TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スクール・オブ・ロック」

『スクール・オブ・ロック』 THE SCHOOL OF ROCK

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション
  製作年:2003年
  製作国:アメリカ
  監督:リチャード・リンクレイター
  出演:ジャック・ブラック、ジョーン・キューザック、マイク・ホワイト、
      サラ・シルヴァーマン


<感想>
あまりに熱いロック心からバンドをクビになり、友人宅で居候しているデューイはお金を稼ぐために友人になりすまし名門校の補充教師をすることに。
何も教えることがなく休憩ばかりの授業。そんな時、音楽の時間に生徒の才能を見出したデューイ、優勝金目当てでバンドバトルに出場するため生徒たちにロックを教えはじめるのですが・・・。

友人に面白いおススメ映画は?と聞くと、2人からこの映画のタイトルが出てきたので早速レンタル。噂どおり最初から最後まで面白かった♪
授業にロック史、ロック鑑賞や理論を黒板いっぱい使って説明してるようなのですが、こんな音楽授業って楽しいだろうな~(一日中ロックの授業はちょっと嫌かも・・)。
活発な頭脳を持っていた若い時に私も受けてみたかったよ・・・。
私はあまりロックを知らないのですが、それでも聞いたことがある曲やグループ名や人名がちらほら。至るところに関連アイテムがあるようで、ロックファンにはもっともっと楽しめそう。

クラス全員を何かしらの形でバンドに参加させ(コーラス選出で、生徒が歌う選曲がいかにも子どもらしくてまたいい!)、今までロックを知らなかった子どもたちが徐々に楽しんでいく様が、デューイ先生のハイテンションと共に見応えあります。
生徒の悩みに対して、(バンドに例えてですが)ちゃんと各々生徒に納得させる答えをするのはディーイ先生の注目ポイント。
生徒に対しても自分に対しても、前向きなのは見てて気持ちがいい!
そして周りからかなり浮いてるテンションのデューイをジャック・ブラックが熱~く演じてるからこそ面白味が増すって感じ。
ジョーン・キューザックの校長先生も最高!

エンドロールではメンバー紹介があるのでこれもぜひ見てほしいところ。
また最後まで歌の歌詞にも注目!最後の最後までみっちり楽しめます!ちなみに特典映像にもジャック・ブラックや生徒たちの魅力満載♪
この作品を見た後、「天使にラブソングを」となぜだか「ブラス!」を思い出したのでした。

-2 Comments

5011 says...""
「スクール・オブ・ロック」いいですよね。
エンド・ロールは確かに楽しかったし、オープニングもライブ・ハウスに入りながら壁のポスターとかネオンサインとかがクレジットになっててお洒落でした。
映画の中でジャック・ブラックの友人を演じてたのが脚本のマイク・ホワイト。
この人はただいまぼくの要注意人物です。
この映画の後にまたジャック・ブラックと組んでプロレスの話をやったんだけど、まだDVDにはならないのかなあ。
2006.06.18 15:22 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
5011さん、ども!
マイク・ホワイトはジャック・ブラックのためにこの脚本を書いたんですよね(数年かかったとか)。

プロレスの話というのは「ナチョ・リブレ」ですよね?赤いマントに水色のタイツのジャック・ブラック、この風貌を見たたけで面白そうな予感♪調べてみると今秋公開だとか・・・。DVD化はまだまだ遠そうです(悲。

それまで「オレンジカウンティ」でも借りてジャック・ブラックを堪能しときます♪
2006.06.18 17:28 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/67-a94d1e97
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。