TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シアター!」 有川浩

『シアター!』   

シアター! (メディアワークス文庫)

 著者:有川浩
 出版社:角川グループパブリッシング メディアワークス文庫





<簡単なあらすじ>
有川巧が主宰の小劇団【シアターフラッグ】が解散の危機に直面していた。巧は兄の司に300万の借金をするが劇団の経営実情を知った司は「今から2年以内に劇団が上げた収益で300万を返せ。返せなかったらシアターフラッグを潰せ」と厳しい条件を言い放つ。劇団の赤字、半分以上の役者の退団、そしてプロの声優である羽田千歳の入団といろいろ問題があるシアターフラッグは司が資金繰りを管理する中、新たな出発をするが…。商業的に成功し黒字が出せる劇団になるまでの物語。

<感想>
誰からも好かれどこかほっとけない父親似の巧、しっかりしていて現実をよくわかっている母親似の司。子どもの頃から疎外感を知っている司は劇団でも立場的には部外者だけど、その自分の立場をちゃんと理解した上で苦にせず劇団の資金面をやり繰りする姿はかっこいい♪なんて人間ができているんだろう。

今まで兄に甘えていた巧と劇団員、今回も助けてもらえると思っていたらそうではなかった!お金を借りた時から兄が債権者でシアターフラッグは債務団体に。なかなか厳しい言葉だけど、兄弟の父親が売れない役者であったため、弟が父親と同じ道を歩むんじゃないかと心配してるんだよなー。好きだからいい、楽しければそれでいいと思っていた小劇団に喝を入れたって感じ?

ずっと二十代ではいられない、何となくずるずる続けて十年後、二十年後は?と思うのは劇団員だけではなく仕事を持っていても思うことのような気がする…。

鉄血宰相と言われるだけあって金銭的なことに対し徹底しているように見えるけど、今までのシアターフラッグがいい加減すぎたのでそう見えるだけなわけで。。実は今までしてこなかったことを正してくれてたり。自分の仕事をしながら劇団の資金繰り、予算の見直しから決済までするのはスゴイ!口では厳しいことを言っててもハンパない兄弟愛だなぁ。

小劇団の経営やチケットを売るまでなどいろんな内情を初めて知りましたが、実際、シアターフラッグがストーリー内で演じた話って元ネタとなった劇団さんがあるそうな。観客からはわからない劇中のトラブルっていうのも裏では大変だ…

それぞれ劇団員もみな個性あって(中にはそれほど目立たない存在の人もいたけど)わかりやすい。キャラ設定がちと型にはまりすぎてる感があったりするんだけど、逆にそれが巧と千歳を引き立たせてるような気も。。

ところで2年後は一体どうなってるのかな?続編はあるのかしら。勝手な予想としては、数年後、シアターフラッグはプロの劇団として大成功。そんな中、弟、兄、千歳、その他もろもろの恋愛事情も収まるべき所に収まっており(どういう風に?)、作中で借金を返すまでの経緯や、カップルになるまでの経緯などが回想として描かれるってのはどうでしょ。これじゃベタすぎるか(笑)。というよりこの物語は兄弟愛だけで恋愛はなくてもいいかも。
それか全く違う内容の物語の中で、登場人物たちがシアターフラッグの劇を観に行くというのを盛り込み、2年後の状態がわかるようにリンクしてあるとか…。いろいろ考えるだけでお腹いっぱいw

-6 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは~
この作品、買って読んだのですが、手元にあるという安心感から、
感想を書かないまま、ずいぶんたってしまいました。
私は舞台をほとんど観たことがありません。
これを読んでちょっと行ってみようかな、という気分になりました。
けっこうシビアな内実が細かく書いてあって興味津々でした。

>シアターフラッグはプロの劇団として大成功。
そうなっていたらいいなあ!!
それから、おっしゃるように恋愛は二の次でいいと私も思いました。
やっぱりこのお話は兄弟愛!!だもの!!

PS:東京国際映画祭、今年は行きたいと思っています。
2010.09.28 08:47 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん☆
既にお読みになってたんですね~。確かに買ってしまうと
いつでも読める、また読んでもいつでも読み直し感想が書けるので
ついつい安心しきってしまい、いつの間にか時が経ってしまいますよね^^

私も舞台をほとんど観たことがないので、自分の知らない世界を
垣間見れて興味津々で読みました。
ちょうど今、話題になってる「東京セレソンデラックス」という
劇団が気になってるんですよ~。←なんか泣けるらしいです。。

>それから、おっしゃるように恋愛は二の次でいいと私も思いました。
ですよねー。うんうん。
もし続編があるならお兄ちゃん以上に男前の性格の母親が
もうちょっと登場してくれたら嬉しいなぁ。

PS:ドラマ「フリーター、家を買う。」10月19日から始まりますね!
お姉ちゃんは井川遥さん、母親は浅野温子さんみたい。
両人ともちょっと私が想像していたイメージとは違いました^^;
なにはともあれ楽しみですね♪
2010.09.28 20:24 | URL | #- [edit]
jia says...""
お久しぶりです。あちらでも最近はボヤいてませんでしたが、
ようやくブログ更新しました(汗)

なんだか新講座を告知するだけの
ブログになってますが、今回は
まじめに取り組んでみようと
思っています。

新講座のテキストはGetされましたかぁ???
2010.09.30 13:51 | URL | #1olHiW.o [edit]
TKAT says...""
jiaさん、ブログではあちら以上にお久しぶりですねーw
あちらではわたくし結構ボヤいてますが
阪神ネタがほとんど(笑)。

>新講座のテキストはGetされましたかぁ???

はい♪もちろんGet済みですよー。
毎回発音からやり直してますが(何回目(笑)?)
未だに何回聞いても真似できない発音があるため
勉強になります。

>ようやくブログ更新しました(汗)

ようやくブログ更新ですか!
この後早速おじゃましまーす☆
2010.10.01 10:27 | URL | #- [edit]
藍色 says...""
小劇団の内面を分かりやすくていねいに描写していて、面白かったです。
トラックバックさせていただきました。
2011.03.16 04:10 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
藍色さま

そうですね、普段知ることのない小劇団の裏面が
詳しく書かれていたので、意外な一面が垣間見れたり
苦労・楽しさが伝わってきて面白かったですね♪

>トラックバックさせていただきました。

ありがとうございます!私も早速TBさせていただきます^^
2011.03.16 12:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/701-1f7c6d88
「シアター!」有川浩
小劇団―ファンも多いが、解散の危機が迫っていた…そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300万円!悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの30...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。