと青春を謳歌し、友情と裏切りの狭間で揺れる若者たちを描いてて決してハッピーエンドではなくやるせなさが残る作品。こういう雰囲気の作品かなり好き♪

モンガ3

上演前の舞台挨拶で監督が第一声に「今夜空いてる?」って言ったのには笑えた(笑)。面白すぎだ~。上演後にはQ&Aがあったのですが、違う劇場での『ボディガード&アサシンズ』と上映前のオープニングセレモニーの時間が迫っていたため泣く泣く退席。なのにオープニングセレモニーは15分遅れで始まり内容もも一つ興味が持てる内容ではなかった…(でも映画は面白かったっす!)。今思えばQ&Aを聞いてから行けばよかったと大後悔~(泣)。しょうがないっか。こういうこともあるある。

これで中国映画週間、東京国際映画祭の感想は終わりです。計6本観たのですが、『モンガに散る』は面白かった作品の上位2位には入る作品。『恋の紫煙』も2位に入ると書いたのですが、本当はどちらも1位!タイプが全然違う作品なので順位をつけることが出来ないです~。なにはともあれ今回は歴史大作からラブコメまで幅広く素晴らしい作品が観れて良かったです♪来年もアジアの風部門が充実してたらまた東京に行っちゃうかも☆

-2 Comments

孔雀の森 says...""
またまたこんばんは~
(今日はたくさん挨拶してますね~)

>髪もさっぱりして男前になってますやん^^
確かに前作の監督はちょっとお疲れ、という感じでしたね。
かなり複雑な役柄で、あの後彼はどうなるんだろうという
疑問が残ったまま。陰りがまた魅力的でした。

なぜこの作品が胸を打つか、というのをちゃんと説明できなかったのですが、
今レビューを拝見してようやくわかりかけてきたみたいです。
義兄弟の絆と、葛藤、不信感…
こういう濃い人間関係って、今の若い人たちの間には
存在するのかなと、ふと考えてしまいました。

>ドラゴンの彼女が聖子ちゃんカットに見えたんだけど
おお、よくみていらっしゃる!なんとなく思い出しました~
1986年。時期的にはちょっとずれているかしら。

>来年もアジアの風部門が充実してたらまた東京に行っちゃうかも☆
是非是非!!
私はもう少し時間に余裕ができたら、「セレクトパス」を買いたいです。
そして六本木に宿泊するのが夢です(笑)
2010.11.03 17:58 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんにちは、孔雀の森さん♪
やはり今作品は1位ですか!わかりますわかります!
私も台湾映画部門・任侠映画部門・坊主頭似合ってるでしょう部門では
1位ですもん♪(勝手に部門を作っちゃました~)

私は映画を見る時やDVDを購入する時は主に出演者や内容、あるいは
話題性などを重視し監督名はいつも二の次の事が多いんです。
内容に興味がなくても前作が面白ければ監督名で選ぶことも
たまにありますけどね☆(『4枚目の似顔絵』がまさにそうであります)

なので今回何気にHPで監督名を見るとニウ監督の名が
あったのでビックリ!前作とは全く違う任侠映画。台湾で超話題に
なってるけどだ、大丈夫なのか?!と実は不安でした(笑)
前作は自伝風、今回は任侠、次回作はどの分野?と期待しちゃいます。
ホラーだったりしてw

>義兄弟の絆と、葛藤、不信感… こういう濃い人間関係って、
>今の若い人たちの間には 存在するのかなと、ふと考えてしまいました。

どうなんでしょうね~。若い世代はこうですよと語りたいとこですが、
私はアラフォー世代なので孔雀の森さんと同じくどうなのかな?と
考えてしまいます^^;

ドラゴンのためにしたことでもこの世界ではあえて口にしない。
でもドラゴンはそんなモンクの気持ちは知らない。
そしてモスキートはモンクの行動を裏切りとしか映らない。
これは逆に考えるとモスキートには初めて出来た仲間たちなので、
モンクの行動にはもしかして何か考えがあるのかもしれないとか、
絶対そんなことはありえないとは考える余裕はなかった。
友情や契りを交わすということに対し経験がないため、
モスキートには裏切り行為としか受け取ることしかできなかったのかなと。

ああ、ダメだ。書き出したらキリがない(笑)。 感想書くのに迷ってた割には私、語る語るw
とにかくストーリーを理解したので、まだ観てないオリジナルDVDを
字幕がかわるたびに一時停止せずに観ることができます☆

P.S 私も孔雀の森さんと同じく「セレクトパス」欲しいっす!
同じく六本木に泊まりたいっす! 来年のラインナップが楽しみですねー。
2010.11.05 14:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/723-1cc27552
モンガに散る
2009年/台湾/2時間21分(台湾電影ルネッサンス2010で鑑賞) 監 督  鈕承澤(ニウ・チェンザー) 原 題  艋舺 英 題  Monga 出 演  阮經天(イーサン・ルアン) 趙又廷(マーク・チャオ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。