TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「悪人」

『悪人』   

悪人

製作年:2010年
製作国:日本
監督:李相日 
原作:吉田修一
音楽:久石譲
出演者:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、樹木希林、柄本明、宮崎美子、光石研、余貴美子、井川比佐志、塩見三省、永山絢斗、松尾スズキ

<簡単なあらすじ>
長崎郊外の漁村に祖母と住んでいる土木作業員の祐一(妻夫木聡)は祖父母の面倒を見ながら孤独に暮らしていた。一方、佐賀市郊外に住む紳士服店に勤める光代は妹と2人で暮らしており、地味で彼氏もなく職場に行くだけの孤独な生活をしていた。この2人が出会い系を通し出会い互いの孤独感を埋める存在だと気づくが、祐一は光代に出会う前、同じように出会い系で知り合った女性:佳乃を殺害していた。やがて警察は祐一を容疑者として追跡するようになり祐一と光代は逃避行し始める。この事件によって被害者佳乃の両親、事件が起こる前に佳乃と会っていた大学生の増尾、祐一と同居している祖母の房枝らのドラマも描いている群像劇。

<感想>※ネタバレしてます
深津絵里さんがモントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を受賞したことを受け、この作品を観に行ってきました。原作は読まずに鑑賞。

「ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の"悪人"なのか?」
今までの生い立ちや佳乃からのひどい扱いを受けたとはいえ殺人を犯してしまった祐一なのか、自首しようとする祐一を一緒に逃げようと引き留めた光代なのか、自分に好意を寄せる佳乃を車から追い出し彼女が殺された後も反省の色が全くない増尾なのか、祐一に対しひどい態度や暴言を吐いた佳乃なのか…。

これはかんなり難しい。悪の部分は誰もが持っているし、それぞれの立場によって悪人と思う対象人物がおり、それぞれが誰かに悪人と思われているわけだから。

被害者の父が言う「大切な人がおらん人間が多すぎる」。この言葉は大きい。大切な人がいる被害者両親と加害者の祖母。まだ本当に大切な人を見つけていない佳乃と増尾。祐一と光代は大切な人を求めやっと見つけたが遅すぎた。それに気づいた時はもう…。

出会い系で初めて会った男性にその日のうちに体を許し、再び出会い彼から殺人云々を聞かされる。そして彼の自首を引き止め逃避行。いくら孤独で同じような立場というか本気で誰かと繋がっていたいという男性に出会ったからといって、殺人犯と聞かされた上で、その男性にのめり込んでいくというのはありえるんだろうか?
一見、男性に対し物分りのよい女性に見えるけど実はそうではなく、悪く言えば自分の心の隙を埋めてくれる男性を失いたくない、殺人犯とわかっていても一緒にいたいという…。自分の居場所を見つけ、それを手放したくないという心の奥のエゴが前面に出てしまったということなんでしょーか。

光代が殺人犯の祐一に対し、待つと思ってしまうのはいささか安易で軽率すぎるような気が…。光代の中でいろいろ思うことがあったの思うのですが、もう少しそういう心境になってしまった経緯が欲しかったかな。

最後のシーンは祐一がこの逃亡劇の罪を全て被るような行為に見え、光代に対しても加害者でいようとしたという理解でいいんだろうか。また映像ではないですが、彼女が通常の生活に戻っていることから彼女自身もあえて自分が祐一の自首を止め逃亡を促したことを言ってないのかなと。これは祐一の光代に対しての愛情を感じ取ってそれを受け入れたということ?待つということ?

パンフによると監督いわく最後の祐一の顔から観客に色々なものを探り当ててほしいと。
母親に捨てられた灯台、自分を必要としてくれてる光代といる灯台、この灯台で見せる最後の顔…。正直私には分かりません…。なみだ目で少し優しい顔をしているから祐一自身は穏やかな気持ちになれてるのかなと思いつつ、そうではなく全て吹っ切れて新たな気持ち(良くも悪くも)になっているのか。その辺のことは原作では説明されているのかしら。

悪人2

心理がわかりやすく描写されてる人物と、判断は観客にまかせるといった人物がいるので難しい(><)。私は観客に判断をまかされるとかなりの確率で間違った方向へ解釈してしまうので、今回も見当違いの推測をしてしまいそうでコワイ…。原作では事件に至る経緯や祐一の葛藤などが前半部分を占めているそうで、祐一の心理がわかりやすく描写されてるのかな。
祐一が母親に小額であってもお金をせびっていたという話、映画では理由を描いてませんでしたが、原作ではちゃんと理由が書かれているそうな。その部分がラストで祐一が光代に対しての行為とリンクする部分があるとどなたかが評してらっしゃり、とっても気になります。やはり原作も読んでみたくなりました。

総合的に観終えて息苦しくなる作品でした。祖母に一言声をかけるバスの運転手、増尾の友人の1人がいなければもっともっとブルーな気分になっていたかも。

最後に深津絵里さんはやっぱいいわ~。可愛い女性、気の強い女性、そしてこの映画のような役までこなすんだから立派!祐一役は妻夫木聡くんじゃなくてもよかったような気がする…(ファンの方ごめんなさい)。彼にとっては転機となる役かもしれないけど、どうしても普段の好青年のイメージが払拭できない。あれほど金髪が似合わないブッキーはイヤだ(><。)
樹木希林さん、柄本明さんの演技が素晴らしいのはもちろんですが、個人的には佳乃演じた満島ひかりさん、増尾演じた岡田将生くんに拍手を送りたい。よくぞあんなイヤな役を完璧にこなしてくれたもんだと。あっぱれ!

早く原作が読みたいと思い、さっき図書館で予約をしようとしたら予約数がすんごいです!ということでネットで本を購入しちゃいました~。早く読みたいなぁ。

-3 Comments

孔雀の森 says...""
こんばんは♪
実に重い作品でしたね。
私はずっと前に原作を読んだときすご~く衝撃を受けました。
それでキャストが発表された時とっても意外な気がしました。
観終わった今となっては、もう妻夫木聡、深津絵里でしかないのですが、
読んだ当時は主人公の二人が、没個性の人たちにしか思えなかったんです。
それでもう一度読んで感触を確かめたいと思った次第。
ところで、TKATさんは妻夫木くんをお好きですか?
私は今までは何とも思ってなかったのですが、
今回「いいかも!」と思ってしまいました。
(もしかして相反する感覚でしょうか?)
深津絵里さんはほんとに素晴らしいですね!!
脇を固める俳優さんたちがそれぞれ、際立った個性を
発揮していて、今も心の中で拍手をしています。
2010.10.05 20:59 | URL | #W/rA3xXw [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.10.05 21:08 | | # [edit]
TKAT says...""
こんにちは、孔雀の森さん♪
孔雀の森さんも原作を買われたんですか?
しかも2人が表紙になっている本は
表紙の裏に映画談議が書かれてあるとは!
わぁ~しもた~、私は普通の文庫を買ってしまいました~(><。)。
まだ手元にきてないのでわかりませんが、
おそらく表紙裏は真っ白だろうなー。

原作を読んで少しでも祐一、光代の心理が理解できたらいいんですが、
今以上に頭が混乱してしまったらどうしましょうかねぇ?

>ところで、TKATさんは妻夫木くんをお好きですか?
えっとですね、特別ファンではないですが、
可愛らしいお顔をしてるなーとは思ってます♪
でも今回、「あれ?ちょっと違うかも…」と思っちゃいました。
孔雀の森さんとは反対ですねー^^;

重たい内容ではありましたが、良い作品だったと思います^^
2010.10.06 14:55 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/704-007cf565
悪人
2010年/日本/2時間19分(劇場で鑑賞) 監 督  李相日 原 作  吉田修一『悪人』 出 演  妻夫木聡 深津絵里 岡田将生      ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。