TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「走向春天的下午」 幾米

『走向春天的下午』  ONE MORE DAY WITH YOU 

走向春天的下午

著者:幾米
出版社:大塊文化出版股?有限公司

<感想>若干ネタバレしてるかも?!
仲の良い友達の維亜ちゃんに宛てた手紙と思われる文章でストーリーは始まり、どうやら彼女との約束を果たすことを決心した模様。

晴れて花も咲いている中、"私"は犬の阿吉と一緒に出かけます。道中、維亜ちゃんと自分と阿吉しか知らない秘密の道、一緒に泳いだり金魚を放した河、泣き止まない小鳥を見て騒ぎ合っていた自分たちを思い出すなど、維亜ちゃんとの思い出を振り返りながらどこかに向かってる様子。。道のりだけでなく、彼女と過ごした出来事事態を振り返っている感じかな。

維亜ちゃんは登場しないものの、どんなことでも良い方向に向かうと思っており、ライオンのように威風ある女の子でいつも前向きな女の子。
逆に"私"はどんなことも悪い方向に考えてしまいがちで恥ずかしがり。そしてあれこれ空想にふける出すと止まらない性格。本当はあれこれしたいのに出来なかったり反対のフリをしたり…。なんだか対照的な2人のようです。でも仲良し♪

途中から"私"に何かつらいことがあったんだなと徐々にわかっていくように。そのつらいことというのも薄々わかるのですが、維亜ちゃんの家族であるサーカス団の人たちを出会うことで納得。
そこでどんな辛いことがあっても涙を慢して皆を笑わせる彼らと出会ったことで、"私"は一歩前へ踏み出せたんだなぁと。人を笑わせる人はこれまで悲しいことがないと思っていた"私"、でも維亜ちゃんの家族に出会いつらい時に人を楽しくさせる努力をしているんだってことを知ったのね。一緒にダンスをし、今度は温かい涙を流せた"私"は現実をちゃんと受け入れることが出来たってことなのでしょう。
いやいや、ちゃんと訳せたかはわからないけど奥深い物語です。

今回も訳するのにとってもとっても苦労しました~。いつもと同じく全体的に抽象的だし辞書に載っていない四字熟語があったりしてもう大変(苦笑)。「査理」がチャーリーという名前だってことだって後になって知りましたもんw「小捲毛」も一応名前なのかな?愛称みたいなもん??

幾米の絵本に出てくる家族(維亜ちゃんの方ではなく"私"の方)っていつもどこか寂しい雰囲気があるような気が…。『星空』もそうじゃなかったっけな?両親の温かい愛情に包まれて…というのではなく、孤独感を感じてる子どもがある経験をして成長し、大人への階段を一歩あがっていくという感じ。

絵だけを見てると、飛び跳ねるという意味の漢字の文字まで飛び跳ねてる感じで書かれてたりしてて雰囲気が伝わってくるのがなんとも楽しい♪逆に「1人で大人になるのが怖い!」といった意味の漢字は字の大きさに強弱をつけたりして"私"の心の声が聞こえてきそう。

オリジナルを辞書片手に読んだ時はいつも思うのですが、間違った訳をたくさんしてそうで本来の意味をちゃんと理解してないんじゃないかと^^;全くの見当違いの感想だったらどうしよう?
見当違いの感想でも自分なりにこーじゃないかと勝手に解釈し、堂々と奥深い内容だったと書いてしまう私ってある意味スゴイ(笑)?!

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは♪
もう一度読み直し、絵をじっくり眺めてみました。
ジミー作品に共通しているのは、人々の表情があまり
はっきりと描かれていないところかな、と思いました。
後ろ姿や、帽子に半分隠れた顔に、寂しさがにじんでいるというか…。
いや~、切ない気分がこみ上げてきてしまいました。

TKATさんの、2人の女の子についての分析が的を得ていて、
主人公の「私」がサーカス団を訪ねて行く勇気が、
大きな意味を持つんだと気がつきました。
「私」にとっての維亜ちゃんはいつも引っ張ってくれる
存在だったのですね。

読み直すのも大切だなと思いました。
2010.09.14 18:06 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん☆

>後ろ姿や、帽子に半分隠れた顔に、寂しさがにじんでいるというか…。

私ももう一度見直してみました^^
確かに!サーカス団の人たちに会いに行く過程ではずっと後ろ姿ですね。
顔がちらりと見えても表情が曖昧ですね…。

孔雀の森さんがおっしゃるようにジミー作品がどこか物悲しさが漂っているのは
やはり作者の人生観が影響しているのかなぁと私も思います。

さて、孔雀の森さんのブログで私が書いたパパライオンの件ですが…
ですよねー、もちろんわかってらっしゃいましたよねー^^;
なんか偉そうなことを書いてしまい申し訳ないです。。
今になって恥ずかしくなってきましたよ~。へへ。

さぁ、オリジナル幾米作品はまだ本棚に2冊残っているので
ゆったりぼちぼちと訳していきまーす☆
年内中には…来年中には何とかアップできたらイイナ(笑)。
2010.09.14 19:13 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/697-0c163950
走向春天的下午
   著 者:幾米(ジミー)〔台湾〕 出 版:2010年1月 言 語:繁体字中国語 英 題:One More Day with You 出 版:大塊文化出版股份有限公司...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。