TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1Q84 BOOK3」 村上春樹

『1Q84』 BOOK3 

1Q84 BOOK 3

 著者:村上春樹
 出版社:新潮社





<あらすじ>
大小二つの月が空に浮かび、リトル・ピープルが人々の運命を支配する世界を青豆は「1Q84」と呼び、同じ世界を天吾は「猫の町」と呼んでいた。一方、宗教団体のリーダー殺人に関わったと思われる青豆を探し出し、目的を聞き出そうとする宗教団体からの依頼を受けてる牛河は、独自の方法で青豆の居場所を突き止めようと調査していた。

<感想>
BOOK3は牛河の話から始まり、全体的に牛河→青豆→天吾という順に語られていくのですが、BOOK2で脇役として登場した牛河が、青豆・天吾よりも物語の過程を担う大事なポジションになってる!しかも彼の生い立ち、容姿、才覚・資質が赤裸々(?)に明らかにされており、主役たちよりも目立っているかも…w

牛河にちょっと押され気味の青豆と天吾はいつのまにかラブストーリー色が強くなってるような気がちらほら。もともとあり得ない世界なんだけど、新たな命云々の話にまでなっており想像もしなかった内容になってる…。しかも牛河まで空気さなぎに?!

「1Q84」の世界は本来いるべき場所ではない場所。1984年では出会わない2人が「1Q84」で出会う。そして1984年の世界へ。これはなにかに(なにかはわからないけど)歪みを生じさせるんじゃなかろうか。。でも青豆は、2人が出会うためにこの世界にやってきたと思うように。うーん。
老婦人やタマルは1984年にいるんだよね?1Q84年にいる青豆と普通に接してて、物事の矛盾さなどは生じないのかな。も、もしや私、根本的なことを全く理解してないのかも…

天吾の父の話も結局よくわからなかった。集金人としての仕事が最期まで身に染みついていただけなのか、青豆や牛河の家に現れた集金人は空気さなぎとなにか関係あるのか?安達クミの存在はもっと不明…
といいつつ読んでて退屈ということはなく、ドキドキ感や期待感はさほどないんだけど「で、それからどうなるの?」となぜかページがどんどん進みます。でも最後まで読むと「あれー?」ってな感じ(笑)。自らの命と引き替えに天吾の命を救うというリーダーと青豆のとの約束はいずこへ?

青豆と天吾のその後は?新たな生命の行方は?ふかえり父娘は?リトルピープルは?空気さなぎは?老婦人とタマルは?さきがけの今後は?と果てしなく疑問が多く残るんですがこれで終了ってことはないよね?続きあるよね??伏線らしきものの回収は放置?結構気になる伏線があったんですが、その後そのことについての記述はなし…。まぁなかったらなかったでこの物語は許されるような気がする…。
BOOK4があるならそこで全て解決するのかなー。でもミステリー小説のような謎解きをするような作品ではないのでやはりこのまま謎の部分は謎のままで終わりそうな予感。

私は普段、村上春樹著書を読まないのでどんな文体を書きどんな言い回しをし、どんな世界を書く人なのかよくわからないのですが、この『1Q84』は独特の村上春樹ワールドなのかしらん?
村上春樹ワールドに慣れていない私は一体なぜここまでこの本が売れたんだろう?と思っちゃいました。ネームバリューももちろんあるけど、内容が飛び抜けて素晴らしいとは思えないのは私だけでしょーか?正直、BOOK3まで読み続けたのは次の巻から面白くなるんじゃないかと期待があったわけで…。(村上春樹さんのファンの方々、すみません)
ということで今度はBOOK4に期待しまーす。

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんばんは~
そう、やっぱり消化不良なのですよね。
だからすっきりしたくて、次の巻が待ち遠しくなるのです。
戦略にはまったかな~

>天吾の父の話も結局よくわからなかった。
私も。あの病院の場面は1Q84の世界なのよね。(違う?)
1984の世界ではどんな様子だったのかしら。

>自らの命と引き替えに天吾の命を救うというリーダーと青豆のとの約束はいずこへ?
これは青豆の出産がカギですな~
子どもの命と引き換え、なんていうことになったら怒ろうかしら(笑)

私はずいぶん前、村上春樹の著書を続けて読んだ時期がありましたが、
よく言われる「村上春樹ワールド」が何なのか説明できません。(まあ、全部読んだわけじゃないので…)
よかったと思うのは『ノルウェーの森』だけ。
他は、わからないんだけどサクサク読めてしまう、という不思議現象をいつも感じていました。

ともかくBOOK4を楽しみに待っていましょう。
2010.08.24 23:16 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
孔雀の森さん、おはようございまーす♪

消化不良というか気になってる箇所が放置され、
それがどんどん貯まっていってるのがどうも気になって…
あっ、それを消化不良っていうんだった(笑)。

この作品ってホント読む人によって書評がさまざまですよね。
中には奥の奥まで分析してらっしゃる方もいてその書評や批評を読んでると
いろんな解釈があるもんだと感心しちゃう。

ここまで話題になり読者各々があれこれと想像をふくらませてくれたら
村上さんも作家冥利につきますねー(笑)。

>>自らの命と引き替えに天吾の命を救うというリーダーと青豆のとの約束はいずこへ?
>これは青豆の出産がカギですな~子どもの命と引き換え、なんていうことになったら怒ろうかしら(笑)

ぎぇっ!なんか子どもの命と引き換えってありそうな展開…
でも続編はやはり子どもがカギになるんでしょーね。

>わからないんだけどサクサク読めてしまう、という不思議現象をいつも感じていました。

わかりますわかります!なんだかんだといいながらも
サクサクっと読めてしまうんですよね~。不思議。
そこが村上ワールドの魅力かしら?ってことは私もその魅力に
取りつかれつつあるのかしら?!おそるべし村上ワールド…
BOOK4を楽しみに待ってる時点で私たちはもう村上さんの虜(笑)?
2010.08.25 10:14 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/691-a43d84ad
1Q84 BOOK3
著 者:村上春樹 出 版:新潮社 刊行年:2010年4月 <内容・感想など> 「牛河」「青豆」「天吾」の各人の目線で描かれた30章に、最...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。