TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サバイバル・オブ・ザ・デッド

『サバイバル・オブ・ザ・デッド』  SURVIVAL OF THE DEAD

SURVIVAL OF THE DEAD

製作年:2009年
製作国:アメリカ
監督:ジョージ・A・ロメロ 
出演者:アラン・ヴァン・スプラング、ケネス・ウェルシュ、キャスリーン・マンロー、 デヴォン・ボスティック、リチャード・フィッツパトリック、アシーナ・カーカニス

<簡単なあらすじ>
死者が蘇り、生きている人間を襲うというニュースが世界中を混乱に陥れてから4週間後、元州兵のサージはゾンビになった仲間を殺すのに嫌気がさし、一部の仲間と軍を離隊し強盗を繰り返しながら生き残るためにどうすればいいのか途方に暮れていた。偶然出会った青年から死者が蘇ることがない安全な島の紹介をネット動画で老人が話すのを見せられ、彼らはそのプラム島に向かうが、島を紹介していた老人とその仲間が沖で待ち受けていた。老人とともに島へ着いたものの、そこは楽園ではなく衝撃的な光景だった。そこである対決にも巻き込まれた元州兵たち、彼らは無事生き残ることができるのか。

<感想>
前作『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』の続編というかアナザーストーリー。前作を観たのは一昨年の冬…、内容の記憶が曖昧で本作品との繋がりが理解できるか不安だったのですが、その繋がってるシーンを観て思いだしました!カメラを回しながら状況を発信している主人公たちの若者が乗ってる車を襲撃してたんだ~。ということは前作の続編ではなく同時に物語は進行しているってことなのね。なるほど。

監督が言うように今回は戦争を描いてます。人間vsゾンビ、そしておそらく重点を置いている人間vs人間。タイトルどおりサバイバルになってます。ゾンビを見つけるとすぐさま始末するオフリンと、ゾンビを飼育し人肉を食べないよう調教しようとするマルドゥーン、彼らは昔からプラム島に住んでおり意見が合わずずっと対立。プラム島という小さな町でこの一家同士が争い、自分のエゴを通すため周囲の人間にまで大きく影響を与えてたりしてるわけで。仲間の血を流すのさえも厭わないんだからまさしくこれは戦争と同じ。
しかしこの2人の争いはヒドイな…。娘の気持ちがわかるような気がする。ゾンビに襲われるという前代未聞の状況だったら敵対していても一致団結し、何かしらの対策を話し合うべきなのに。

一方、ゾンビはというと全体的に人間同士の対決のただ原因になってるだけのような気が…^^;どんな事柄でもオフリンとマルドゥーンは対立するわけで、たまたま今回はゾンビだったという感じ?でもですねー、馬を乗って颯爽と走ったり、水中で泳いだりとなかなか行動的なゾンビもいたりするんですが、さほど高くない簡易的な柵はよじ登ったりはできないのね~w
生前の習慣や仕事をゾンビになってもずっと続けているのはもうお馴染み。オフリンの執念だけは凄いケド。。

ゾンビ映画として観ると緊迫感が少し薄いので(エグいホラーを見過ぎたせいか、ゾンビ映画お馴染みの人体の皮を引きちぎったり胴体を離したりするぐらいじゃ全くビビらなくなってきたよ…)、人間同士のサバイバルをメインに観た方が面白いかも?個人的にはこんなゾンビ映画も好きです^^

いずれマルドゥーンの理想とするゾンビの生き方(生き方ってなんかヘン。。)、今後もっと進化するんだろうか。ロメロは70歳らしいのですが、これらも進化し続けるゾンビをまだまだ見せてくれそうな気がします。待ってます。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/683-9bc2157d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。